まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

「うーん」と考え込む私に。

 

 

「じわーって、やっていたら気づけました。」

 

岩手県にお住まいの川村美宇(みう)さん。

先日、東京でどぅる~んタッチセミナーにご参加。

 

 

「よく考え込んでしまうんです。」

 

五行でいう「ぎゅ~っ」の「水」気が旺盛だからね。

つい思考が意識を内に向けちゃいます。

 

 

「水」気は、陰のエネルギーだからね。

内に、下に。

過剰になると、深くて重い。

 

はい、定番の法則。

 

「気は意識に導かれ、血(けつ)は気に導かれる。」

 

「意識」は、「イメージ」と読み替えても。

「血」は、血液じゃなくて、「物理化した肉体のすべて」ね。

 

思考で生み出した「ぎゅ~っ」と考え込むイメージ。

イメージが気を導いて、血(肉体)も導くからね。

 

深く、重く。

胸がぎゅ~っと締まって、みぞおちが重くなっちゃう。

 

 

「わかってるんですけどね~。」

 

「だろうね~。」

 

「どうすれば、思考を手放せるんですか?」

 

 

はい、そこ、そこ。

 

「どうすれば?」

 

これ、思考の産物。

 

「どうすれば?=ただいま思考の真っ最中です」

 

思考で思考を手放すのは、無理だよね(笑)

 

 

今年の夏からね。

どぅる~んタッチセミナーでね。

毎回、ホワイトボードに描いている図があるの。

 

 

「どぅる~ん」って、脳波でいえばね。

θ波、⊿波が旺盛な状態。

 

脳波って、「いま、あなたの脳波は◯Hz」とかじゃなくてね。

 

「β波がこれぐらい、α波はこれぐらい」

 

ってかんじで、各帯域の出力を示すかんじみたい。

よおわからんけど(笑)

 

 

私、セミナーでは「どぅる~ん」しながら、説明しているのね。

こんな時って、θ波とβ波が両方出力アップしてるのかもなって。

測定してないから、知らん(笑)

 

この図も客観的事実を示すためではなくてね。

主観的感性で自己暗示にかけるためだから(笑)

それっぽかったら、いいの。

 

 

普段、まともに仕事している時。

「思考」モードでしょ。

脳波はβ波が旺盛。

 

θ波は、浅い眠りや無意識で行動している時。

 

 

例えば、包丁で具材を切る動作。

毎日、お料理されてる方なら、無意識で「θ波斬り」。

慣れてない私なら、指を切らないように意識して「β波斬り」。

 

θ波でやったほうが疲れないよね。

無意識に自動操縦してもらうかんじ。

 

無意識が主役だからね。

考えられないの。

「観じる」しかできません。

 

 

考えられないんだったら、答えが出ないのでは?

 

大丈夫。

考えられないかわりにね。

直観でピピッとくるから。

「ひらめく」とか、「おりてくる」とか。

 

 

考えることを手放してね。

無意識の自動操縦にゆだねるの。

 

無意識の表現手段は、「快」「不快」。

身体感覚です。

 

まず、感覚が生じてね。

あとから、思考が言語化してくれます。

 

 

かくいう私も最近、気づいたばかり。

油断すると、思考が主役。

だって、40年以上、主役だったんだもん(笑)

 

「どぅる~ん」としている時って。

セミナーやセッションだけかなあ~。

アカンやん(笑)

 

 

美宇さんも思考が主役。

 

「でも、どうすればθ波に?」

 

だから、「どうすれば?」じゃないって(笑)

 

 

「手を出してください。」

 

で、私が「どぅる~ん」のθ波の意識でタッチ。

 

「なんか意識がほわーっとしてきました。」

 

そう、まともに考えられなくなるの。

θ波で同調されるとね。

自分もθ波にコピペされるから。

 

この「やり方」が考えられないθ波の状態でね。

そうありたい「あり方」をイメージで先取りするの。

まず、身体感覚で再現するってこと。

 

 

「再現」ってことはね。

「過去の体感の中から」ってこと。

 

体感したことのないことは、イメージできないの。

 

 

はい、再び登場。

 

「気は意識に導かれ、血は気に導かれる。」

 

イメージ(意識)できないと、気も導けない。

ってことは、「血(物理化、現象化)」も導けない。

この場合は、「身体感覚で再現できない」に。

 

 

例えば、「リラックス」を伝える場合。

 

Aさん「リラックスしてね。」

 

Bさん「はい、リラックスするね。」

 

言葉では伝わりました。

けど、身体感覚で再現するとね。

AさんとBさんの「リラックス」は全然違う。

 

思考では理解したけどね。

感覚は伝わってません。

 

 

だから、先に感覚を伝えるの。

 

「こんなかんじ。」

 

「なるほど、こんなかんじね。」

 

これで大丈夫な人たちって、いるでしょ(笑)

いわゆる「感覚派」ね。

 

すると、「この感覚をどうすれば再現できるか?」って考えなくてもね。

体感すると、コピペできちゃうの。

ただ、「再現する」って決めるだけで。

 

