こんなはずじゃないのに、と戦う | 教育のチカラ
2008年02月16日

こんなはずじゃないのに、と戦う

テーマ:なんとなく思うこと

今、私の周りにいる何人か


思いがけずに知ってしまった

他者からの自分への低い評価

悩み

そこから脱しようと戦っている人がいる



結構自信があったに違いない


にもかかわらず、

案外低い自分への評価


そして、評価している人も

自分のことを評価するだけの力があるのか?

と思う若い人たち


悔しいだろうな


未知の分野に進むわけだから

自分はまだその世界では未熟だ


だから

頭ではわかってる


でも、そこまで言われなきゃならない?



そんな心の中が

ちょっとだけ見えるような気がする。


たとえば、


講師なんて、

スキル+知識+人間性

で勝負しているようなものだから


「講師としてまだ使えません」

なんていわれると、

まるで人間性まで否定されたような気になる

・・・かもしれない



また、


普段、

「大変お世話になっています」

「素晴らしい講師だと思います」

と言われているのに、

肝心な時にこちらのお願いを聞いてもらえない時など


「え?本当は信頼されていなかった?」


なんて思うこともあるかもしれない。





私としては、



そんなもの、みーんな 普通に乗り越えていただきたい。



自分に対する評価なんて、

ちゃんとしているれば必ず上がる。


圧倒的になってしまえば

悪く言う人は身を潜める。

(いなくはならないけどね)



私も、

アタッカーズスクールにいたときとか

やめた時なんて、大変だった(らしい)


周りの人たちの自分に対する態度は

うんと変わった人もいるし

変わらず継続した人もいる。


人はいろいろ

だから

そんなの関係ねえ!!




「パワーがあるね」

ひとたび裏返れば

「強引だね」

に変わる。


アイデアマン 

変わり者


独創的

自己中



人の評価何なんて

ころころかわるもの



そんなものに左右されず落ち込まず


確固たる自分の力


を磨くこと


それしかないと思います。




プロ講師さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス