日本酒偏愛党宣言!!世界に比類なきSAKEの魅力に取り憑かれ、 200本超の一升瓶を隠し持つサラリーマン利き酒師のブログ

日本酒偏愛党宣言!!世界に比類なきSAKEの魅力に取り憑かれ、 200本超の一升瓶を隠し持つサラリーマン利き酒師のブログ

日本酒は、今、世界のワイン醸造家がこぞって注目する魅惑の雫。冷蔵庫に並ぶ一升瓶に心ときめくサラリーマン利き酒師が夢見るのは、マイ日本酒造りと大容量地下セラー建設!!ヘンタイ系日本酒への偏愛を貫く漢(おとこ)が、日々杯を重ねるブログ。




テーマ:
日本酒偏愛党員の皆さんに、今日ご紹介するのは・・・

じょうご です!!



こんなモノ何に使うのかというと・・・

日本酒偏愛党員ならば、誰もが家の中には一升瓶が転がっている
でしょう。

単純に飲み終わった一升瓶ならば、捨てればいいだけですから
問題はありません。


一方で、

・単純に飲みかけの一升瓶
・開栓はしたものの、若いからすこしそのまま放置しておこうと
 置いてある一升瓶

これらは、我々にしてみれば、これらの一升瓶は大事な大事な
資産だと思います。


ところが、家族・・・特に奥様にとってはただのゴミ。
いや、大事なスペースを占有する敵にも等しい存在。
そして、その矛先はアナタに向けられる・・・。



そんな時に、開栓した一升瓶を少しでもコンパクトに収納する為、
以前もご紹介したペットボトルが役に立ちます。

そう、一升瓶からペットボトルにじょうごを使って移し替えるのです。


ペットボトルは、今やたくさんの種類があります。
私のおすすめは、1リットルのペットボトル。
開栓したら、まず1リットルのペットボトル1本に日本酒を移し
替えます。残った一升瓶のお酒は、500ミリのペットボトルに。

この辺りのテクニックは、以前ご紹介した記事が参考になると
思います。

日本酒を保管する8つの方法(5)ペットボトルに移し替える



私は、過去数えきれない位この移し替えをやってきたので、
今はじょうごを使わなくてもこぼさない自信がありますが、

日本酒の一滴は血の一滴


ムダなく移し替えるには、まずはこのじょうごを上手く使って
みてはいかがでしょうか。





テーマ:
日本酒偏愛党員ともなれば、いついかなる時も日本酒を飲みたい
ものですよね。


例えば・・・

▼友人宅にお呼ばれしたとき・・・
 ビールだけじゃ・・・ね。
 ワインを持ってくるヤツはいるだろうけど、旨い日本酒を
 持ってきてくれる人はなかなかいないよね・・・
 だったら自分で持って行かなきゃ!

▼実家に帰るとき・・・
 実家のオヤジは焼酎党。日本酒は置いてあるけどパック酒。
 折角オフクロが張り切って料理を作ってくれたって、
 日本酒がなきゃ 楽しめないよね・・・
 だったら自分で持って行かなきゃ!

▼旅行に行くとき・・・
 電車に乗ったら駅弁でしょう。最近の駅弁のおかずはレベル
 が極めて高し。だったらこれを肴に日本酒飲みたいよね。
 でも、車内で売ってるカップ酒なんて旨くない・・・
 だったら自分で持って行かなきゃ!


と、そんな時に活躍するのが、保冷バッグです。

しかも、ただの保冷バックではありません。

日本酒の一升瓶が入り、かつ四合瓶なら2本入る優れものの
保冷バッグがあるのです!!

ここに、保冷剤をぶち込んでおけば、真夏でも十分移動時間位は
持ちますし、活性酒であってもしっかり保冷ができます。

可能であれば、総菜屋でもらえる小さな保冷剤ではなく、板状の
デカい保冷剤があればより安心でしょう。



そして、それぞれ帰りには・・・

▼友人宅にお呼ばれしたとき・・・
 飲み会の時に、みんなで持ち寄った料理って大量に余るもの。
 友人宅でも食べきれないっていうから、余り物を保冷しながら
 持って 帰ってこれるじゃないですか!

▼実家に帰るとき・・・
 オフクロが張り切って作った大量の総菜。
 「それ持って帰ろうかな」なんて言ったら、狂喜乱舞しちゃい
 ますよ。次回帰省した時の料理がバージョンアップすること
 間違いなし。嫁姑の関係も良化するんじゃないですか!

▼旅行に行くとき・・・
 旅行先で旨そうな干物を見つけたアナタ。
 こいつで燗酒やっつけたいな・・・そう思ったらやるしかない
 でしょ。夜の日本酒ライフがまたまた充実しちゃうじゃない
 ですか!



うん、これ書いてたら、やっぱり保冷バックの素晴らしさを
再確認しましたよ。もっと活用しないといかんな(笑)。





テーマ:
日本酒好きなら誰もが持ってる・・・

いや持つべき必須アイテムというものがあります。
それが、日本酒ギア

充実した日本酒ライフを送る為に、気の利いた日本酒ギアを手元に
置いておく事は、極めて重要な「知恵」ではないかと思うのです。


記念すべき第1回目の今日は・・・

おかんメーター


お燗をうまくつけるのは難しい・・・

というのはよく言われるところ。でも、日本酒が好きでいろいろ
詳しい方でも、お燗をうまくつけるのは難しいのが事実です。


そこへ行くと、このおかんメーターがあれば、何ら悩む必要が
なくなります。風情に欠けると思うでしょうが、旨い燗酒が飲める
のであれば、風情はちょっと横に置いておこうではありませんか。


しかも、このおかんメーターでお燗を付ける時の利点は、

自分はどの温度の日本酒のお燗が好みなのか

この日本酒は何度のお燗にすると美味いのか

を確認できることです。


つまらないことのようですが、ここでこの2つを把握しておく
ことで、

再現性

を実現できるようになりますから、次にお燗を付けるときには、
もっと自分好みにお燗を付けることができるようになります。

慣れれば、触るだけでなんとなくわかるようになりますから、
その内不要になるんですけどね(笑)。


以前、我が家で飲み会をやったとき、5人中3人がこのおかん
メーターを持ってきたときにはさすがにびっくりしましたが、
それ位、日本酒好きの間では普及しているモノのひとつです。