まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

頑張るほどにうまくいかない私に。

 

 

 

「えっ、脱ぐんですか?」

 

 

愛知県のカメラマン藤田コージさん。

ニックネーム『ミクさん』。

ボーカロイドの初音ミクのファンだから(笑)

 

 

先日、陰陽五行での人の観方をご案内したらね。

 

「私は、五行で言えば何ですか?」

 

 

これまで五行ネタを読んで頂いてきたあなた。

おわかりになりますか?

五行のある気がテンコ盛りに溢れてるんですけど(笑)

 

 

はい、おさらいね。

人において五行の各気が旺盛な場合、相手から受ける印象ね。

 

・「木」 → のびやか

・「火」 → はなやか

・「土」 → おだやか

・「金」 → きよらか

・「水」 → しなやか

 

ただし、中庸な場合ね。

 

ちなみに、過剰に実した場合は、こちら。

 

・「木」 → イライラ、せっかち、行き当たりばったり

・「火」 → 見栄っぱり、大げさ、チョー感覚的

・「土」 → 優柔不断、人の顔色をうかがう、甘えん坊

・「金」 → ねばならない、神経質、正義感をふりかざす

・「水」 → 頑固、マニアック、陰湿

 

さらに、不足して虚した場合は、こちら。

 

・「木」 → やる気が起きない、腰が重い、変化を嫌う

・「火」 → 投げやり、人と会いたくない、覇気がない

・「土」 → 思いやりに欠ける、自分勝手

・「金」 → だらしない、ルーズ、節操がない

・「水」 → つかみどころがない、芯がなく流される

 

いつも言ってるけどね。

これ、丸暗記しちゃダメよ。

実践で活かせないから。

 

五行は見えない気の矢印だからね。

肉体に作用したら?

心理に作用したら?

っていう風に毎回イメージしてね。

 

 

はい、答えはこちら。

ミクさん、マジ「土」。

 

見た目からして、「おだやか」でしょ。

「柔らかい」作用をもたらすのが「土」の気。

人だけでなく、物質も。

 

均(なら)すエネルギーだからね。

顔も平らに均されます。


四角、平面、鼻が大きい。

 

これが「土」の三要素。

で、柔らかく、穏やかな印象。

 

 

「土」の気をよく使うからね。

「土」の気を補いたくなるの。

 

だから、「甘い」モノが大好き。

自称『ソフト部部長』。

ソフトクリームの食べ歩きね。

 

 

調和のエネルギーでもあるからね。

争いゴトを嫌い、場の空気を読む。

 

 

また、「土」とは「全体」であるからね。

出来杉くんからジャイアンまで友達になれる多様性が。

 

「土」が旺盛過ぎるとね。

あまりにも自分の多面性に訳わからなくなってね。

 

「自分がないように思うんです。」

 

「ない」んじゃないんです。

すべて「ある」んです。

 

すべてがあるだけにね。

どれかを選んで、どれかを捨てることができない。

結果、迷い、決断に時間がかかります。

 

 

けど、中庸に一番近いのが「土」。

中庸とは、「真ん中」じゃないよ。

 

「真ん中であり、全体である」

 

ことだよ。

両方満たして「中庸」であり、「土」。

 

 

「なるほど~、めちゃ納得です。」

 

マジ「土」だからね(笑)

ご自分の「あり方」を知るヒントにしてもらえれば。

 

 

多様性、全体性かあ~。

 

そう言えば、カメラマンのお仕事ってね。

その人の「イイ表情」を撮るよね。

プロフィール写真とか。

 

「笑顔や真面目な表情以外って撮られたことは?」

 

「う~ん、仕事ではなかなかないですね。」

 

 

そうだ。

怒りとか、悲しみとか。

自分の多様な表情をプロのカメラマンに撮ってもらうって?

 

はい、こういう思いつきは、ワクワクの「木」気(笑)

子どもの茶目っ気ね。

 

 

「それ、おもしろそうですね。やりましょう。」

 

さすがミクさん。

「土」の寛容性(笑)

三河安城のスタジオで撮ってもらっちゃった。

 

 

「上半身、裸になりましょうか。」

 

「えっ、脱ぐんですか?」

 

「躍動感が出ますから。」

 

ふーん、さすがプロだなあ。

はい、喜んで。

『脱がせ屋ミクさん』だ(笑)

 

 

「木」気や「火」気が旺盛な人はね。

意識が外向きで開放的だからね。

服を脱ぐのは好きなの。

 

「木」は、衣服で束縛されるのが嫌いだから脱ぎたい。

「火」は、ぱぁーっと気分が開放されたいから脱ぎたい。

ビミョーに違うかも。

 

こんなの本に載ってないよ。

気の「矢印の向き」だけをもとにね。

イメージで考えてるの。

 

だから、暗記しちゃダメなの。

それで完結しちゃうから。

 

 

はい、撮ってもらった写真は、こちら。

 

 

これ、俺?

