まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

アタマで考えて選ぶ私に。

 

 

 

Mさんは、アートディレクター。

元大手広告代理店に勤められててね。

デザインだけでなく、コンセプトメイキングからプロモーションまで。

「伝わる」仕組みを考えてくれるプロフェッショナル。

 

昨年ご夫婦で地方にIターン。

気さくなお人柄でね。

積極的に地域行事にも参加。

いまでは、町や地域企業の依頼でお仕事がいっぱいに。

愛されてるなあ~。

 

 

先日、ご夫婦と昼食をともにする機会があってね。

注文が来る前の余興に脈ナビ。

脈の変化でカラダの声を聴くってやつね。

筋反射テストの脈バージョン。


デザイナーさんでもあるから、色との相性なんて、どうかな?

 

「へえ~、それはおもしろそうですね。」

 

 

実際、脈ナビセミナー応用編ではね。

色見本帳から脈の変化で五行に即した色を選んでもらいます。

 

例えば、見るとテンションがあがる「木」の色とかね。

まず、自分で色見本帳から候補を数枚選んでもらいます。

で、自分の脈を取りながらね。

ペアの人にその色見本のカードをさっと目の前に掲げてもらうの。

 

凝視せずにボーッと観じることがポイント。

観た瞬間に脈が変化するからね。

その変化を五行で観じてもらうの。

 

 

「木」とは、↑↑↑にあがる気の変化でしょ。

指に触れる拍動も下から突き上げてきます。

 

で、候補の中から一番「木」の変化をした色を選んでもらいます。

それがその人のその時の「木」の色ってこと。

 

常に変化してるからね。

あくまでその時だけ。

 

 

東洋哲学をちょっと学んだことのある方ならね。

「五行色体表」って知ってるでしょ?

 

4000年前のおじちゃんがね。

この世のすべての存在を対象にね。

各ジャンルごとに五行に分けたサンプル事例集。

 

で、「五色」っていう色シリーズもあるの。

 

・「木」 → 青

・「火」 → 赤

・「土」 → 黄

・「金」 → 白

・「水」 → 黒

 

鍼灸学校時代はね。

これ、そのまんま、丸暗記してたの。

 

「じゃあ、紫は?」

 

って突っ込まれたら困るよね(笑)

 

「そういうもんなの。」

「昔の人が決めたことだから。」

「東洋の気の世界って、曖昧なの。」

 

4000年前のおじちゃんのせいにしてたの。

これ、いつもの「OS違い」ね。

おじちゃん、ごめんなさい。

 

 

東洋哲学は、象徴の学問。

 

例えば、「木」の色の「青」。

この「青」さえも象徴。

ほんとの青とは、限らない。

 

東洋のOSの基準は、主観的感性。

その人が観てね。

気が「木」に変化する。

つまり、「テンションがあがる」のが「木」の色。

 

部分は全体をあらわす。

脈が「木」なら、心も「木」。

 

で、「木」って、春に旺盛な自然界の気の動きだからね。

春は、草木の緑を観たら、気分が昂揚しやすいでしょ。

だから、代表選手でシンボルとして「青」に。

お年寄りは緑のことを「あお」っていうでしょ。

 

 

五行色体表ってね。

当時のおじちゃんたちがね。

 

「まあ、このジャンルでいえば、こんなところが代表選手でしょ。」

 

っていうサンプル事例集。

そのまんま、鵜呑みにしてはイケません。

 

「あっ、その服、青ですね。」

「青は『木』の色ですから。」

「◯◯さんは、いま、気分を昂揚させたいのですね。」

 

これ、知識をもとに判断しています。

誰が学んでも同じ。

客観的事実に基づく西洋のOSね。

 

 

青でも落ち着いた青なら、気分は沈静化しない?

ディープブルーなら、「水」の変化をする人が多いと思うよ。

 

で、明るい青で「木」っぽくってもね。

ほんとに「木」の変化なのかは、観じてみないとわからない。

脈で観るのもあり。

ノータッチどぅる~んで意識を同調するのもあり。

 

いま、目の前の人の気の変化を肌で観じること。

主観的感性に基づく東洋のOS。

 

 

過去に開催した脈ナビセミナーではね。

白を観て、脈が「火」の変化をする方が。

「ぱぁ~っ」と気分が開放されるんだって。

 

本来、白は「きゅっ」と律する「金」の色。

だから、間違いの許されない医療現場は、白だよね。

お医者さんも看護師さんも白衣だし。

 

「金剋木」

 

「木」気旺盛なお子ちゃまは、剋されるからイヤがるよね。

だから。小児科はパステルカラーが多いでしょ。

 

その人にとってはね。

「火」の「赤」は、実際には白ってこと。

 

「赤」も方程式のxやyと同じ。

変数です。

何が代入されるかは、その時によって変化します。

 

 