 

「習うより慣れろ」

 

って、

 

「思考で学ぶより、感覚で再現しろ」

 

ってことかも。

 

 

つまり、「伝わる」とは、

 

「身体感覚を共有すること」

 

かもね~。

 

 

で、美宇さんにね。

何か「そうなりたい」課題があるならね。

 

「先に『そうなった』状態を身体感覚で再現したら?」

 

って。

 

 

「実は、好きな人の前では素の自分を出せないんです。」

 

うん、意識しちゃって、そうなるよね(笑)

 

「でも、好きな人の前だからこそ、素の自分でいたいんです。」

 

それもよくわかる。

 

で、後日、自分でチャレンジされたの。

「身体感覚であり方を再現する」を。

そのレポートがこちら。

 

 

-以下、引用-

 

 

無意識の前提(固定観念や畏れ)のlockを外す『体感』というヒント!

ありがとうございます。 

恐ろしい前提に気づけました。
 

 

いまは、ファスティングしていて、内側の声が聞きとりやすい感じです。

 

最近、発作でもないのに気管支というか、喉の奥が狭くてしまってる感じで。

なんだろーなーって。

子供の頃の喘息で苦しくてつらい体感。

でも、その時だけ母に1番に愛してもらえて心地いい。
 

「似てる!いや、同じだ!」

ってなりました。


大人になって、喘息が治ってからも
同じ体感を、ずーっと何度も繰り返していて。

『私が、愛してる人(母)から1番に愛されたい。』
『私は、愛してる人(母)から1番に愛されるのが怖い。』

って!!!なんじゃそりゃ。
な、相反する前提に気づけました!!!

友人に素をさらけ出せるのは、「嫌われるかも」を受け入れているから。
「嫌われてもいいや」

「縁があるならまた繋がる」
と、手放せているから。

私が恋愛的に好きな人に素を出せないのは、
 

「私があなたのこと好きで愛しているんだから、絶対に嫌われたくない」
 

と、ぎゅーって固く握り締めて執着しているから。


「1番になりたいのに1番になりたくない。怖い。」

という訳のわからない縛りと前提とが相まって現実化しているかと思うと、ゾッとします。

1番に愛されているなら自分はどう在るかを、
「眺める」「感じる」「じわー」って、やっていたら気づけました。

 

マイペースでlock解除します。

 

 

-以上ー

 

 

美宇さん、スゴーい。

 

「どうありたいか?」

 

を身体感覚で再現したらね。

 

「そうなりたくない」

 

執着を握り締めている自分に気づいちゃった。

 

 

「やり方」

 

を考える前に

 

「あり方」

 

を身体感覚で先取りする。

 

 

これ、私の最近のテーマ。

 

「こういう身体感覚を再現すると、こういう現象が起こりやすい。」

 

その相関性を明らかにしていく。

 

 

だから、セミナーやセッションも

 

「こんなかんじ」

 

でお伝えします(笑)

 

もちろん、言葉も使いますよ。

イメージをサポートするために。

 

 

思考派だけどね。

感覚派に「も」なりたいあなた。

 

この「も」が大事です。

 

「感覚派になりたい」だとね。

思考派であることを否定してね。

感覚派に「ならないといけない」になるから。

 

私もしょっちゅう「も」が抜けてね。

自分を追い込んでます(笑)

 

激しく同意のあなた。

一緒に卒業しましょう。

 

 

【 直近のセミナー開催予定 】

 

すべて開催時間は10時から17時。

参加費は、20,000円です。

 

< 東京都中央区 > お申込みは谷田まで

・10月14日(土) どぅる~んセッション実践

 

< 東京都渋谷区 > 詳しくはこちら
・10月15日(日) 「イメージでカラダを動かそう」コラボ

 

< 大阪府堺市 > お申込みは谷田まで

・10月18日(水) 陰陽五行 基礎編

 

< 神奈川県大和市 > お申込みは主催者大畑江里さんまで 

・10月22日(日) どぅる~んタッチ

 

宛先: lokahi.eri@gmail.com ※facebookメッセージでも可

・件名:「どぅる~んタッチセミナー申込み」

(1)お名前(ふりがな) (2)ご連絡先電話番号 (3)ご連絡先アドレス

 

< 名古屋市緑区 > お申込みはこちら

・10月30日(月) どぅる~んタッチ

・10月31日(日) どぅる~んセッション実践

 

< 大阪市北区 > お申込みは谷田まで

・11月12日(日) 陰陽五行 基礎編

 

※「お申込みは谷田まで」のセミナーは、以下のアドレス宛に送信願います。

 

宛先: tanida@389navi.com

・件名:「(セミナー名)申込み」

(1)お名前(ふりがな) (2)ご連絡先電話番号 (3)ご連絡先アドレス

 

以上

 

 

「どぅる~ん」って、何だろ?

気になるけど、怪しい。

 

はい、怪しいまま、体感してください(笑)

 

 

 

では、今宵はこのあたりで。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』の谷田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「気づき」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。