幼い頃に聞いた、忘れられない言葉。


後から思うに、
なぜ、ママぼんにだけ
そんなことを言ったのか...


他にも、孫はたくさんいるし
外孫、末孫のママぼん。

      途中で面倒くさくなった図↑


なのに、
大人になってその話をしても
他の孫は、誰も
おばあちゃんから
そんな話を聞いていない。

しまいには、
夢でも見たん?と
バカにされる始末。

(´ー`)

祖母から聞いて数年後
ママぼんは、
学校で平家というものを学ぶ。


なるほど...
ぼん母の里は、
平家の落人が逃げ延びても
不思議ではないような
山深いところ。

    お陰でけっこう健脚だったぼん母↑


その時、
ママぼんは、再び気づいた!



歴史に邪魔され
また、
セレブになり損ねてしまった...。

ママぼん、て
けっこう、
歴史に翻弄されてるよね?

そんなん思ってるのはママぼんだけ?真顔


くるくるくるくるくるくる


そして現代...
あんなこと言ったり...
こんなこと言ったり...

よきにはからえ。

↑ママぼんの口癖真顔