私のブロク記事でね。

東洋哲学の用語で「」(かぎかっこ)がついてるのはね。

これは、象徴としての変数ですよってことね。

意識してたんだけど、気づいてくれた?(笑)

 

「赤」は、赤ではありません。

いま、その人が見て「ぱぁ~っ」と「火」の気が広がる色。

 

「怒」は、怒ることではありません。

「木」の心理で「のびのび」と上向きに気が動く感情のすべて。

 

「腎」は、腎臓ではありません。

人における「ぎゅ~っ」と「水」の気が作用する物理、生理、心理のすべて。

 

自然界全体では「ぎゅ~っ」という求心性の気の動きを「水」という。

人に限定すると「腎」に名前が変わるだけ。

「腎」=人における「水」。

 

 

また、熱く語ってしまった(笑)

いつもどおり、長文街道まっしぐら。

 

 

で、Mさんは、まだ五行セミナーとか受けてもらってないのでね。

「木」の色とかいってもわかんないから。

 

「リラックスできる色を探してみませんか?」

 

何をもって「リラックス」か?

脈を観ながら、同調した私がリラックスできるってこと。

どこまでも主観的感性でしょ(笑)

 

五行で言えば、「土」が旺盛で、次に「水」ってところかな。

 

 

で、さすがデザイナーさん。

スマホに色見本帳のアプリが入ってるの(笑)

スゴーい。

 

はい、じゃあ、始めましょう。

Mさんにスマホで候補の色を選んでもらって観てもらう。

私は、Mさんの手首の脈をとる。

で、その脈の変化からリラックスしているかを観じる。

 

この時、私はMさんがどんな色を見てるか、わかりません。

そのほうがいいの。

私の先入観が脈に影響するから。

 

「では、まず最初の色から。」

 

Mさんが、スマホのアプリでリラックスできそうな色を選択。

画面をボーッと見られています。

私はMさんの脈をチェック。

 

ああ、確かに脈が少しゆるんで弾力が生まれます。

けど、表面にスジ張った固さも観じられます。

 

五行の各要素を10段階で表現するなら、、

 

「木」3 「火」2 「土」6 「金」4 「水」3

 

もう少し「金」が抑えめで「水」が欲しいところ。

 

「では、次の色です。」

 

「木」2 「火」4 「土」5 「金」6 「水」4

 

ああ、これは違うな。

リラックスではなく、気力がみなぎって活性化してます。

これは、これでアリだけどね。

 

で、5つほど候補を出してもらったんだけどね。

どれも「金」気が出て、固さがあるの。

 

うーん、じゃあ、目線を変えよう。

奥さんに選んでもらおう。

Mさんがリラックスしそうな色を。

 

アタマで考えて選んじゃう人はね。

身近な人に感性で選んでもらったほうがヒットすることが。

 

「では、まずこの色を。」

 

どれどれ。

ああ、こっちのほうがやわらかい。

「金」気の固さが主張しない。

 

「木」4 「火」2 「土」7 「金」2 「水」5

 

「エーッ、この色はないですね。」

 

意外なMさん。

ご自分の選択肢になかった色。

拝見すると、パステルカラー。

 

「淡いパステルカラーって避けてきたんです。」

 

でも、これが今日一番のゆるんだ脈。

脈拍は生理現象。

気は、物理、生理、心理の共通言語。

カラダもココロも安らぐリラックスの色。

 

 

では、今度は奥さんに。

同じようにリラックスできる色を。

 

いくつか候補を選んでもらうけどね。

やっぱりMさんと同じ。

 

「リラックスというより活性化して元気ハツラツですね。」

 

じゃあ、目線を変えてMさんに選んでもらいましょう。

やってみるけど、まだ固さが残ります。

 

「じゃあ、『まさか』って色を選んでください。」

 

「まさか」でも選択肢に入るってことはね。

何か心のフックにひっかかるものがあるってこと。

 

「ああ、この色イイですね。」

 

ただ、もうちょっとだけ固さが残るなあ。

 

「それに近い色でもう少しやわらかそうな色を。」

 

「じゃあ、これかな?」

 

「・・・はい、コレですね。イイかんじのリラックスです。」

 

奥さんにとっても「まさか」の色。

東京時代は、バリバリのキャリアウーマン。

マーケティングや商品開発など、責任ある立場。

 

「一時期、黒やモノトーンばかり着てました。」

 

黒は求心性の「水」気旺盛になりやすい。

確かに集中しやすいかもね。

 

結局、ご夫婦ともどもね。

ご自分で選んだ色は、「リラックス」というより「活性化」。

少しばかり気合いが入る色ばかり。

 

 

実は、前夜。

ご夫婦ともども施術させて頂く機会があってね。

張り詰めてこらえておられた感情をリリース。

田舎でのんびり暮らしているはずなのに。

意外にたまってたんだなあ~って。

 

確かに自然は美しい。

時間の流れもゆったり。

 

