1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008年03月29日

実力が発揮できない!!

テーマ:プロ講師の考え方

実力があるのに

成果が出ない人がいます。


本番に弱い人



自分の本当の力の100%を常に出す

ことは

難しいこと


ですが


平均70%位出せないと、

なかなか前に進むことはできません


それが

30%前後に落ち込んでしまえば


能力がない人、


という烙印を押されてしまうかもしれません。



教育をしていて、いつも思うのは


実力をつけてあげること



実力を常に発揮できるようにしてあげること



別物だということです。




そして

強く思うのは


実力をつけることができるのは

最終的には自分自身であること。


自ら学びたい

その理由(目標)がある


そこが一番のポイントだからです。


つまり、

他者(講師も含めて)は

その人の実力を伸ばす1番手の手段とはなりえない



でも

後者の


実力を発揮できるようにしてあげる


ことは


他者の影響力が強く出ます。



スポーツ選手がある指導者に出会って開花した


なんていうのは

まさにそれにあたると思います。


私も

研修や

プロ講師養成

において、


実力をつけてあげることもさることながら、


その人が常に自身の実力を発揮できるようにしてあげること


それを

心がけています。



今不安な人も

今悩んでいる人も


必ず

引っ張り上げてやる!!


そう思って

人前に立っています。




時に、それがお節介のように取られるリスクも承知の上で!!



相手に届くことを、信じて。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月28日

サイトリニューアル

テーマ:セミナーやります!!

サードプレイスのホームページが

刷新しました。


これまでのカジュアルな感じのものから


バシッと、ビジネスチックになっています。


ロゴも

3つの輪

を重ねて

3つのステージをあらわしています。




このサイトでは、


既存の研修に満足しない、

クライアント企業様の担当者



ファシリテーションスキルを身につけた

プロ講師になりたい個人



が対象です。



以前のサイトのように、

情報を盛り込み過ぎず


問い合わせをいただいた方に

より詳し資料を差し上げようと思ってます。


なぜなら、

サードプレイスは

大手研修会社じゃないので


クライアント企業様に合わせた

きめ細やかな対応が武器になります。


マスを想定した情報提供は少なくして、

できるだけ個別に対応していきたいと考えています。



そう、

サードプレイスの研修と同じように!!



サードプレイスの研修の最大の特徴は

一人一人を拾い上げること


受講生をひとくくりで扱うのではなく

全員が違う個性なのだから

個を大切にした研修をしています。


そんなことが

このサイトでも伝わるといいなと思います。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月26日

成長

テーマ:プロ講師の考え方

私は、

人前で話すのが好き

ではない。


できれば、

一人静かに過ごしたい

と思う方だ。


でも、

得意か苦手かと言われたら

得意なんだと思う。


相手のことがよく見えるから、

どのタイミングで何を言えば、

どのくらいの強度で相手に届くかがわかる。


それは、

もちろん、能力としては

ありがたいものだと思う。



時にそれは、

マイナスにも働く。



例えば、

悩んでいる人誰もが、解決策を求めているわけではない


ただ、横で頷いて、聞いてくれるだけでいい

ただ、わかったふりをしてくれるだけでもいい


そういう場合だって、意外とたくさんある。


そんなとき


「簡単だよ、こうすればいい」


と言ってしまうのは、

全然相手を分かっていないことになる。



また、

あまりに流暢にやりすぎると


「なんだか胡散臭い」

詐欺師かペテン師かの如く

思われてしまうことすらある。



だから、


わかっていても言わない


とか


あえてわからないふりをする


ことも

自分のことを警戒させないために

必要なことだと思っている。




今、

BGMに斉藤 和義 のウエディング・ソング が流れている。


彼の歌声は、

ポツポツと、不器用そうに聞こえる。


たぶん歌い手としては、そんなにうまくない。

でも、

気持ちがこもっているように聞こえる。


こういうのが大事なんだろうなと思う。




さて、

今日は、研修会社の勉強会を少しの時間見学させてもらった。

講師の卵たちが、

緊張の中、勉強しているのだが、

見ているといろんなことがわかる。



講師をやりたいという人は、

自己主張が強いのかな?



思ったことを言わずにはいられない

ちゃんと自分は考えました、とアピールせずにはいられない

特に女性講師によく見受けられる

もちろん

発言はした方がいいし、

内容も、正しことを言うのがあたりまえ



で、

たぶん、その点でいうと間違っていない。



でも、

その発言が、相手をどんな気持ちにさせ、

周囲にどんな影響を与えてしまうのかを

配慮せずに言ってしまう人が多い

(本人にその自覚はないだろうが・・・)



言っている本人は満足なんだろう。

一人の女性が口火を切ると

私も、私も、と続く。



その言葉は、

正しいかもしれないけど、

相手を切りつけているよ

周囲がドン引きしているよ



でも、本人は気づかない。


まあ、

周りも、もしかしたらそんなに鋭敏じゃないかもしれないから

それほど深刻ではないけれど、

わかる人にはわかる、そんな違和感



そういえば、

弊社の講師の折口も

以前は、

考えることをすっ飛ばして、

思いついたことを口にしてしまう人だった。


反応すること、

意見を言うこと

明るく楽しく!!

