久しぶりの救急 | みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

みかりんのささやき ~子宮頸がんワクチン被害のブログ~

私の娘が子宮頸癌予防ワクチン「サーバリックス」接種直後から熱や吐き気、痛み痺れが現れ、片手、両足が疼痛に。そのままCRPSに移行しました。
CRPSは治ったものの、今は副作用などと戦いながら少しずつ治癒に向かって邁進する日々です。

この数日、娘の状態があまりにもひどく、土曜日の夜、とうとう主治医のいる病院の救急にタクシーで行ってきた。

本当に、肝が冷えるほど気が気ではなかった。

 

 

心電図と血液検査をしたが、その間にも何度も意識喪失が起こる。

医師も娘の意識喪失を確認したうえで、心電図をオーダーしたのだが、心電図は異常なし。

 

結局、夜中の12時過ぎに帰宅した。

実は、別の病院に治療のため水曜日から入院することが急きょ決まって、先週、医師に紹介状を依頼したばかりだった。

それでも、ひどい状況が続くようなら月曜日に神経内科に連絡して水曜日までの対応を考えますと言っていただき、本当に救われる思いだった。

 

今日、娘の状態は土日よりは良いように思うが、実は布団に入ってから意識喪失が起こっていたようで、寝た感覚が何もないのに気が付いたら朝の6時になっていたと言って、ハイのまま起きてきた。

昼寝することなく、起き続けている。

あくびばかりしているけれど、まったく眠くはないらしい。

 

今日は朝早くから娘が起きているので、私も買い物すらせず、娘についている。

外出して何か起こっていたら、私自身が自分を責めてしまうから。

こんなことは何ともない。

娘のことは、私が判断してそうしているだけだから、何ともない。