まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

つい訊きたくなる私に。

 

 


「訊いてどうされますか?」

 

先日の続きです。

仕事に行っても恐怖を感じなくなられたUさん。

 

セッション翌日は、イイかんじだったみたい。

その後は、どうかな?

 

>2日経ち、不意に若干の恐怖感が出たりはしますが、総じて良い感じです。
>なかなかコミュニケーションに苦戦してた選手に対しても毅然と言え、また対立して揉めることなく丸く収まりつつあります。

>スタッフ間はどちらかというと、余計な気遣いや罪悪感がなくなった分、以前よりも意図的な関わりが減ってます。
>しかし、関係は問題なく、むしろ良くなってるように感じます。

 

 

うん、ひと安心。

その調子。

 

けど、そこからお試しが始まります。

私への(笑)

 

 

>質問があるのですが、

 

>僕は先生にお会いした時点と、セッション終了後、陰陽五行で言えばどのような状態だったのでしょうか?

>また、先天的にはどのようなバランスなのでしょうか?

 

 

ああ、なるほど。
過去記事でも時々書いてたしね。

じゃあ、記事に盛り込みましょうか。

 

 

>ありがとうございます。
>ちなみに、先天的には「木」はあまり強くないでしょうか?
>父は眉毛長いです。

 

 

「金」気が旺盛だと私に連呼されたからね。

「木」気にいいイメージを持っておられるのだろうな。

 

 

>その辺りのバランスもブログで解説頂けたら、ありがたいです。

>僕に触れて、先生がどう観じられたかも知りたいです。

 

 

はい、わかりました。

できるだけ、反映します。

 

 

>今日はこれから試合です。

>午前中の練習では意識が外向きでしたが、今は内向きです。

>内向きでありたい時でも、意識的に外向きにする必要はあるでしょうか?


意識的に外向きにするから、内向きになってバランスをとろうとするんだろうな。
俺と一緒だ(笑)

 

「外向き=陽気でgood」

「内向き=陰気でbad」

 

って固定観念を持っちゃってそう。

 

両方ないとバランスとれないから。

バランスがとれないことが不調和。

 


>なるほど、了解しました。
>確かに「内向き」に良くないイメージを持ってました。

 

 

でしょ~。

 

 

>外向き内向きをTPOに応じて発揮できたら良いなと思いました。

>飲み会のタイミングでは外向きになって欲しいというように。
>その場にあった方向には必ずしもならないということですよね?

 

 

そうやって、コントロールしたくなる時点で思い通りになりません。

 

 

>もう1つ伺いたいのですが、近々仕事上の飲み会があります。

>個人的にはあまり行きたくないのですが、クラブのスタッフとして、行かないとまずいかな〜という状況です。
>行く義務はないけど、暗黙的な部分もあるかと思います。

 

 

はあ、いろいろあるのね。

質問ばかりで、ちょっと疲れてきたなあ。

 

で、最後の一文でダメ押し。

 

 

>谷田先生は、どのように思われますか?

 

 

もうね。

「たはぁーっ」ってかんじ。

それ、俺に訊く?

 

 

揺り戻しなんだろうね。

 

「どうするのが正しいか?」

 

だけで生きてこられたからね。

 

「どうしたいか?」

 

へ急に変化したから、不安になるんだろうね。

セッション2日後から、質問攻め。

 

 

当初は、まあ、不安なんだろうなって。

それなりにお答えしてたけどね。

さすがにそればかり続くとツラいよね。

 

段々、テンションが下がってきてね。

次第にイライラしてきてね。

最後の「谷田先生は、どのように思われますか?」で打ち止め。

 

 

で、Uさんにお伝えしたの。

「訊いてどうされますか?」

 

何を言ったところで安心されることはありません。

 

「これでいいですか?」

 

質問を連呼する人はね。

自分で決められないだけ。

 

決める覚悟がないからね。

誰かに決めてもらうの。

 

 

