まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

「ホントの自分」って?




行ってまいりました。

徳島市の『Bliss Garden 』です。

経絡ストレッチの体験会を開催してもらいました。


会場オーナー笠原理歩子 さん。

過去記事 にも登場されましたね。



体験会後。

懇親会ってことで、呑みに。


カウンターバー『嬉歌(うか)』さん。

ぐるなびリンクは、こちら

facebookリンクは、こちら


お若いご夫婦でやっていらっしゃいます。

友人宅に遊びに来たかのような居心地の良さ。



笠原さん、家事を済ませてからの合流。


「家事しながら、缶ビール3本空けてきました。」


で、これからが本番だと。

コワイでしょ(笑)

実際、コワイんです。


お酒が進むとオーナーご夫婦にね。

人生の先輩として訓示を。


「・・・だからぁ、旦那さんは絶対に『ごめん』って謝っちゃダメ。」


「逆らっちゃダメ」とお二人に目で合図を送る私。



「ねっ、谷田さんもそう思うでしょ?。」


「そうですね。そのとおりですね。」


「わかる?わかってる?」


「はい、わかりますよ。」


「ほんまにわかってんの!?」



と私の二の腕を「ガツガツ」と。


「バシバシ」ではありません。

だって、グーで殴るんだもん。



え~と、笠原さん。

初対面ですよね、私たち。

グーはやめましょうよ、グーは。


初対面じゃなくてもダメだけど(笑)



そのうち、訓示は教育論へ。

カウンターの中にいる奥さんに。


「お子さん、いくつ?」


「もうすぐ2歳です。」


「私の子どもがそれぐらいの時にね。」


「はあ」


「驚かせてやろうと、頭からストッキングをかぶったの。」


「・・・ストッキングですか。」


「すると、本気で『コワイ』って泣きだしてね。」


「・・・。」


「お義母さんにも『それだけはしたらアカン』って説教されたし。」


「はあ。」


「ストッキングは、かぶったらアカンよ。」


「・・・勉強になりました。」



なってない、なってない(笑)

何の参考にもなりません。



その他にもね。

公の場では、お伝えできない発言を連発。


聴いてるだけなら、めちゃオモロイ。

けど、隣に座るとたまりません(笑)


同意しても殴られ。

反論しても、もちろん殴られ。


二の腕に忘れられない痣(「おもひで」と読みます)。

しっかりと入魂して頂きました。


笠原さん、濃ゆ~い夜をありがとうございます。

でも、次回はちゃんとアク抜きしてきてくださいね(笑)




体験会ではね。

冒頭、脈ナビのデモンストレーションを。


将来、やってみたいことをね。

イメージしてもらって。

脈の打ち方がどう変化するか?


その内容はうかがいません。

私が先入観を持ってしまうしね。


ただ、脈の変化で観じたこと。

そのままお伝えするだけ。


「選択肢Aの時は、脈が荒れて突き上げ出しました。」

「少し負担を感じられるかもしれませんね。」


「選択肢Bの時は、穏やかになりますが、少し弱めに。」

「選択肢Bは、すでに慣れ親しんだ安心して取り組めるコトかも。」

「ただ、活性化するような弾力性が感じられません。マンネリにご注意ですね。」


こんなかんじ。

これがおもしろいことにね。

ご本人の事前予想とすべて逆。


アタマで「考えた」ことはね。

カラダで「感じた」ことと逆が多い。



アタマはね。

損得勘定や先入観が働きやすい。


カラダはね。

生理的に快か、不快か?



アタマとカラダ。

思考と感覚。


調和している方はね。

何をイメージしても穏やかな脈に。



でも、現代人のほとんどはね。

これがなかなかつながっていない。

私も含めてね(笑)



で、笠原さんがご自身の体験をブログ記事 に。


ピピッと来たところを抜粋。


>脈が大きく揺れるのは

>未来への行ったらダメNGじゃなくて

>過去からくる恐れなんだよね


そう、脈ナビは、「良い未来の選択肢を探る占い」ではありません。

「いま」のカラダの声を訊く手段。

自分の内に意識を向けてください。


>自分が準備できてるかどうかだけなんだよなあ~


相性とは、リアルタイムで相対的に変化します。

自分が変われば、相性も変わります。



よく脈ナビをご体験頂いた方からね。


「ホントの自分の声が聴けました。」


って、ご感想を。

ありがとうございます。

けど、補足させてくださいね。


「ホントの自分」って?