けど、そこは保守的なムラ社会。

人情も深いけどね。

地縁血縁も深い。

 

昨年、東京から移住されたお二人にはね。

目に見えないプレッシャーがあったはず。

 

臆していたら、いつまでも地域になじめない。

退路を絶って、ここに住むって決めたんだから。

 

積極的に地域行事に参加するお二人。

アタマを下げて、教えを乞いながら。

そりゃ、気合い入るよね。

 

ほんとの意味でのリラックス。

してられなかったんだろうなあ。

無防備みたいな、サボってるような。

 

「ああ、なるほど。」

「それはあるかもしれません。」

「自覚はなかったんですが。」

 

そう、アタマでは自覚ない。

けど、カラダは感じている。

 

ちゃんと感じて表現しないとね。

そのエネルギーはたまります。

 

そのカラダの声。

脈が伝えてくれましたね。


 

リラックスできる色を発見された奥さん。

 

「最近もらった土染めのショールがこんな色です。」

 

やっと地域にもなじんでこられてね。

お仕事も順調に依頼されるようになったしね。

そろそろほんとの意味で休まれてもいい時期かもね。

 

土染めのショールは、そのサインじゃないかな。

 

今回の余興もね。

自分に合った「色を探す」ことが目的というよりね。

それを通じて、相対的に「自分を知る」ってことかもね。

 

色でも、音でも、匂いでも。

アロマや音楽、カラーセラピーは、なぜ癒やされるか?

 

視覚、聴覚、嗅覚。

すべて思考ではなく、感覚を刺激。

アタマではなく、カラダが欲する気を味わえるからかも。

だから、思考で調整できない脈が有効なツールに。

 

私も圧倒的に思考過多。

感覚を味わう時間って必要だなあ。

 

 

さて、色と言えばね。

高校の同級生のデザイナーTさん。

先日の記事で、NEWどぅる~んロゴタンブラーをプレゼントしたでしょ。

 

 

これ、ロゴをただ印刷しただけ。

背景無地の白でしょ。

 

私の無粋な行いがデザイナー魂を刺激したんだろうな(笑)

頼んでないのにタンブラーのデザインを送ってくれたの。

スタバのサイトから様式をダウンロードしてくれたんだろうね。

 

で、パターンが2色あってね。

それがこれ。

 

 

 

クール。

めちゃかっこよくない?

 

さすがプロの仕事。

やっぱり違うわ。

 

はみ出すくらいに大きくするんだ。

そんな発想ないわ、素人に(笑)

 

早速、タンブラー当選者の方にも印刷してお送りしたよ。

 

黄色で一体化させるのもアリだね。

より温かく融け合うかんじ。

 

緑は、私のお気に入り。

覚えてくれたんだね。

 

タンブラーのテンプレートだけ欲しいっていうあなた。

facebookメッセージをください。
後述のメールでもOKです。
pdfファイルでお送りします。

 

 

これに刺激されてね。

お待ちかねのTシャツをプレゼントしまーす。

 

いつものTシャツ業者さんがバージョンアップされててね。

なんと選べる背景カラーが40色に。

 

十人十色どころじゃないよ。

四十色だよ。

大江千里もビックリ。

 

はい、すでに作ったサンプルね。

まず、ガチ定番の白。

 

 

これ、先日の仙台合宿ね。

こうやって見ると兄弟みたい(笑)

 

 

で、黄色と緑。

Tシャツの指定色では、「デイジー」と「ライム」だって。

 

 

ピンクとか、どうなんだろ?

さて、あなたは何色?

 

はい、ご応募は、こちらから。

 

 

< NEWどぅる~んTシャツ応募要領 >

 

1.応募期間

 

ブログアップ時から8月9日(水)23:59まで

 

 

2.提供内容

 

計5着

 

・サイズ こちらでご確認ください。
・カラー 全40色からお好きな色を選んでください。

 

 

3.抽選方法

 

ネットあみだくじ

 

 

4.申込方法

 

下記の内容を以下のアドレス宛に送信願います。


宛先: tanida@389navi.com  ※facebookメッセージでも可

件名:「NEWどぅる~んTシャツ応募」
 

(1)お名前(ふりがな) (2)ご連絡先電話番号 (3)ご連絡先アドレス (4)発送先ご住所(〒含む)  

 

 

5.抽選結果連絡方法

 

ネットあみだくじに全員登録された時点で結果が出ます。

各自サイトでご確認ください。

当選された方には、ご希望のサイズ、色、宅急便の配送希望日時をおうかがいします。

 

※宅急便の送料は、当方で負担致します。

 

 

以上

 

 

五感のなかでも得意な感覚ってあるよね。

 

私は「触覚」かな。

仕事柄、合ってるでしょ。

その分、嗅覚、聴覚は鈍いの(笑)

 

あなたは、いかが?

 

 

 

では、今宵はこのあたりで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』の谷田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。