最近観た映画 ブログネタ:最近観た映画 参加中

誕生からわずか数年で世界最大のSNS
(ソーシャル・ネットワーク・サービス)へと
急成長した“facebook”をめぐる創業秘話の
映画「ソーシャル・ネットワーク」を観てきました。

以前から興味がある映画の一つで、
観たかったのを観てきました。

実話に基づいている映画で、最近始めた“facebook”
まさにこの“facebook”がどのように作られたのかが
知りたくて観てきました。

海外の大学に行っていないけど、まさにそんな感じなんだろうな~
って思いつつ観ていました。

面白い!!内容が面白すぎる!!

試して良かったもの人に勧めたいもの②-THE SOCIAL NETWORK


冒頭に出てくる彼女との会話が、凄すぎる。
彼女と別れてその腹いせに、ブログに書きつつ、
プログラムを組んであっという間に大学中に広がり、
たった、2時間で22000アクセスさせて、大学のネットサーバーが
ダウンしてしまう。
すごい事です。

ハーバード大学はアメリカでは名門中の名門。
日本の東京大学以上の秀才の集まりの大学。

そんな学生が作ったというのは納得できます。

今後“facebook”をどのように活用していくか…
登録するときになぜ、独身や彼氏がいる欄があったのか
不思議だったんだけど、映画を観て納得しました。

出会いを求めている人も利用するから相手が独身かどうか、
好きなタイプがどんな人か、彼氏・彼女がいるか、
確かにこの選択が重要と思える人もいるということ。

学生の出会いの場ってそういうのは重要っていうのも
理解できました。

主人公の頭の中は、プログラムでいっぱいなんだろうね。
IT業界で働いている人の中でどれぐらいの人が、
こういう人がいるのかな?

試して良かったもの人に勧めたいもの②-THE SOCIAL NETWORK


彼も別の意味でITだけど、また違う分野だから、
興味を持ってもいいのにと思ってしまった。

今観なきゃいつ見るの?って言いたくなる内容の映画。

孤独だからこそ、人との繋がりを求めているはずなのに…

他人との関わり方が下手な人に限って、独創的な考え方を
持っているので、共感できる部分も多かったです。

最年少の億万長者になったのと引換えに失ったものも
相当大きいと思う。


【解説】

創設者マーク・ザッカーバーグと彼を取り巻く若者たちが
織りなす悲喜こもごもの人間模様に焦点を当て、
華麗なサクセス・ストーリーに秘められた
光と影の物語を赤裸々かつドラマチックに綴る。

2003年の秋。ハーバード大学の学生にして天才プログラマー、
マーク・ザッカーバーグは、恋人にフラれた腹いせに、
学内のデータベースをハッキングして、女子学生たちの
顔写真を使った人気投票サイトを作ってしまう。

そんな彼の技術に目を付けたエリート学生が、
学内交流を目的としたサイトへの協力を持ちかける。
しかしマークは、親友のエドゥアルドを誘って、
ハーバードの学生を対象としたソーシャル・ネットワークの
サイトを立ち上げる。するとそれは瞬く間に登録者を増やし、
急速に拡大していくのだったが…。【ウェブリンク】


THE SOCIAL NETWORK オフィシャル・サイト(英語)

ソーシャル・ネットワーク オフィシャル・サイト

ペタしてね 読者登録してね 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中!

メイベリンニューヨーク ブログコミュニティ ブログランキング - Beauty!★Beauty![ビューティ!ビューティ!]