アタマで損得勘定をした自分。

これは、「ニセモノの自分」?


カラダの声に従えば、ホントの自分?


じゃないよね(笑)


どちらも自分。

ホントの自分。



では、ホントの自分を見出すには?


そのヒントは、いつもの「中庸」に。


「足して2で割る中途半端な折衷案」


ではありません。



中庸って、「真ん中」だと思うでしょ?


はい、真ん中です(笑)


けど、真ん中は簡単には取れません。



両極性の一例として、「カラダ」と「アタマ」。


まなブログ


アタマの論理的、科学的、物質的思考を重視。

目に見える世界だけを信じる。


カラダの本能的、直観的、エネルギー的感覚を軽視。

目に見えない世界は信じない。


まなブログ


これだとね。

真ん中がどこかわかりません。


アタマとカラダ。

論理的と本能的。

見える世界と見えない世界。


両極を知る。

受け容れる。

腑に落とす。


まなブログ


両端がわからないとね。

真ん中が取れないんです。


バランスの取れた真ん中。

調和した立ち位置。

それが中庸。


「カラダの声」だけ重視してもね。

シーソーで云えば、平衡に釣り合わない。


どちらか一極だけに偏るとね。

必ず抑圧した対極が水面下で大きくなる。

コンプレックスとしてね。



中庸とは、真ん中です。

けど、真ん中を取るにはね。

両極を知らなければならない。


つまり、端から端まで。

全体でもあるわけです。


真ん中でもあり、全体でもある。



陰陽で云えばね。

陰陽の中間「平(へい)」でもあり。

陰陽全体、つまり、「太極」でもあります。


五行では、同じことを「土」とシンボル化。


中庸=土=太極


同じことをね。

異なる表現で伝えているだけ。



「ホントの自分」とは?


アタマで考えた自分も。

カラダで感じた自分も。

すべて「ホントの自分」。



笠原さんがfacebookでのコメントでね。


>未来を選択するのは
占いでも 脈ナビでも ついでに五行でもなく !!
>あなた ですー!



そう、その「あなた」ですよ。


けど、両極を知った「あなた」ですか?


アタマで損得勘定だけして決めてませんか?


だったら、脈ナビでも、筋反射テストでも、瞑想でも。

カラダの声も訊いてみませんか?


それがバランスの取れた中庸を知るためのプロセス。


現代人は、アタマでっかちになりがち。

だから、カラダの声を訊く手段がオススメ。


でも、やたらとアタマを否定してね。

「カラダの感覚だけが正しい」というのもバランスが悪い。



ヒトは本来ね。

バランスの悪いことにはね。

違和感を感じられるセンサーを備えているはず。


時々ね。


「添加物、保存料の入った食品って、カラダに悪いんですよね?」

「生命を脅かす原発への反対に署名してくれませんか?」

「若者を戦地に送り込ませる憲法改悪に反対しましょう。」


なんてこと云われたり、耳にしたり。


それ自体に良いも悪いもありません。

「選択」です。

ご本人の自由。


私も選択します。



けど、一極に偏っている方ってね。

対極の意見に耳を傾けません。

頭ごなしに否定する、反論する、攻撃する。


見分け方は簡単。

「正しい」

「間違っている」

が口グセだから。


絶対的に「正しい」「間違っている」なんてありません。

その方の尺度で計っただけ。


そこにバランスの悪さ、違和感を感じるわけです。

振り切ってしまいかねない「あやうさ」でしょうね。




さて、あなたが許せないことは?


それこそ、中庸に至るためのパスポートかもしれませんね。



目に見える世界しか信じられない方にこそ。

脈ナビ、経絡ストレッチを体験して頂きたい。

伝わりました?



では、今宵はこのあたりで。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。