こんな表情するんだなあ~。

 

怒りシリーズは、躍動してる。

生きてるってかんじ。

 

悲しみシリーズは、モノクロで。

しんみりだなあ。

 

普段、こんな表情してないよなあ。

生命としての躍動を理性でフタしてる。

 

ミクさんに切り撮ってもらってわかった。

自分が感じきっていない「自分」。

もっとしっかり味わおう。

 

ミクさん、よくぞ素敵に切り撮って頂いて、ありがとうございます。

さすがプロのお仕事。

 

ミクさんに撮ってもらいあなた。

 

info@sridact.com

 

こちらへ連絡してね。

 

 

そうそう、撮られるのもおもしろかった。

 

「怒ろう」とすると芝居臭くなるでしょ。

カラダの表面が緊張して固くなってね。

静止画みたいに動きがなくなる。

 

怒りが湧いてくることをイメージしたの。

肚の底からフツフツとね。

ブラックなエネルギー、来たきたーっ。

客観視するかんじかな。

 

意識的にそうなろうとするよりね。

イメージにゆだねて客観視するの。

 

 

これ、セミナーでもよく言ってるの。

丹田に気を満たす時ってね。

 

意識的に「集める」とムリなんだなあ。

間違えて、腹筋に力が入っちゃうの。

カラダの表面が固く緊張してね。

この時点で、丹田は抜けてます。

 

 

肚の中心に気が「集まる」イメージにゆだねる。

身体感覚を観じながらもね。

他人ゴトみたいに客観視するの。

 

守護霊みたいに俯瞰。

主観と客観を同時にする。

 

するとね。

腹筋を触っても柔らかいの。

 

さらに、グーッと押すとね。

お腹の奥のほうに力が満ちて、弾力的に跳ね返す力を感じるの。

はい、丹田に気が満ちてます。

 

気を「集める」のではなく、「集まる」イメージにゆだねる。

 

これ、丹田だけでなくてね。

日常の動作、すべて同じ。

 

 

例えば、「握手」を例にあげるとね。

 

握手して、意識的に相手と「つなげる」人ってね。

親指、人差し指側に力が入ってるの。

 

筋力は強いけどね。

「我」も強く観じます。

 

握手だけでなくね。

親指、人差し指側に意識が向くと、我が出る。

我が出てる人は、親指、人差し指側に力が入る。

 

我を出されると、こちらも我が出ます。

「個」として分離。

対立を生みやすい。

 

 

「この人も『わたし』だ。」

 

相手の肉体も『わたし』としてね。

「つながる」イメージにゆだねる。

 

相手と同調して握手するとね。

小指側に意識が向くの。

 

で、手を握られたかんじじゃなくてね。

カラダ全体がつながって、ひとつになるの。

 

我が出ないからね。

相手との境界が曖昧に感じるの。

 

「全体」として融合。

一体感を生みやすい。

 

 

意識的に「つなげる」とね。

筋力が局所に集中。

 

イメージで「つながる」とね。

気が全体に循環。

 

 

だから、握手しただけでわかるの。

その人の「あり方」が。

 

ガンガン直線的に攻めてくる人。

腰が引けて遠慮がちな人。

 

「あり方」がそうだってことはね。

握手以外でもすべてそうだってこと。

 

 

握手って、相手と「つながる」ための動作だよね。

なのに頑張って力を入れて「つなげる」ほどに我が出てね。

結果、対立しやすい。

 

手の動きを意識せず、イメージにゆだねたほうがね。

結局、相手とひとつに「つながる」ことに。

 

これ、握手だけじゃなく、生き方すべてに通じるな。

頑張るほどにうまくいかないのはね。

我が出て、周囲と分離するからかもね。

 


握手も五行で観るとね。

 

・「木」 → 直線的で押しが強い

・「火」 → 手のひらに丸みがあり、広げて包み込む

・「土」 → やわらかく、密着する

・「金」 → きゅっと締まって表面が固い

・「水」 → ぎゅ~っと深く、内に響く

 

テキトーだよ(笑)

自分でその気を発して握手したら、どんなかんじになるかってこと。

だから、握手でも相手の気を陰陽や五行で表現できるの。

 

 

例えば、面長で背が高い人なら、「木」気旺盛。

直線的な握手だろうなって。

 

もし、そうじゃなくて、弱々しかったら?

「金剋木」で抑えられてるのかも。

「きゅっ」の「金」が過剰でね。

何か「ねばならない」を抱えてるのかなあって。

 

 

何気ない日常動作からね。

「あり方」がわかります。

 

逆に動作を調えることでね。

「あり方」を調えることも。

 

キーワードは、

 

「イメージでカラダを動かす」。

 

今度、コラボセミナーでやっちゃいます。

東京、渋谷でね。

 

パーソナルトレーナーの今野拓也さんと。

過去記事でも登場されたでしょ。

 

立つ、座るなどの日常動作。

イメージを使って、もっと楽にカラダを動かす方法。

拓也さんがご案内。

 

私は、動きから観じる心の特徴を。

ただ観て言うだけ。

楽させてもらお(笑)

 

そうそう、力を「入れる」と「入る」の違いもね。

これ、体感してもらうと何にでも応用できちゃう。

疲れにくく、パフォーマンスもあがるよ。

 

はい、ピピッと来られたあなたは、こちら。

 

 

< コラボセミナー「イメージでカラダを動かそう」 in 渋谷 >

 

 

1.日時

 

平成29年10月15日(日)10~17時 ※昼休憩1時間含む

 

 

2.場所

 

東京都渋谷区某所 ※詳細はお申込み受付後にご案内。

 

 

3.定員

 

10名

 

 

4.参加費

 

20,000円

 

 

5.内容

 

(1)「立つ」「座る」を変えてみよう

(2)「片足立ち」をピタッと決めてみよう

(3)力を「入れる」と「入る」を感じてみよう

(4)満員電車から降りてみよう

(5)カラダのくせからココロのくせを読み取ってみよう

(6)(5)を陰陽五行で紐解いてみよう

 

 

6.お申込方法

 

主催者今野拓也さんのこちらのサイトより

 

 

以上

 

 

こんなこと、書いちゃったら、私と握手できないよね(笑)

 

気にせず、してね。

「ふーん」って顔して、ニヤニヤするから(笑)

 

 

 

では、今宵はこのあたりで。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』の谷田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。