2016年04月12日

伝えたいこと

テーマ:プロ講師の考え方
講師をしていて、
実際に研修のテーマになっていること

例えば
プレゼンテーション
とか
リーダーシップ

はもちろん、伝えるのだけど、
同時に、
相手を見て、
その人に必要だと思うことを
自分の知識や経験からカスタマイズして
伝えることがとても大切だと思っています。

テーマに関することを勉強するのなら
本で学ぶことができるから。

研修というリアルな機会を作るからには

1 やってみる、体験してみる等、実践的であること
2 受講者一人ひとりにマッチした内容を提供できること
3 参加した受講生同士が切磋琢磨し合えること


この3つがなければいけないと思っています。

情報量では本には叶わない。
ではプロ講師はどこで勝負するかといえば、
この3つをスムーズに、自然に、絶対的に提供することだと思います。


若手講師の皆さん

今新入社員研修で忙しいと思います。
若手研修のプログラムに自由度はあまりないとは思いますが、
そんな気持ちで研修を行ってくれると嬉しいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年03月22日

あなたに向く、教える方法

テーマ:プロ講師の考え方
講師の仕事は教えることです。

でも、教え方はいろいろです。
それは世の中の塾の形態の多さからもわかります。

皆さんの記憶にあるのは、
家の近所にあるいくつかの塾の中から、
通いやすく、支払える費用の範囲内で
選んで通うというものでしょう。

そこには先生と呼ばれる人がいて、
10人とか20人の生徒に授業をしている。

しかし、今では、
家庭教師のトライや
一人一人指導するスタイルの塾
トップレベルの講師が、全国をネットで結んで
全国の生徒を教える
というように、
いろんな形態があるのです。

講師の教える力にしても
1対1で手取り足取りが向く人もいれば、
マスを対象に刺激を与えたり啓蒙するのが得意な人もいます。


ただし、
時が経てば変わるものに対応することはとても難しい。


流行りのスタイルに自分を変えることも難しいし、
自分のやり方を飽きずに続けていくことも難しい。

さらに講師のような頭の回転の速さが求められる仕事では
体調管理や老いとの向き合い方も重要になる。


ということは
自分にむく、自分らしい教え方を見つける必要があるけれど、
それを永遠に続けることはできないし、
時代が変化する以上、続けても意味がない。

ということは、
やはり変化しなければならないということ。

変化できるということは、日頃から
このように変化しようという選択肢を持っているということ。
それが大事なのだと思います。

あなたに向く方法はこれ
と会ってもいない僕が言うことはできません。
(個人レッスンすればできますが)

ただ、必ずあるので、それをまずは見つけること。
次に、そのスキルを磨きながら、
次のスキルに挑戦することが大事です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月17日

バーチャルなつながり

テーマ:なんとなく思うこと
この「教育のチカラ」は
僕の本業の一つである、企業研修の受講者や担当者
本を読んで興味を持ってくださった方向けに書いています。
また、講師の方やそれを目指している方も読まれているようです。

企業研修も、受講生と出会うのは一期一会。
1~2日間という短い時間でのお付き合いですし、
通常15~30名一クラスなのでどうしても接する密度が薄いのです。

なので、それを補うためにこのブログを書いています。

こちらでは、
研修の感想や気になった受講生
また、講師の日常や考えていること
を書いています。


本当はもう少し突っ込んだ、
研修の裏側
などもお話しできればいいのですが、
さすがにオープンのブログでは。。。と思い
サードプレイスのニュースレターを出すことにしました。


正式スタートは4月を目処に考えています。
それまではプレということで、ちょっとずつ出していきます。

興味ある方は、登録しておいてくださいね。
また、いつでも解約できるので、ご安心ください。

https://canyon-ex.jp/fx19220/song2712 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月14日

【選択肢を減らそう】

テーマ:こんな時どうする

 
選択肢が多すぎると人は選べなくなります。
決断が多くなるのもストレスになります。
 
どっちがいい?
なら選びやすいですが、
たくさんある中からベストな物を選ぶことは
至難の技なのです。
 
悩みに悩んで散々迷った挙句、
選んだものに自信が持てない。
それじゃあまり幸せじゃないですよね。
 
また、
「人と上手にコミュニケーションをとるにはラポールだ。」
「相手と共通点を見つけて、心の距離を縮めよう。」
と言われますが、
 
選択肢が多いとなかなか共通しにくいでしょう?
 
阪神が好き?それとも巨人?
いや日ハム(パリーグ?)
いやヤンキース(大リーグ?)
 
ベルディ?レッズ?
いや、バルセロナ
いや、マンチェスター
 
もう合うわけないじゃん!!(^ ^)
 
相手かYESが欲しい時も、
あれこれ迷いたくない時も、
ストレスを減らそうと思うなら、
選択肢を減らしましょう!
 
家に食器がありすぎる人、減らしましょう。
教材が多すぎる人、減らしましょう。
 
選択肢を減らして、
一番なものにフォーカスする。

 
その方がずっと幸せに暮らせると思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月10日

講師のネタ作り

テーマ:プロ講師の考え方
講師といってもタイプが分かれます。
 
分業の講師
研修会社に所属し、営業とプログラム作成は別部門が担当
つまり、研修だけを行う講師
 
独立講師
自分でプログラムを作り、自分で営業をし、自分で研修を行う
 
どちらが楽かといえば、
簡単には言えないが、気が楽なのは前者でしょう。
一つの仕事に集中できます。
 
後者は
営業は、エージェントにお願いしたり
自分のサイトをみて問い合わせをくださるお客様に対応したり
しなければならないし、
(魅力あるサイトを作らなければならない)
 
指名で声がかかるだけの講師として教える力を持っている必要があります。
 
さらには、ネタも自分で仕込まないといけません。
 
1年間を通して、ネタ作りをするし、健康にも気をつける。
しかし、1年ずっと忙しいわけではありません。
 
講師によっては、若手研修が得意なら春の新入社員研修の時期が
最も忙しいでしょうし、
 
割と技巧派の講師なら、選抜研修を任されることが多いので
担当業界の仕事の閑散期が忙しくなります。
 
それ以外は割と暇。
この時期に、まとまった休みを取って海外旅行に行ったり
(これが独立講師の旨味のひとつ)
 
本を執筆したり、
本を読む、テレビのビジネス特集をまとめてみる
などしてインプットしたりします。
 
これがないと、
研修中のいたるところで、さりげなく披露する話題が提供できません。
 
地道な努力ですが必要です。
海外にいっても、ネタ探し。
 
でも、こういうのって実益を兼ねるので楽しいですね!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。