まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

どちらもアリですね。




さて、最後はね。


「筋反射テスト」


との違いについて。



「筋反射テスト」ってご存知ですか?


脈ナビと同じでね。


カラダの声を聴く手段のひとつ。



何か問いかけをしてね。


筋肉の力がね。


入るか、抜けるか?


それが判定基準。



カラダのどこの筋肉でもOK。


指でも、肩でも、腕でも。



まず、特定の筋肉に力を入れます。


腕を伸ばして挙げたままとか。


指で輪っかをつくるとか。



そこに、抵抗する力を加えます。


指なら自分でできますね。



抵抗させてもね。


その状態をキープできることを確認。



で、問いかけます。


何でもいいですよ。


言葉にしてもいいし。



チェックしたいものを握ってもいいし。


触れるだけでも。


イメージするだけでも。



で、問いかけに対してね。


YESなら、力は入ったまま。


NOなら、力が抜けます。



最初の姿勢をキープできない。


腕が下に降りたり。


指の輪っかがほどけたり。



YESとは、相性がイイ、肯定的である。


NOとは、相性がワルイ、否定的である。



潜在意識、つまり、カラダ。


ネガティブな反応には、力が抜けます。




ここでも大事なポイント。


ココロをニュートラルにする。



顕在意識、つまり、アタマ。


介入させないようにね。


脈ナビと同じです。




私、脈ナビの前にね。


筋反射を使ってました。



脈診が難し過ぎたのでね。


挫折して。


こっちのほうが簡単そうだからって。



安易でしょ。


でも、シンプルなものほど、奥が深い。



結局、同じでした。


意識の在り方は。




で、両方やって、わかったこと。


特性をまとめてみました。



<脈ナビと筋反射の相違点>


1.筋肉は随意的、脈は不随意的。


2.筋反射はデジタル、脈ナビはアナログ。


3.筋反射は運動指導者向き、脈ナビは臨床向き。



解説していきますね。



1.随意的か、不随意的か?



「意に随う(したがう)」から、随意的。


筋肉は、思った通りに動かせるでしょ。



でも、脈はムリ。


自分で速くしたり、遅くしたり。


だから、不随意的。




ある程度、習熟するとね。


この差は、関係ありません。



意に随わせるのは、アタマだから。


アタマが介入しないようにするのは、どちらも同じ。



ただ、脈は自分で調整できないからね。


お客さんに体験してもらった時にね。


納得してもらいやすいかも。


それぐらいです(笑)




2.デジタルか、アナログか?



脈ナビのセミナーで毎回質問します。



「デジタルって何ですか?」



するとね。



「新しい電化製品・・・最新の方式?」



ほお~、



「では、アナログは?」



そしたら、



「古いっていうか、旧式の?」



残念がら、違います。


みなさん、そう思われてます。




正解は、



・digital → 不連続的な、断続的な


・analog → 連続的な



って、いきなり云われてもねえ(笑)



波形で表すとわかりやすい。



まなブログ


まなブログ



例えば、時計ならね。


これ、デジタル表示。


まなブログ


次は、「09:15」ですよね。


「9時14分30秒」は、表示できません。


「14分」の次は、「15分」にジャンプ。



間の値をとらない。


つながっていない。


断続的でしょ。




こちらは、アナログ表示。


まなブログ


「10時10分」ですね。


「10時11分」に進む途中でね。


長針は、


「10時10分10秒」も。


「10時10分11秒」も。


「10時10分11.5秒」も。


通過しますよね。



間の値をとる。


つながっている。


連続的でしょ。



わかりました?


デジタルとアナログの違い。




では、筋反射と脈ナビに。



両者で相性チェックをするとします。



筋反射ならね。


・力が入る → 合う


・力が抜ける → 合わない


まなブログ



二者択一。


「合う」と「合わない」だけ。


間の値がない。


デジタルですね。




脈ナビならね。



・さっきより、ちょっと穏やか。


・さっきより、ちょい荒れる。


まなブログ



二者択一ではありません。



両極の間。


「程度」


が表現できます。



「やや」「ちょい」「かなり」とか。


「加減」ですね。




生命って常に変化しますよね。



昨日から今日。


朝から昼。


1秒前から現在。



その変化ってね。


デジタルですか、アナログですか?



時間にはね。


連続して切れ目がない。


アナログですよね。


「昨日より、ちょっとしんどい。」



生命現象の変化を観る。


脈がオススメ。




実践的な例えを。


アロマの精油で相性チェック。


10本の中から、最適なモノを選ぶ。



筋反射ならね。


「最適なのは、どれ?」


って問いかけて、10本をチェック。



1本は見つかります。


けど、9本はすべて「それ以外」に。




脈ナビならね。


脈を取りながら、手のひらに精油をのせていく。



「さっきより、ちょい穏やか」


「さっきより、めちゃ荒れる」



繰り返していけばね。


順位付けができます。



筋反射でも繰り返せば、できますよ。



優劣はありません。


適性ですね。



二者択一なら、筋反射。


順位付けなら、脈ナビ。




弱っている筋肉を探してね。


調整して、効果確認。


筋反射がオススメ。


運動指導者向き。



微細な体調の変化を把握。


「昨日より少し回復されたなあ。」


脈ナビがオススメ。


セラピスト向き。




3.脈ナビは臨床向き



その大きな特性はね。



寝ている人や意識不明の人にも使える。




筋反射はね。


被験者の協力が必要。



自分でやるにしてもね。


意識的に力を入れないと。




施術中にね。


寝てしまわれる方多数。


いちいち起こすのも忍びないでしょ。



脈なら、そっと取れますからね。


無防備でリラックスした状態を。


コワイ夢を見られてたら、荒れるけど(笑)



ねっ、臨床向きでしょ。



以上、筋反射テストとの比較でした。



わかって頂けました?



筋反射は、西洋的でしょ。


二者択一。



脈ナビは、東洋的でしょ。


曖昧。




「どちらか」



ではなく、



「どちらも」



できたら。



イイとこ取り。


補い合えます。

発展的統合、中庸ですね。




筋反射テストを学ばれたいあなた。


元氣サポートルームkokokara 』代表。


沖縄市の照喜名弘彦(てるきなひろひこ)先生。


激しくオススメします(笑)



東京、大阪、福岡でもね。


定期的にセミナー&パーソナルセッションを開催されています。



お申し込みの際、私からの紹介とお伝えください。


「あ、そうですか。」


サラッと流してもらえます(笑)




以上、「脈を取ってみよう」シリーズ十二講、終了です。



礼っ!


ありがとうございました。



連日お付き合い頂き、嬉しいかぎりです。


いかがですか?


脈、観じられそうですか?



脈の取り方を覚えて頂いたところでね。


では、実際に使ってみませんか。



「脈ナビを使ってみよう」



新シリーズをスタートします。


2~3日中に。




また、記事をご覧頂いてやってみたけどね。


いま、ひとつ、うまくいかないあなた。



確実に観て頂けるようにね。


練習して頂ける機会をご用意致します。


セミナーのご案内は、明日。




では、今宵はこのあたりで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。