「傷だらけの天使」最終回 | ざんくのリアル小説

ざんくのリアル小説

オリジナル小説、オーディオ・音楽、おいしいFOODなどなど


テーマ:
BS日テレで再放送していた「傷だらけの天使」が
昨夜、最終回だった。


全話見直したが
やはり良いものは良い。


$ざんくのリアル小説


木暮修(こぐれ おさむ) /萩原健一
乾亨(いぬい あきら)/ 水谷豊

のコンビはやはり青春の憧れ。


井上堯之バンドの名テーマソングとともに
毎回見ても早送りなどできないあの伝説的オープニング。


$ざんくのリアル小説


綾部貴子(あやべ たかこ)/ 岸田今日子
辰巳五郎(たつみ ごろう)/ 岸田森

$ざんくのリアル小説

のキャラクター設定もすばらしい。

特に、座頭市シリーズにもメインゲストで出ているが、
岸田森さんはすばらしい。



浅川京子 / ホーン・ユキ

$ざんくのリアル小説

には、毎回登場シーンが少ないものの
妙な清純さとセクシーさがあってドキドキした。



海津警部/ 西村晃

たまにしか出なかったが、
非常に重要な役どころ。

なんせ、水戸黄門だもんね。



毎回のゲストも多彩で
緑魔子や川口晶、高橋洋子の回は絶品。


監督も恩地日出夫、深作欣二、神代辰巳、工藤栄一など
映画業界のバリバリが撮っている。



脚本の市川森一さんやキャストや監督など
もう半分以上亡くなっているが、
「アニキー」の水谷豊さんは時の人となっている。


今から思えばこの時の水谷豊さんは
すごい演技だなぁと思うよ。



この時代の人気ドラマはすごいなぁ。


座頭市シリーズも、
再放送をずーっと見ているけれど
確かにエピーソードや構成に古くさい所はあるのだが、
永遠に残る「芯」みたいなものがあって、
今でさえ、
映画からテレビに時代が変わる事へのチャレンジ精神や
見るたびに関わっているスタッフのこだわりを
発見できるのである。












ざんくさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス