ただ死を待っていた

テーマ:

本日もご訪問ありがとうございますラブラブ

 

自分のブログのカテゴリーが

 

病気にも属しているので

 

やはりお会いする人も

 

何らかの病を持ってはる人

 

または身近な人がそうである人

 

が多いように感じます

 

 

ある人は

 

私と同じ病で末期であると・・

 

 

「末期であった」が正しいのかな?
 

 

数年前の最初の診断が

 

すでに末期だったので

 

いつその時がきてもいいように

 

色んな整理をされ

 

気持ちも準備ができ

 

落ち着いてられたそうです

 

 

けど、痛みをとるために

 

勧められた治療をいくつか受けたら

 

それがマッチし

 

医師からは

 

まだ生きるよ!と言われ
 

現在もしっかりとお仕事されています

 

 

ただ

 

それがちっとも嬉しくないと・・

 

 

生きたいと思ってる人にとって

 

この言葉は不謹慎に

 

聞こえるかもしれへんけど

 

気持ちはわかる

 

 

彼女と私とでは

 

生きてる条件も環境も違うんやけど

 

死を身近に感じ、身の周りを整理し

 

すでに悲しみの気持ちもなく

 

落ち着いて

 

ただ静かにその時を待っていた者が

 

「まだ生きる」と言われた時は

(私は言われてへんけど)

 

生きられる喜びよりも

 

 

 

 

「生」という邪魔臭さ・・

 

 

 

 

そういうもんの方を

 

改めて大きく感じるんかもしれん

 

 

かといって

 

つまらなく生きてはるわけではなく

 

新しい仕事の展開を進めてもいはるし

 

理想も持ってはった

 

 

彼女は

 

「今も生きてるのは意味がある」

 

と考えてはる

 

それで彼女が

 

この先も明るく生きていかはるなら

 

とてもいいことドキドキ

 

 

けど私はちょっと違って

私が今も生きているのは

 

この心を受ける器としての身体が

 

まだ壊れていないだけのことかなと

 

 

心は刺激というエネルギーが

 

まだその器から得られるから

 

今もここにあるだけやと思ってる

 

 

そやからゆうて

 

暗い気持ちで生きてへんよ

 

 

ただ

 

心そのものと気持ちを一緒にすると

 

色んなことがややこしなるんちゃうかと・・

 

 

それを区別した方が

 

私は生きやすなったんやな

 

 

 

(*^m^*) ムフッ

 

 

 

 

サプリ:今日の記事・・

 

 

 

 

ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

 

 

 

夫のInstagram こちら サプリとポトフいます

 

Gem(ジェム) こちら 夫のブログとFacebook

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

トリニティ記事 【24】

 

僧侶達の禁欲の誓いが意味するものは?

 

~どちらの罪が重いと思いますか?~

 

 

 

 

━─ ご予約のお申込み─━─━─━─━─━

 

カードリーディング&リスニング

*こちらのカードリーディングは対面です

 

━─ 受付 ━─━─━─━─━─━─━─━─

 

メールカードリーディング

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

○上記以外の御用件は下記からお願いします

 

お問い合わせ

(外部リンクに移動します)   

*返答はブログ記事にてさせて頂く場合もございます

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

ポチッと応援嬉しいですドキドキ


にほんブログ村

 

『癌と闘わない 私の選択』