復活の兆しの巻き | 風真 小学生 K-1甲子園への道 

風真 小学生 K-1甲子園への道 

息子との夢、K-1とKrushのチャンピオンになる日までの道のりを書いていきます。


テーマ:

昨日は弟、和真のネクストレベル、キックボクシングの試合でした。

 

そして和真の9歳の誕生日でした。

 

そんな日にめちゃくちゃ嬉しい事がありました。

 

3月から紫斑病で2週間入院し、4、5、6、7月と試合に出れなかった風真、

 

お兄ちゃんの分まで頑張る和真に、嬉しすぎる出来事が!

 

Black,jrの伊藤代表を通じて、素晴らしいサプライズを頂きました。

 

 

なんと!K-1、Krushで活躍する憧れの

篠原悠人選手から、

 

直筆サイン入りの写真を頂いたのです!

 

 

めちゃくちゃカッコイイ!

 

幼い頃からK-1、Krush、に憧れ、フルコン空手をはじめ、

 

小4からキックに転向して、現在K-1甲子園を目指す、風真は、

 

飛び跳ねて喜びました!

 

 

 

やばい! 絶対頑張ります!!

 

どんな大好きな女の子にラブレターを貰ったより遥かに嬉しい様子。

 

 

すっかり、弟の試合を忘れ、憧れの篠原選手の写真を胸に抱きしめ、

 

離さない風真(*'▽')

 

それもこれも、Black,jrの伊藤代表のおかげです

 

伊藤代表、心より有り難うございます!

 

篠原悠人選手、寛大なファンサービス、心より有り難うございます!

 



 

 

そして迎えた和真の試合、、

 

 

おかげで何やらいつもより、自信満々で挑む和真。

 

前回の試合よりも、レフェリーにブレイクされる回数も少なく、

 

良い動きができました!

 

帰りも篠原選手のサインを離さない風真。

 

でもお前の気持ち、ずっと見てきたから痛いほど分かる。

 

格闘技、周りに色々言われた事もある。

 

でも様々な格闘技がある中で、幼い頃から打撃オンリーのK-1、Krush、

 

だけを目指して、信じてやってきた小学6年生。

 

あっという間の11年間。

 

周りにキックや空手、ボクシングをしてる子は沢山いるし、

 

恵まれた環境だけど、

 

同じ様な気持ちでK-1目指してる子には出逢った事がなくて。

 

 

そんな中、同じ関西で、若くしてK-1で活躍する篠原悠人選手の存在は、

 

こいつにとって、憧れでもあり、大きな勇気でもあり、

 

信じる未来でもあるんだと思います。

 

 

篠原悠人選手、8/5(日)当日のKrushのタイトルマッチはAbemaTVでしか

 

自分たちは応援する事ができませんが、

 

12/8(土)の大阪K-1は家族で会場へ応援しに行かせて頂きます!

 

そして、風真にとって、この11年間で一番長かった何もできない4か月、

 

やっと復活の兆しが見えてきました。

 

紫斑病のリハビリで、激しいトレーニングをするとまた再発の恐れが

 

あるので、慎重に運動量をそこまで上げないトレーニングを考え開始しました。

 

 

8月のネクストレベルの試合から復活します!

 

一歩一歩がんばれ!

 

感謝爆  笑

 

 

夢だけが原動力さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス