まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

年中、良い加減。




「あら、冬の脈だ。」



Sさんは、30代のOL。

一日中、冷房の効いた部屋でお仕事。



「もう4月から冷房なんて信じられません。」



でも、営業の男性たちはね。

外回りから帰ってきたら、「暑い」を連呼。

どうしても、温度を下げられてしまいます。



ひざ掛けをかけたり。

温かいほうじ茶を飲んだり。

何かと対策はしてるもののね。

やはり冷えちゃう。



冷えるとね。

カラダは冬だと感じちゃう。


熱を逃さないようにね。

「ぎゅ~っ」と縮こまる。


「ぎゅ~っ」は?


はい、五行の「水」でしたね。

当然、脈も「ぎゅ~っ」と。



脈にも深さがあってね。

夏は、熱を逃そうと表面に浮いてくる。

指を軽く動脈に触れるだけでバクバクと力強く。


けど、冬の脈は、沈みます。

動脈の表面に触れただけでは、ほとんど感じない。


圧力をかけてね。

ジワジワと沈めていくと徐々に拍動が。


Sさんの脈もそんなかんじ。

「水」で冬の脈。



しかも、Sさんは、一日中パソコンとにらめっこ。


目も「ぎゅ~っ」と。

意識も「ぎゅ~っ」と。

集中力、根気、やる気は、「ぎゅ~っ」の「水」。


「水」が実して、虚しやすい。

さらに、冬の脈に。


季節と調和してないでしょ。

カラダにも不調が現れやすい。



これからの季節。

気をつけないといけないのが熱中症。


熱を逃がさない冬のカラダにね。

炎天下の直射日光をくらったら大変。

一気に熱がこもって倒れてしまいます。


熱中症については、過去記事でも →   



「冷え対策になればと思ってね。」


「はい」


「寝る前にヨガをやり始めました。」



ヨガかあ~。

う~ん、ビミョーだな。

冷え対策としては。


ヨガが悪いとは云ってませんよ。

そう、絶対的にとらえないでね(笑)



カラダを動かすこと自体ね。

「動」であり、「筋」を主(つかさど)る「木」のエネルギー。


冷えて過剰になりがちな「水」をね。

「水生木」で導くことに。



ヨガもやり方次第でかなり変わると思うんですが。

イメージをともなって、気(プラーナ)をめぐらせればね。

カラダの内側からしっかり温まるはず。



けど、いまのSさんは、そうはなってません。

脈が冬ですから。


で、やっておられるのがね。

瞑想を主体とした本格的なヨガ。



瞑想って、五行でいうと?


・木 → のびのび → 春、朝に旺盛になる上へ上への発展成長のエネルギー

・火 → ぱぁーっ → 夏、昼に旺盛になる全方位に広がる繁栄成熟のエネルギー

・土 → どぅる~ん → 土用、午後に旺盛になる陰陽調和の変化調和のエネルギー

・金 → きゅっ → 秋、夕方に旺盛になる外側を締める凝縮収斂のエネルギー

・水 → ぎゅ~っ → 冬、夜に旺盛になる内側に締まる凝固内燃のエネルギ



そう、「水」のエネルギーが強いでしょうね。

しかも、夜だから。


「水」が過剰に実すると?


そう、相剋関係「水剋火」が働きます。



「火」が剋されて、パワーダウン。

熱の産生、循環機能が低下。

カラダが冷えます。



オススメは、「木生火」につながること。



五行色体表の「五主」。

「木」は「筋」を主(つかさど)る。

筋肉を動かせば、木が活性化します。


五行色体表の「五労」。

「木」は「久行(きゅうこう)」。

「行」は、歩くこと。


久しく歩き続ければ、木を傷める。

けど、木が強ければ、久しく歩き続けられる。

二面性で観てね。


ウォーキングなんて、いかが?


「木」が活性化する朝が効果的。



「どれくらいの距離を?」

とか訊かないでね(笑)

答えは、「カラダに訊く」でしたね。


その日の体調によってね。

「相対的」に変わって当然。

良い加減でしたね。



「なるほど、朝の通勤で駅からバスをやめて歩いてみようかしら。」



はい、それもアリかと。


けど、近頃は5月なのに夏日連チャン。

外出時には、暑さ対策が必要。


こまめな水分&塩分補給。


さらに、強力なツールを。



「今日からお配りしています。」



今年も作りました。

谷田鍼灸院オリジナル。


『くだモン&くせモン』うちわ 2015



リバーシブルです。

拡大してみてね。

後ろ姿になってるのよ。


ちなみに、2014のうちわは、これ。



かなりテイストが変わったでしょ。


今年はさらに



『どぅる~ん』うちわまで。


作っちゃった。

木気旺盛だから。



本日より、施術&セミナーのお客さんにお配り致します。

強制的に(笑)


その予定はないけど、どうしても欲しいあなた。

抽選で10名様に2枚ずつプレゼント。

以下の要領でメールでご応募ください。


1.件名


 「うちわ応募」


2.必要事項


 (1)お名前(ふりがな) (2)〒 (3)ご住所 (4)ご連絡先電話番号 (5)ご連絡先アドレス (6)うちわ内訳 ①くだモン&くせモン2枚 ②どぅる~ん2枚 ③各1枚ずつ


3.申込先


 tanida@389navi.com


4.締め切り期日


 平成27年5月29日(金)23時59分


以上



うちわ、イイでしょ。

けど、自然界の「火」の後押しが一番。

ってことは、「火」の国に行けばいい。


日本で相対的に「火」と云えば?


沖縄でしょ。


身も心も「ぱぁーっ」とリリースできますよ。


よく考えずに「ぱぁーっ」と申し込んでくださいね(笑)



< 陰陽五行&脈ナビセミナー in 沖縄 >



1.日時


1日目:平成27年7月18日(土)10~17時

2日目:平成27年7月19日(日)10~17時


※2日間セットでの受講となります。

※両日とも昼休憩1時間含む



2.場所


元氣サポートルームkokokara


沖縄県中頭郡中城村南上原750 カサグランデ21 101号室

TEL:098-943-1903



3.定員


12名



4.受講費


30,000円



5.内容


(1)脈が観られるとこんなことができます


 <脈ナビチェック>

 参加者のみなさんおひとりずつ、

 ヒト、モノ、コトをイメージした時の脈の変化から、

 カラダの声をお伝えします。

 内容はおっしゃらなくて結構です。


(2)脈をとってみよう


 ・東洋は回り込む

 ・脈拍以外に何を感じるのか

 ・弱い脈を強くする裏技

 ・ホームポジションをつかむ

 ・指のどこをあてるか

 ・手首にも山あり谷あり

 ・肩、肘、手首、指は固定する

 ・指ではなく、丹田で圧をかける

 ・弾力を感じる圧加減

 ・相手の脈はオペラグラスで観る

 ・アナログとデジタル


(3)脈で体調をチェックしてみよう


 ・左右の脈の差を観じる

 ・虚と実とは

 ・東洋医学とは陰陽のアンバランスを「平」にすること


(4)陰陽って何?


 ・この世はどのようにしてできたのか

 ・象は形をつくる

 ・日本人も同じことを考えてた

 ・今でも使える陰陽5つの法則


(5)五行って何?


 ・四季から生まれた五行

 ・「木」「火」「金」「水」とは何か

 ・なぜ「土」が生まれたのか

 ・明日から使える相生相剋の関係


(6)五行で人を観る


 ・顔や体型に観る五行の特徴

 ・心理に観る五行の特徴

 ・明日から使える相生、相剋の関係

 ・サザエさん一家を五行で観る


(7)陰陽五行で脈を観る


 ・「木」→春 むくむく 内が固く、外が軟らかい広がろうとする脈

 ・「火」→夏 ぱあーっ 脈全体が広がり、外へ発散する脈

 ・「土」→土用 どぅる~ん 陰陽調和。ゆるむ脈

 ・「金」→秋 きゅっ 外から内へ、引き締める脈

 ・「水」→冬 ぎゅ~っ 脈全体が縮まり、内燃して沈む脈


(8)脈の変化を知る


 ・強いか、弱いか

 ・速いか、遅いか

 ・締まってるか、緩んでるか

 ・長いか、短いか


(9)相手の脈を観てみよう


 ・季節と脈にズレはないか

 ・見た目と脈にズレはないか

 ・イメージしたコトを脈で観る


(10)見えない世界を脈で観る


 ・アロマの精油を相性チェック

 ・フタを開けずに握るだけ、観るだけ

 ・文字に込められた想い

 ・プロとアマの演奏

 ・オリジナルとコピー

 ・ツボを脈で取る

 ・場を共有する意識



6.お申込方法


元氣サポートルームkokokaraのこちら の申込みフォームより



7.お問い合わせ


元氣サポートルームkokokara照喜名先生宛まで。


TEL:098-943-1903

Mail:info@kokoro-to-karada.jp



以上



自然界との調和。

脈に訊いてみませんか?


真夏の沖縄でお待ちしています。




では、今宵はこのあたりで。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。