水を使わず、夏蜜柑の果実水を抽出して作られた天然由来の成分を高配合の化粧品、

アニカブランを使ってみました。



エクストラクトローションを使ってみました。


油分が少ないので、サラッとした使い心地です。


他社製品の化粧品の殆どは、水が多く使われており、
スキンケア成分がわずかだったりしますが、こちらのアニカブランについては、原料には、水が使われておりません。



成分を拝見してもナツミカン果実水が一番多く使われており、
オーガニック原料が82%を占めています。



アニカブランエクストラクトセラムは、透明の緩めな美容液です。少量でもノビがとても良くて、化粧水の後にすぐ使う事で、お肌になじみやすいと感じました。

乾燥肌なので、馴染ませた後に、ハンドプレスする事で、成分がよりお肌に入っていく気がします。


甘夏を使う理由は、本来にのお肌が弱酸性なのに、
洗顔でアルカリ性に傾くので、弱酸性に戻す作用があるそうです。



若い頃のお肌のターンオーバーは、28日とされていますが、それは、20代であって、30代、40代、50代、60代、と年代が上がっていくと、28日サイクルではないのです。


毛穴が目立って来たなって思った時は、

肌のSOSサインなので、28日でターンオーバーを迎えないのはそれだけ年代によって違うからです。



毛穴ケアは、自分に合ったスキンケアを

使う事で回避できると思っています。

甘夏から抽出した「植物細胞水®」には、

レモン5個分のビタミンCが含まれているので、美白にも良さそうです。


ただ、今の時期は、もう少し保湿が欲しいと思いました。

柑橘系の仄かの香りに癒されます。


Annika Blanc



https://hre-jp.com/annika_lp/