シュートこそさほど多くはないがいい流れで前半を折り返した讃岐。

 

しっかり守って無失点で前半を折り返し、時折カウンターからシュートを放った八戸。

 

どちらが主導権を握っているのか判断しづらい闘い…

 

 

 

互いにコーナーキックからチャンスを創出。

 

八戸は51分に右からのコーナー。差波優人のキックに須藤貴郁がヘッドで合わせたが僅かに枠を捉えきれず。

 

対する讃岐は53分、やはり右のコーナー。中村亮のショートコーナー。池谷友喜から後方の渡辺悠雅へ。渡辺はコースを丁寧に突いたシュートを放つが、平井堅似のGK山田賢二がしっかりとキャッチした。

 

 

 

58分、ここまで奮闘してきた我那覇和樹が下がる。

 

【讃岐①】

9我那覇和樹 → 21福家勇輝

 

ピッチを去る際にエンブレムにキスをしていく…。

 



そして…DAZNが捉えたガナの表情は、どことなくこみ上げてくる感情を必死に抑え込もうとしているようにも見えた。






 

ガナ………

 

 

 

八戸も積極果敢にシュートを打っていた高見を下げて宮崎を送り込む。

 

【八戸①】

8高見啓太 → 25宮崎泰右

 

 

 

63分、パスミスからボールを奪った宮崎が左サイドからパスを出し、貫名航世がシュートを放ったが枠の外。ヒヤリ…。

 

我那覇が下がった影響か、八戸が徐々に押し込み始めていた。

 

そんな時間帯だった。

 

竹内彬のロングフィードを渡辺悠雅が収める。

そしてドリブルを仕掛ける!

 

しかしここは防がれコーナーキックへ。

 

右からのコーナー。中村亮が蹴る。






 

ここに…







 

AKIRAーーーっ!!

 

 

鮮やかなヘッドを突き刺した!!

 

DJハイロさんの強く長くいつまでも聞いていたい声が轟く。

 

ゴーーーーーーーーーール!!!

 

「中村のCKは球質があまり速いボールではなく、特徴をしっかりみて入ってうまく決められた」

 

そうコメントしたキャプテン弾!

 

「勝って喜んでいるスタンドの景色を自分たちも見たい」

 

「引退・退団する選手たちを良い送り出しをしたい」

 

そんな想いの詰まった一撃。

 

そして…

 

 

 

ありそうでなかったうどんススリングパフォーマンス(笑)。

 

 



まずは先手を取った讃岐。

キャプテン、いい顔してる!






 

78分、八戸は差波から上形洋介を投入。

 

【八戸②】

17差波優人 → 9上形洋介

 

しかし押せ押せの讃岐は池谷のインターセプトからカウンター発動!

 

福家から徹ちゃんに繋ぎ、徹ちゃんは浮き球のパス。

 

絶妙!

 

これに抜け出したのは森川裕基!!

 

打てぇーーー!!

 

 

うーーー…




これはバーを超えていく。

こういうのを決めていかないと…

 

 

 

そんなことを思っていると、讃岐は2枚目の交代枠。

 

 

キジだ!!



 

【讃岐②】

29中村亮 → 33木島良輔

 

カラリと笑い、両手を広げる。





 

その直後、近づいてきた竹内彬がキャプテンマークをキジに譲った。

 

ピッチに入ると渡辺悠雅をヘッドロック(笑)。何やら声をかけると頭をシバく(笑)。





 

悠雅も木島ドリブル塾の塾生となったのだろうか…?

 

紡いで欲しい、ドリブラーの系譜…



 

その後、讃岐は池谷友喜の足が攣って戦闘不能状態に。この日の池谷クンは気合いが入っていたし、よく走っていた。池谷が下がる。代わって入るのは…イチだ!



 




【讃岐③】

17池谷友喜 → 15市村篤司

 

讃岐は何とか最終盤の八戸の猛攻を耐えしのぎ、ホーム連勝を果たした。

戦術的には微妙な試合だったが、引退していく選手たちをうまく使いながら勝ちきった。


これはある意味、名采配だったと言っていいのかもしれない。




<つづく>
※読みやすさを考慮して、選手名は敬称略としました。ご了承ください。 
 
 
↓カマタマーレ讃岐のHPはこちら!
 

↓かまたまブログはここに満載で満開!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村