2016年02月05日

本の売れゆき

テーマ:お知らせ



僕は、ありがたいことにこれまで5冊ほど
本を出版させていただいている。

何万部ものベストセラー、という経験はないけれど、
各本は大体、2~3年で1万部に到達してきた。
 
これは、発売後も研修などで紹介できることもあるし、
テーマが汎用性があるからでもあるだろう。

出版社の担当者は
常に10~20冊の企画を抱えていて、
それらが同時進行で進んで行く。
月に5冊くらいを販売する。
その中で、全部が大ヒットすればいいが、
この出版不況下ではそうはいかない。
 
なので、
例えば10冊なら
そのうち2~3冊は大ヒット狙いをするが
残りの8冊はできるだけ歩留まりよくしたい
というのが本音らしい。
 
最低初版は売り切りたい。
刷ったのに売れないと、それは利益を圧迫するからだ。

昨今、初版は5000部を切ることが多いが、
それさえも売れない本はたくさんあるそうだ。

そんな中で、1万部。
つまりは数回の増刷をする本というのは
担当者にとって、安心できる本ということ。
 
1万部を重ねていけば、
いつかその著者は化けるかもしれないし、
初版さえ売ってくれれば大きなマイナスもない。

なので本を出す人は
1万部狙いから始めるといいのでは?

僕の一番新しい本
「言いたいことが確実に伝わる説明力」
おかげさまで第10刷の増刷が決まりました。

ありがとうございます。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年02月02日

丁寧な仕事

テーマ:なんとなく思うこと
仕事のやり方は人それぞれだ。
早い人、遅い人。
上手い人、下手な人。

そんな基準の中に、
丁寧さがあると思う。

丁寧な仕事。
それは、誰からも認められる仕上げで判断されます。

例えば
今札幌は雪祭の準備中。

諸団体により小さな雪像の作成も大詰めです。
開催まであと3日。

人気のミニオンズ。
同じブロックになんと5体。

でも、なんというか、出来にばらつきが。
もちろん、製作途中なのでなんとも言えませんが

ただ、丁寧さはなんとなくわかる気が。。。

皆さんはどう思いますか?

作るのは同じテーマ ミニオンズ
作品は人の目に触れ、なんらかのジャッジが下ります。

どんな仕事が愛されるのか?
どんな仕事が求められるのか?


考えるきっかけになるかもしれません。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月01日

人と比べて、諦めてはいけない

テーマ:こんな時どうする
href="http://stat.ameba.jp/user_images/20160201/09/3rd-place-life/df/61/j/o0250032513555359170.jpg">


href="http://stat.ameba.jp/user_images/20160201/09/3rd-place-life/52/63/j/o0219028413555359169.jpg">



もっている人は全部もっている 
もっていない人でも一つはもっている

 
こんなことを言ったら元も子もないような話すですが、
容姿や才能の類は
もっている人は全部もっているものです。
イケメンでスポーツマン
美人で頭がキレる
 
最近でいえば日本ラグビーの五郎丸選手
日本代表になるくらいなので運動能力は高いでしょう。
それにあのルックス、そして話題性。
 
多くの女性たちは
「ラグビーにあんなイケメンいるんだ!」
と思ったことでしょう。
 
にわかファンも五郎丸を追いかけ
五郎丸はそれに応えるように活躍。
 
さて、
 
それに対しいわゆるイメージ通り、普通。
という人もいるわけです。
 
たとえに出すのは恐縮ですが、
本人もそれで笑いをとっているのでいいでしょう。。。
 
五郎丸選手と同じ時代を生き、
同じ青春を過ごしてきた堀江翔太選手。
彼も大活躍しました。
 
しかしいかんせん、
ルックスがいわゆるラグビー選手のイメージそのもの。
 
女性たちは
「わかる~、こんなごっつい人たちのスポーツだよね。ラグビー」
といった感じでしょう。
本人も冗談交じりで
「五郎丸には嫉妬しかありません!」と言っています。(^ ^)
 
 
つまり
もっている人は何やっても成功します。
なので好きなことをたくさん挑戦すればいい。
 
一方
もっていない人も一つは必ずもっています。
ルックスいまいちでもスポーツ万能
顔がダメでもお笑いのセンス抜群
などなど
 
だから諦める必要はありません。
 
それに、
全部もっている人は
それだけプレッシャーも大きいし
時の人と呼ばれても、一過性のブームになることも多い。
 
主役より脇役
名バイプレイヤーとして生きることだっていいものです。
 
 
それから、
全て持っている人は、
生まれながらに恵まれている、という人もいますが、
 
ある日突然全てが手に入る
という映画みたいなことも起こりうるのが人生。
 
なので
とにかく、諦めずに、一歩一歩前に進みましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年01月30日

講師のアドバンテージ

テーマ:こんな時どうする
一般向けにはセミナーが盛んだ。

こちらは参加者に明確な目的がある。

~になりたい。
~ができるようになりたい。

講師は、それを教えられるかどうかはともかく、
少なくとも参加者がなりたい人物像であったり
欲しい能力を身につけている必要がある。

教える力よりも、
憧れられる存在になることや、
親密さの演出が大切だ。
 
セミナーの参加者とできるだけ仲良くして
永続的な関係を築くことがセミナービジネスのポイント。

それに対し、企業研修は
参加者の状態も期待も欲求も様々。
 
企業側の意図はあっても
それが参加者一人一人に浸透しているとは限らない。
 
だから講師に求められるのは何よりもまず「教える力」

ここが大きくセミナー講師と違うところ。

次に、受講者とは基本、一回限りの関係であること。
企業研修では、個別に従業員にコンタクトを取ることを
よしとしない考えもあるからだ。

企業の意図によって
本人の意思とはあまり関係なく参加してくる
企業研修の現場は、
親和性だけではどうにもならないシビアなスキルが求められる。
 
またセミナーのように、
講師が知っている 参加者はまだ知らない
という基本的な構図があるが、
企業研修は必ずしも参加者の知識が講師より劣っている
とは限らないのだ。
 
いや、ことその業界のビジネスに関しては
従業員である参加者の方が博識で経験豊富なことが多い。
 
知識面では、講師はアドバンテージは握れないのだ。
 
だからこそ、教えるスキル、というとになるが
ではその教えるスキルとは具体的に何か。

それはまた次回。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年01月29日

講師の1年

テーマ:プロ講師の考え方


研修には大体の年間スケジュールがある。
 
例えば、4月は新人研修
それを受けて9月ごろ1年目社員のフォロー研修
 
夏は、全国の支社から集まってもらうような選抜研修があるし、
新人研修の後や秋は定番の研修が行われる。
 
それに合わせて講師は準備するのだが、
それぞれに得意不得意もある。
 
新人研修がピカイチな講師もいれば、
少人数で詰めていく研修が好きな講師もいる。
  
たくさんスケジュールを埋めて
忙しさに安心する講師もいれば、
 
他の人のテリトリーを汚さないように
季節労働者的に働く講師もいる。


さて、そんな私はどちらかといえば季節労働者的講師 (^ ^)

特に、ここ数年は新人研修は一切やっていない。
そこは若手や新人講師の活躍の場だと思っていたから。
  
ところが最近こんな声を聞く。
  
「若手研修こそが、最も難しい」と。

30代40代講師との価値観のズレ
また一人一人の違いも昔より大きい。
だから
今年の新人は⭕️⭕️ 
といったひとくくりでは言えないような個の集団になっているらしい。

「みなさんは!」
と声をかけても、優秀な人ほど反応しない。
 

そういえば確かに私も感じていた。
若い人の研修は、こうすればいい、というものがなくなってきた。
研修の現場で、相手に合わせて調整する部分が多くなっていた。
7~8年目研修ですらそうなのだから、
新人はもっとその傾向が強いんだろう。
 

そういうことなら、新人研修やってみたくなった。


ということで
新人研修に悩んでいる人事部の方をご紹介ください。
紹介いただき、無事に研修開催となった際には
十分なお礼をさせていただきます。


最後に、季節といえば
札幌は間もなく雪まつり。
 
これれる方、寒いですので体調管理を十分に!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。