それが正しい



そんな会社にいたからだろうか、



「へえ、考えもなしにそんなこと言っちゃうんだ??」

と驚かされるようなことが多々あった。


まあ、

営業主体の会社なら

ノリで許されるのかもしれないが



研修ではもっと気をつけないといけない。


参加者一人一人の人生が変わるかもしれないのが研修



必死に自分のことを分かってもらおうとしている小さな声に

気づいてあげられないといけない。


その一言で、言おうとしていたことをやめてしまわないように

細心の注意、観察が必要なときがある。



自己満足の発言は

控えなければならない。



そんな折口だが、

最近の彼女のブログ を読むと

それがわかってきたらしい。



かなりいい線いった内容が書いてある。


今彼女は、

講師の卵たちを教えている。



教える立場になって

はじめて

気づいたんだろう。


私が何度も彼女に訊ねた。


「どうしてそう言うの?」

「どうしてそうするの?」



当時は

なぜそんなことを聞かれるのかも

わかっていなかっただろう。


でも

今はそれがわかるようだ。


「教える」という作業は

人を成長させる。



すごいことだと思う。



私が

斉藤和義さんの歌声を聞いて

ここのこんな感じが、取り入れられるな

人はこういうところに惹かれるんだな

気付けるようになったのも



講師という仕事を通して


「教える」

という機会をいただけているからだ。


今育てている講師も


「教える」

という行為をたくさんすることで、

うんと成長できるだろう。



成長すれば、

それだけ

生徒に還元できる。




生徒との出会いは一期一会



会えてうれしい

と思ってもらうためにも

日々、成長していきたい。



私も


胡散臭い


などと言われないように、



まずは

サイトを変えてみた。(笑)


サードプレイスのホームページ

明日リニューアルします。


かなり良い感じに仕上がっていると思うので、

ぜひご覧ください。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月26日

変われるか?

テーマ:なんとなく思うこと
世の中には問題が山積みで
それを嘆いている人がいる


その構図は昔から変わらない


差別だとか
貧困だとか

いかに自分たちは虐げられているか

それを
仲間を集めて
語り合う


世の中はわかってくれないし
全然変わらない


そう言い続ける


でも
そうしている限り
何も変わらない


今努力しているのに
結果が出ないのは


一生懸命やっていないからではなく
たぶん
やり方が間違っているから



世の中を変えたい、というのに
自分を変えたくない、というのは

やはり通らないと
思うけど。。。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年03月25日

がんばれ、春デビュー講師!!

テーマ:プロ講師の考え方

サードプレイスでは、プロ講師養成講座を行ってきて、

今春

7名の新人講師を世に出そうとしている。


新人達は今


まもなく始まる新入社員研修に備えて、

研修会社の作成したプログラムを

自分のものにするのに必死だ。



研修会社も、

営業マンの努力でクライアント企業様と積み上げてきた

その大切な研修を


最後の最後で講師にゆだねるのだから

真剣だ。


おのずと

講師に対する要求は増し、

評価も厳しくなる。



一方

講師の卵たちは


自分がやってきたことにおいて

多少の自信があるから講師を目指しているところもあり、


そうしたシビアな評価に対して

脆弱な面もある。


だから、


思うようにいかない自分に自信をなくしたり

悔しい思いをしている人もいるだろう?




でも、

これは、


かるーく


乗り越えていかなければならない。



「講師をやりたい」


と言った以上、



またはそれで

会社を作っちゃった以上、



そこから逃げることはできないし、


それくらいのことでめげていたら、

とても教育の現場には立てない。



自分よりすごい生徒がいることなんて

よくある話だし、


生徒が先生を越えられないような教育は

そもそもどこかずれている。




今まで自分がいかに自分軸で話してきたか


自分への評価が、いかにお世辞で固められていたか


人のやっていることはシビアに評価できるのに、自分は全然できていないこと



そうした目を覆いたい事実を知るだろう。



でも

それも

パーーーーっと

乗り切ってもらいたい。



チカラがないわけじゃない。


発揮できていないだけ。



落ち込む暇があったら、

できること一つでもやった方がいい。




スタッフから、

プロ講師養成講座の生徒を励ましてほしいといわれたが、


励ますも何も



「何でもないことに悩むな」


としか言いようがない。



新入社員研修のレベルで

コンテンツに悩んでいたら、

先がない。




できない、と悩み落ち込むようなレベルではない。



やるかやらないかで

十分超えられる壁なのだ。





やらない


という選択肢は

講師としての死を意味するから


やる


しかない。



ならば悩むな。

前に薦め



10年目の私だって、

この時間まで根詰めてやってるんだ。



やるしかない。


壁の向こうにある景色を見るためにも。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。