訊かれたこちらはね。

それなりに考えるのよ、真剣に。

セッションと同じ姿勢で。

 

でも、それなりの労力を使って回答してもね。

 

「はあ、そうですか。参考になりました。」

 

ってかんじで、素直に受け取ることがないのね。

 

「やり方」を訊いているようでね。

「あり方」が不安なのをシェアしてほしいだけ。

 

「やり方」を真剣に考えて回答するほどにね。

もれなく、やるせない徒労感を味わえます。

もう何度も過去に体験済み(笑)

 

 

だから、そろそろ卒業しろよって。

私へのお試しなんだよ。

Uさんじゃないよ、私のお題だよ(笑)

 

また、卒業できる準備ができたからね。

いま目の前に現象化しているとも。

 

 

「ハラの自分を観じる」

 

って、セッションでUさんに連呼してたからね(笑)

 

「ハラの自分=観じる自分」

 

どう観じたかを伝えよう。

 

 

けど、これまで私は言えなかったの。

相手に嫌われるのがコワイから。

 

内心ムカッと来てもね。

抑えてたなあ~。

お客さんだから仕方ないって。

 

けど、自分でもわかってた。

仕事を言い訳にしてるだけ。

仕事以外でもコワイもん。

嫌われるのが。

 

だけど、今回は言おう。

観じたことを伝えよう。

 

伝えるだけね。

 

「私はこう言われて、こう観じました。」

 

ただ、それだけ。

 

 

「あなたは間違ってるから、こうしなさい。」

 

って、相手を裁いて変えようとしてもムダ。

したくなるけどね。

時々、反射的にしてるけどね(笑)

 

「盛り上がる」こと、確実だから。

血の気が多い方は、どうぞ(笑)

 

 

ビビりだから、勇気を出してね。

Uさんにお伝えしたの。

 

-以下、引用-

 

結局、そのような質問をされるということは、まだ「どうするのが正しいのか?」を基準にされているからではないですか?

「どうしたいか?」を基準にされている場合、誰かに訊いたりしませんから。
問いかける対象が自分だからです。
しかも、アタマの自分ではなく、ハラの自分です。
つまり、考えても無駄で観じるしかないのです。

 

セッション後も何度も私に質問されるのは、「これで正しいのでしょうか?」と保証してほしいからではないですか?
それでうまくいかない場合、私のせいにしたくなりませんか? 

 

また、こちらは、セッションを有料の仕事にしている者です。

料金はセッションの時間内が対象であることを認識されてください。

質問の内容が有意義であれば、私も心地よくお答えします。

しかし、「これでただしいですか?」「答えを教えて下さい」という質問ばかりでは嬉しくありません。


 「では、どうすればいいのですか?」と質問したくなりそうですが、「あり方」が変わっていないから、さらに相手を不快にさせることに気づいてくださいね。

 

-引用、以上-

 

 

どう、キツい?
フツー?

私としては、思い切ったのよ(笑)

 

「私も同じことしてます」

って意識でお伝えしました。

 

 

質問される方は、お気軽にね。

 

「ちょこっとお願いします。」

 

ってかんじだろうけど。

 

それを生業にしている人にね。

「ちょこっと」は、ダメだよ。

 

けど、私もやってるな(笑)

 

 

すると、Uさんから、

 

>おっしゃるとおり、自分に確信が欲しいのだと思います。

>まだまだ自分に起きた現象を解釈しきれていない、知りたいという思いから、不快な思いをさせてしまいました。
>本当に申し訳ございません。
>図々しいですが、返信頂いた内容、ありがたいです。
>大変失礼致しましたが、感謝しています。

 

 

受け取ってくれて、嬉しいね。

その後、質問攻めはなくなりました(笑)

 

 

「聴いてください。」

 

「どうされました?」

 

「セッションを受けるまでチームが連敗してたんです。」

 

「ほお」

 

「それがセッション後、連勝負けなしで。」

 

「スゴーい。」

 

 

こういう嬉しいメッセージなら、大歓迎。

 

 

>試合に対する意識も変わりました。
>これまでは、負けたら自分たちの責任。
>勝ってもほっと安心するだけ。

 

>ところが、あれから選手と「一緒に」闘っている感覚が強くなりました。

>一歩引いていたところから。

>一緒だから選手が近く感じます。

>ともに闘っている彼らと共鳴し始めたら、選手の動きがより見えるようになってきました。
 

 

おおっ、それは嬉しいなあ。

けど、最後のこのひと言。

 

 

>まだ少しですが、変化しているようです。

 

 

ってことは、「変化していない」と感じられることもたくさんあるってこと。

 

また、元に戻りそうな不安はありますか?

 

 

>正直あります。

>やっぱり「やり方」を変えないと限界があるなって。

 

 

なるほど、そうでしたか。

これまでずっと「やり方」で生きてこられましたからね。

急に「あり方」にシフトするのも難しいよね。

私自身もそうだから(笑)

 

 

>で、昨日、あらためてあきらめたんですよ(笑)

>そしたら、今日、なんか知らんけど、「一番この人無理だな」って思っていたスタッフから話しかけられて。
>なんか協力して仕事ができました(笑)
>相手の気まぐれかもしれませんが。

 

 

ほお~、大きな変化じゃないですか。

「相手の気まぐれ」なんかじゃないですよ(笑)

Uさん自身の「あり方」に変化があったはず。

 

「あらためて、あきらめた」からだろうな。

そのきっけかって、なんだろ?

 

 

>また、元に戻るのではと恐れを感じることもあります。

>ただ、以前は恐れだけでしたが、最近、怒りも感じてきました。

>ウザいなと(笑)

 

 

ああ、これ、これ。

ここ、大事。

 

怒りを感じられるってことは、アタマではありません。

ムネやハラで感じてる証拠。

 

恐れも抑え続けてきたUさん。

怒りなんて感じてることさえ、わからなかった。

 

恐れも怒りも抑えると大きくなります。

エネルギーだからね。

溜めたら大きくなるよね。

 

で、許容範囲を超えて爆発するとつらいよね。

エネルギーの表現方法として、嬉しくないことが多い。

 

 

恐れも怒りもただ感じればいい。

それで抜けていくから。

 

主観的に恐れや怒りを感じる自分とね。

客観的にその自分を冷静に観ている自分と。

流れる雲をボーッと観るように。

 

その恐れや怒りの感覚さえね。

不快だけど、「悪いこと」ではありません。

 

ってことをお伝えしたらね。

 

 

>あっ、先生!

 

 

何かピンときたの?

 

 

>今日、あきらめて恐怖を感じまくってました。

>味わってました(笑)

 

>うまくいったのは、その後です。

 

 

ほら~、やっぱり(笑)

Uさんがそれを腑に落とされることが大事。

 

ただ、感じて味わったら、気が通るの。

結果的にうまくいく。

 

それを繰り返しているうちにね。

「そうかもなあ~」っていう疑念がね。

「そうなる」っていう確信に。

 

ああ、ほんと俺に必要なことばかりだ(笑)

 

 

>今のお話をうかがって、頭がスッキリしました!

>だから、「自ずから」であり、「ゆだねる」ということなのですね。

>そう考えると、これまでかなり抵抗していました(笑)

 

>体感して味わいました。
>成功体験の前例ができました。

>今後はやっと信頼できそうです(笑)

 

 

はい、お互いにね。

ビビりながら、ゆらぎながらで(笑)

 

今回の続編記事ね。

 

「嫌われるのを覚悟で本音を伝えたら受け取ってもらえた」

 

ってかんじで書こうとしてたけど、

 

「『いま』を感じたら、自ずと心地よい現象が起こった」

 

ってかんじかも。
 

 

「嫌われるのがコワイ」

 

誰に?

 

一見、目の前の相手のように思えるけどね。

ほんとは、「ハラの自分」なんだろな。

 

 

「いま、どう観じているか?」

 

というハラの感覚を無視するとね。

 

ハラの自分に嫌われるの。

アタマの自分が。

 

それが外の世界に投影されるとね。

目の前の相手に嫌われるのが怖いように思える。

 

だから、ただ味わえばいいだけ。

味わってもらったハラの自分は、ご機嫌だからね。

いわゆる「気が通った」あり方になる。

 

すると、「気が通った」ような心地よい現象が起こる。


 

「どうしようか?」

 

 

を考える前に

 

 

「どう感じてるか?」

 

 

を味わうのが先かもね。

 

 

Uさんが意識されてる「内向き」「外向き」で表現するとね。

 

「内向きに感じ、外向きに伝える。」

 

ってところかな。

 

 

あっ、わかった。

 

 

「感じてない」

 

 

から

 

 

「訊きたくなる」

 

 

んだ。

 

「どうすれば、いいですか?」

 

って。

 

 

訊いてる、訊いてる。

俺も訊いてるわ(笑)

 

うん、腑に落ちた。

Uさん、ありがとう。

俺のためのセッションじゃないか(笑)

 

 

そうそう、今回のようにね。
セッション後にご自分で気づきを深められることもあるのね。

次回の記事では、そんなお話を。

 


 

で、もうひとつ、ご案内。

 

最近の私のセッション。

怪しいやつね(笑)

 

「私もできるようになりたい」

 

ってご要望を頂いたのでね。

急遽、セミナーでお伝えしちゃいます。

 

 

基本は、どぅる~んタッチの応用。

「やり方」だけ真似してもうまくいきません。

 

相手と融合する「あり方」がポイント。

「やり方」は他の手段でも大丈夫。

 

どぅる~んタッチ未受講の方でもOK。

まずはタッチの基本をご案内します。

 

セラピスト以外の方でもOK。

同調する意識さえできれば、どなたでも大丈夫。

 

はい、ご案内はこちら。

 

 

< 「どぅる~ん」セッション実践セミナー in 名古屋 >

 

 

1.日時 

 

平成29年9月1日(金)10~17時 ※昼休憩1時間含む

 

 

2.場所

 

名古屋市内某所 ※申込受付時に詳細をご案内

 

 

3.定員

 

8名

 

 

4.参加費

 

20,000円

 

 

5.内容

 

・相手と意識を同調させる「どぅる~んタッチ」の基本をご案内。

・相手に「気になること」に意識を向けた時の感情、感覚を確認。
・そのエネルギーを解放した場合、どのような言葉を叫びたくなるかを確認。
・同じ感覚を経験した過去の年齢を意識を同調しながら、探り出す。

・その年齢で思い浮かぶ出来事を確認。

・そのシーンをイメージしてもらい、生じる感情、感覚を確認。

・同様にエネルギーを解放した場合、どのような言葉を叫びたくなるかを確認。
・上記を10歳以下まで繰り返す。
・最も幼少期の年齢の感情、感覚をイメージの中で解放する。
・現在の自分で当日の自分に声をかけ、癒やしを与える。
・各年齢の出来事に再び意識を向けた時、生じる感覚、感覚、解釈に変化が起こっているかを確認。
・現在の課題に対する感情、感覚、解釈の変化を確認。
・課題に対し、どのような「あり方」で接するかを確認。
・最後にどぅる~んタッチで気を通す。

・相手が身体感覚が楽になっていることを確認し、終了。

 

各工程を順にご案内。

その後、参加者さんどうしでセッションをしてもらいます。

 

 

6.申込方法

 

主催者日比野正春さんのこちらの申込フォームより

 

 

以上

 

 

今回のセミナー開催の目的はね。

 

私がセッションを受けたいから。

 

自分じゃできないんだよなあ~(笑)

 

 

 

では、今宵はこのあたりで。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』の谷田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。