実力が発揮できない!! | 教育のチカラ

実力が発揮できない!!

実力があるのに

成果が出ない人がいます。


本番に弱い人



自分の本当の力の100%を常に出す

ことは

難しいこと


ですが


平均70%位出せないと、

なかなか前に進むことはできません


それが

30%前後に落ち込んでしまえば


能力がない人、


という烙印を押されてしまうかもしれません。



教育をしていて、いつも思うのは


実力をつけてあげること



実力を常に発揮できるようにしてあげること



別物だということです。




そして

強く思うのは


実力をつけることができるのは

最終的には自分自身であること。


自ら学びたい

その理由(目標)がある


そこが一番のポイントだからです。


つまり、

他者(講師も含めて)は

その人の実力を伸ばす1番手の手段とはなりえない



でも

後者の


実力を発揮できるようにしてあげる


ことは


他者の影響力が強く出ます。



スポーツ選手がある指導者に出会って開花した


なんていうのは

まさにそれにあたると思います。


私も

研修や

プロ講師養成

において、


実力をつけてあげることもさることながら、


その人が常に自身の実力を発揮できるようにしてあげること


それを

心がけています。



今不安な人も

今悩んでいる人も


必ず

引っ張り上げてやる!!


そう思って

人前に立っています。




時に、それがお節介のように取られるリスクも承知の上で!!



相手に届くことを、信じて。