キュイジーヌ[S]ミッシェル・トロワグロ@新宿 | 欲望のままに我儘にぃ~

欲望のままに我儘にぃ~

食べ歩き、飲み食いしたモノを中心に、幸せマインドを実現する日々の備忘録。


テーマ:

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ (Cuisine[s] Michel TRIISGROS)

(フレンチ / 都庁前) ★★★☆☆ 3.0

今回は、ドラミの選択ミスぅーごめんなさいいゃね、何か主婦の人とかが良いって噂を目

目にし、おまけに何か話題だったんだよね?(いつの話かは忘れちゃったけど)w

アウェイな新宿までわざわざ足を運んだのにごめんごめん・・・ともあれ訪れましたは

ハイアットホテルリージェンシーココ食事キュイジーヌ[S]ミッシェル・トロワグロ

そぅぃぇば、小田急デパ地下でココの食事Deli 揚げ物 パン 食パンスイーツ ケーキ

先日食べてみたけど 、イマイチだったんだっけ。w あ、そんな後悔は先立たず・・

勝手にアミューズ。 トマトのキャラメリゼ+白胡麻、クスクスのコロッケ?

                蕎麦粉プレート+フォアグラ+ビーツのマリネのサンド。

パンは食パン3種。(クルミ/バジル/ベーコン) バターバター細長くて取り辛い。w

この日は食事ア・ラ・カルトでのオーダー。 しかして、ここ★2ッ星獲得食事にも

関わらず、先に言っちゃうと、肩透かしを喰らった感じ?オーダーしてないのに

出てくるMenuの方が美味しかったり、美味しくなかったりして・・・何が何だか。w


・「勝手に」w 突き出し?前菜?:鯖のむらめ山葵のせ、鰹の出汁のジュレ

こぅやって頼んでも無いのに出てくる品が美味しくなかったら腹立つんですよね。

始めのアミューズに然り、美味しくないもので先にお腹を膨らますのは嫌い。

鯖のたたき・・・皮の焦げ目が苦い。そしてジュレは酸味が利きすぎてチョと痛い。


気を取り直して、ワイン・・・と思ったけど、イマイチお料理もワインの相談にも

向こうから自発的に来るわけではなく、タイミングを見て呼んで、何回目かでようやく

コッチに気付くという、なかなか好意的ではない感じ?w (↓トマト白いのっ!)w

そしてお勧めされたワインは・・・イマイチだった。w

巨峰Chambolle-Musigny Maison Joseph Drouhin 2001 (¥1万 5,800円)

  (シャンボール・ミュジニィ ジョセフ・ドリューアン)

-------------------------------------------------------------------

そっか、初めてだからって、この価格帯で、Grand でも 1er Cruでも無いのに、

「飲み頃ですょ」ってお勧めされたのを鵜呑みにしたドラミがバカだった。

オマケにネゴシアンだしね。。ハイ、期待ハズレ。まぁ、ワッチラが若いから、安め

のお勧めしたんでしょ・・ってフォローもらっても、・・・ゴメンね。(涙&反省)。

-------------------------------------------------------------------

そんな凹気分も凹んでテンション↓下がってる時に、また追い討ちです。w


・前菜:仔牛のロース グリーンアスパラガスとアボカド ソース”ヴィッテロ”

                                     (¥4,400円)

まず、テーブルに置かれた瞬間ドラえもん同時にドラミ何でアスパラ立ってんの?」

見れば見るほど、このアボカドとか、もぅ少し切り方とかあるんじゃないの?って

思いつつ、実は↑店内の雰囲気はさほど悪く無いんですょ。↑火入れも良いけど

仔牛の肉の味がしない。上のオレンジが強すぎて、イマイチ。アスパラも・・・

そして、そんなトコにまたまたかぶせるように、追い討ちが・・・w


・前菜:季節の野菜の風景。(¥3,400円) えぇ~っ!コンナのアリっ?!w

コレならドラミだって、お家で作って、「ハイ。¥3千円」って食卓に出したいヮ。w

なんともセンスを感じられない1皿。野菜の味も薄くて、上からかかってる柑橘の

皮のみじん切りに負けとるがなっ!だから何でアスパラ立ってんの?コリャ酷い。w


・「勝手に」(←ここポイント)w メインの前の1品: 豆腐のラビオリ

                  マスカルポーネのクリームと赤ワインソース包み

しかし、実は↑勝手に出てきたコッチの方が旨かったっ!(爆) 主張しすぎない

ナチュラルなチーズにトリュフが利いてて美味♪ つるっとしたラビオリもGood★


そして、何故かメインは魚なのに、ナイフもラギオールかぃ!↓他のカトラリーは

ERCUISなのに・・・w この蛍光ラギオールナイフって、このレストランの 定番。

・メイン:平目のココット マスタード風味のジュ リュバーブ。(¥7,800円)

あ、身は分厚いんだけどね。先ずこの料理の説明を聞いたときに、イマイチ説明に

なってなかった・・・というか、料理名の「ココット」ってドコへ行ったの??w

マスタードソースは必須です。魚の塩気は無い。↑マリネされたリュヴァーブ。

ドラえもん「舌平目って聞いたから楽しみにしてたのに、コレ明らかに違うよね?」と

身は分厚かろうが、何やらご不満のご様子で、ドラミが聞きなおしたところ、普通の

平目チャン。↑自分が勝手な妄想で(笑)聞き間違えたか、説明し間違えたか、

真相は闇の中・・・w


・メイン:アグー豚のクルスティアン グリーンマンゴーと白菜のアクセント
(¥6,800円)

付け合せはカボチャのカボチャピュレ。 ソース(名失念)はかけなくても全然、無問題。

皮目はカリカリ。脂身も美味しい。回りのマリネのパプリカは合って無いけど。w
ソーキ蕎麦♪SVP(汁ヴープレ)w


また「勝手に」プレ・デセール:マスカルポーネとエストラゴンのアイス

                                  イチゴのビネガーソース

すみません。何ゆえ↑こんなにアイスが溶けちゃってるかっていうと、もぅお料理

には期待できないだろうと、たかをくくったドラミは、料理そっちのけで、真剣な話を。

でも後に出てくる注文したデセールでよりも矢印美味☆しかった模様。w んで、


・デセール:スフレ・ショコラ スターアニスの香り。(¥2,500円)
ドラミ未食。でもドラえもん←残してた。w

・プティフール&Cafe+Espresso。(各¥850円)

オマケにプティ・フールは「衛生法」により、お持ち帰り不可っ!お包み頂けません

でした・・・新宿って、コレだから・・・この野郎っ!w


---本日のドル明瞭会計--- 水Perrier(小瓶¥800円)×②

                  男の子サービス料(¥4,400円) 含めまして・・・

                                   宝石赤 計) ¥4万 8,400円

なんか中途半端なワイン頼んで、

お料理も中途半端で、もぅチョッと気分的には¥安く上がると思ってたので、

チョと不服。w っていうか、このお店をブログでUpしてる参考にした人が悪かった

のかな? 最後のプティフールは可愛いけど、可愛いけど。。。この野郎っ!(笑)


まぁ、この日は、そんなことよりも大事な話が出来て良かったヮ。

いやんドラミは見るも無残な姿でしたけど。満月今夜もバイキンマンご馳走様でしたぁ~おでん

 すんごぃ雨大荒れガクブルオヤヂよりも雷雷とメラメラ火事が怖いぜょ走る人あせる

ドラミさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス