2019年9月号 「皇居勤労奉仕」 | さんきゅーの新着情報

さんきゅーの新着情報

大阪府高槻市の介護用品 福祉用具レンタル・販売 住宅改修の株式会社さんきゅーのブログ

いつも、さんきゅーを応援していただきありがとうございます。

 

9月に入り、朝夕と涼しく過ごしやすくなってきました。

季節の変わり目だからこそ、体調には十分に気をつけください。

 

さて、先日、全国でボランティア活動をしている仲間たちに誘われて、皇居勤労奉仕に参加してきました。

 

皇居勤労奉仕とは、皇居と赤坂御用地での除草,清掃,庭園作業などのボランティアで、昭和20年から始まり、今では年間約1万人の方が参加されるといいます。

 

私が参加させて頂いた時は、ちょうど台風の後で、沢山の木の枝や葉が落ちており、その清掃が中心。

 

4日間で、皇居の東御苑、西エリア、赤坂御用地などをそれぞれ1日ずつ担当しました。

 

嬉しいことに、各エリアを歩き回り、作業を指揮する宮内庁の職員の方から建物や庭、歴史的な出来事まで詳しい説明をいただけます。

 

天照大神や皇室の祖先などを祀った宮中三殿や天皇陛下が育てられている稲、生物学研究所、歴史ある盆栽の数々…。

 

一般に公開されていないエリアやテレビで見かける園遊会の会場、あのテニスコートなども案内していただけました。

 

皇居、赤坂御用地共に、神社のような神聖な空気、本当に都心とは思えない深い森で、皇室の方々が自然を愛し、すごくシンプルな暮らしをされているのだと感じます。

 

そして、何より驚いたのは、奉仕期間中に天皇陛下にご会釈をいただけたこと。

 

同じ日程の参加者が整列し、天皇陛下と各団の代表者とが、直接お言葉を交わしていただける時間です。

 

手の届くような距離で、何度か目が合い、直接、声をお聞きする機会は何とも貴重な体験でした。

静かに、真っ直ぐな瞳…。

 

天皇陛下は、最後にゆっくり 「お元気でお過ごしください」と。

 

もちろん、個人的な感覚ですが、 その声の響きや姿は、代々、国民の幸せと世界の平和を毎日、祈っているからこそなのか、何とも言えない美しさを感じました。

 

さらに、この奉仕活動で楽しかったのが、他の団体の方々との交流。

 

山形県、大分県、愛媛県…。ほとんどが、60歳以上の方でしたが、皆さんが一生懸命で、楽しそうだということ。

 

人生で一度ぐらいは…という方、もう6回目だ…という方、 皆さんが、皇居のお掃除をしたい!

と 全国から集まってきて、一緒に一生懸命汗を流しながら、笑いながら、助け合いながら…。

 

皇居を美しくできるのが喜び。 仲間たちとの作業が楽しい。 皆さん、そんな風に語っています。

 

人に対して、役に立ちたい。貢献したい。という姿にも感動をいただきました。

 

また、チャンスがあれば、会社の仲間たちや地域の人たちを誘って、参加してみたいと思います。

 

今月もありがとうございました。

 

株式会社 さんきゅー 代表取締役社長  長井正樹