横浜で讃岐

テーマ:
あまり…というか、滅多に連絡や やりとりをしない親戚から珍しく連絡をもらって話をしてると唐突に、

「香川のサッカーチームの応援してたよね?」

と訊いてきました。

「え?そうだけど、何で?どしたん?」

まさかそんなことを訊かれるとは思わなかったので逆に訊いてみると、FM局のある番組のコーナーで、ゲストコメンテーターの方が讃岐のことを語っていたというのです。

時間は短かったんだけどね〜とは言われてたんですが、ちょっと聞いてみたくなり、それを聴くためにradikoをインストールして、プレミアム会員に登録して聴くことにしました。
(月額378円で他の地域の番組が聴けるんです)

その番組はFMヨコハマの朝の情報番組「ちょうどいいラジオ」って番組で、その中のコーナー、「YOKOHAMA BUSINESS EYE」でのことでした。7月10日の放送。



話題はワールドカップの日本における経済効果について。

日本代表がグループステージを突破したことによって、日本の経済にどんな効果があったのか、これからどんな効果が想定されるのか、そんな話題でした。



その後、コメンテーターの方が讃岐の応援をしてることを話し始めてくれました。

讃岐の近況を話してくれて、日本代表が優勝候補の国と闘うように戦力的に厳しい状況でも戦術と泥臭い闘い方で対抗して奮闘していることを紹介してくれました。



なるほどなぁ。

観客動員の観点では、あたしは勝敗はそれほど重要ではないと思っていて、スタグルやイベント、ホスピタリティの充実の方が重要だと考えていました。

でも、地域振興の観点では、勝敗は結構重要なポイントなのかもしれませんね。

シミケンは常々、

「チームが勝つことで支援を得られる」

みたいなことを言い続けてますが、彼はクラブの充実と同じくらい地域振興を視野に入れて話していたのかもしれませんね。

このチームには伸びしろがある。
そう信じています。
だから後半戦こそ楽しみだ、そう思っています。

今回の0-5も、ノーチャンスの殴られっぱなしではなかったですし、チャンスを逃したことは残念でしたが、攻撃も少しずつカタチが見え始めています。

内容と成績が伴って、香川県が元気になるといいですよねぇ。


そして香川から遠く離れた横浜で、こうやって讃岐の応援をしてくれる方が増えていることを実感します。

もともとアウェイ戦の映像を観ていると、一定の関東在住サポさんがいてくれることはわかっていましたが、これも少しずつ増えてるのかもしれませんね。

そんな方々がこうやって讃岐を支えてくれている。
こうやってメディアを通じて讃岐の話をしてくれることも、ある意味で

「好きな讃岐を、もっと上に」

だと思います。



やっぱり何としても、ぜーったいに!讃岐を残留させましょう。

頑張っていきましょう!

もし、関心のある方はradikoで聴いてみてくださいね〜。



↓カマタマーレ讃岐のHPはこちら!
 

↓かまたまブログはここに満載で満開!

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村