まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

迷いが断ち切れない私に。

 

 

 

「わかりやすくしようとして、エネルギーを下げてるよね。」

 

 

広島市の言霊士今牧真道さん。

ニックネームまきさん。

 

ああ~、痛いところ、突かれたなあ。

友であり、師である彼の言葉。

いつも核心をハズさない。

 

 

自分でもわかってた。

見ないフリをしてた。

 

「いい人」でいたかった。

しかも、「説明がわかりやすい人」で。

それでいて、「新たな解釈ができる人」にも。

 

主観的感性で「いまを観じる」と言いながらね。

方法論に当てはめようとした。

そのほうが伝えやすいから。

 

 

けど、おもしろくないんだよなあ~。

私自身が。

 

睡眠時間を削ってね。

長い長~い記事を書く。

 

初めて読む人のことを考えたら、このあたりを補足しておこう。

五行の相生相剋の図を入れておいたほうわかりやすいな。

わかりやすいって読んでくれる人のために頑張ろう。

 

 

・・・めんどくさい。

あー、もう、めんどくさい。

 

 

私の口ぐせ「めんどくさい。」

 

 

いま、わかった。

自分がしたくないことをし過ぎているからだ。

 

どぅる~んと楽になる観方を伝えるはずが。

自分がしたくないことを「ねばならない」でやってる。

 

言ってることとやってることが違う。

あらためていこう。

 

遅ればせながら。

ほんとに遅ればせながら。

 

 

もう解説はやめます。

そもそも、考えてないもん。

 

ピピッと感じてね。

それを言語化してるだけ。

 

私の主観だからね。

記事を読んでくれる方にはわかりにくい。

 

で、解説をアタマをひねって考えて書く。

これがめんどくさい。

 

 

やめます。

 

 

まきさん、ありがとう。

決断できたよ。

 

 

陰陽五行応用編 in 成田。

木更津市からお越しの浅野二三代(ふみよ)さん。

ニックネームふみちゃん。

ドリームキャッチャーというアクセサリーのアーティストさん。

 

ストーンショップ母家(おもや)』さんのスタッフさんでもあります。

オーナーの石井さんとともにご参加。

 

 

「5年前までやっていたお店を片づけられないのです。」

 

ふみちゃんね。

もともとファッションに興味があってね。

20代の頃、アパレルメーカーにお勤め。

 

好きな服に囲まれて。

当初はお仕事を楽しんで。

ところがそのうち、壁に行き当たります。

 

売りたくない服まで売らないといけない。

ノルマがあるしね。

この人には、似合わないって思ってもね。

 

 

で、思い切って会社を辞められてね。

ご自宅を改装され、アパレルショップを開業。

これで自分が売りたい服だけを扱える。

 

と思ったのも束の間。

そのうち、お店を維持するためにね。

好きであったはずの服がね。

利益を生み出す商品になってしまって。

 

ああ、こんなはずでは。

ふみちゃんが疑問を持ってはね。

お店を続けることはできません。

 

 

5年前に閉店。

でも、そこから進めない。

お店も片付けられず、閉店時の在庫がそのまま。

 

片づけようとお店のスペースに入った途端にね。

カラダがフリーズ。

手も足も動かなくなる。

 

今回こそは。

何度となくきかっけをつくってチャレンジするけどね。

 

みぞおちが重くなってね。

片づけようとする心が折れてしまう。

 

チャリティーに・・・とも思ったけどね。

自分の想いがこもった服をね。

どこかの誰かが着ることに抵抗が。

 

 

この5年間。

そんなことの繰り返し。

繰り返す自分もイヤになってね。

 

ほんとに必要がないかぎり。

お店には足を踏み入れない。

 

 

けど、最近、また片づける理由が。

1年前に始められたドリームキャッチャーというアクセサリー。

注文がコンスタントに入るように。

 

オーダーメイドの受注生産だからね。

製作に時間がかかります。

 

これまで自宅の空いたスペースでされてたけどね。

部屋も散らかるし、落ち着いてできないし。

そこで閉めたお店のスペースを専用のアトリエにしたいって。

 

 

で、今回の陰陽五行応用編でね。

お題として、参加者のみなさんにひも解いてもらおうと。

 

 

なーんだ、いつもどおりの書き方じゃないかって?

そう、実は、8割方下書きして保存してたものをコピペしました。

 

で、この後にいつもの流れで解説してるんですよ。

相生相剋の図を使ってね。

 

けど、ほんとはこんなかんじ。

 

 

まず、ふみちゃんを観じてみる。

 

 

どぅる~んと「土」の気を旺盛に観じます。

 

 

 

「木」気も旺盛なはずなんだけど。

見た目には、あまり伝わりにくいなあ。

 

 

さて、意識をふみちゃんとどぅる~んと融合。

心に問いかけます。

 

 

「彼女が不調和を起こしている現状は?」

 

 

答えが返ってきます。

左右のこめかみあたりからね。

まっすぐ下に向けて2本のラインを観じます。

 

視覚的に見えません。

観じるんです。

 

こめかみから足に向けて、まっすぐ降ろしたライン。

ちょうど胃経だな。

 

そのラインがどぅる~んと波のように揺らいでる。

しかも、みぞおちがぎゅっと縮まって重いぞ。

 

その瞬間、「土」の実だなって。

 

 

ふみちゃんが5年前から15kgも太っちゃったって。

ストレス食いしたわけでもない。

食事内容も量も変わってないのに。

 

あー、納得。

心理的に「土」の実だからね。

生理的にも「土」の実になってね。

どぅる~んと身がつきやすくなったんだ。

 

優柔不断や葛藤ってね。

まさしく対極の間で行ったり来たり。

波のように揺れ動いてるでしょ。

 

 

 

でも、いちおう、参加者のみなさんにもね。

五行の相生相剋の法則を使って考えてもらわないと。

 

 

「『木』が虚してるかもしれませんね?」

「それとも、『金』が虚しているのかも?」

「質問をして、状況証拠を集めましょう。」

 

 

もう私の中では、答えが出てます。

身体感覚としてね。

なのに、方法論をあてはめようとする。

 

そこに自己矛盾を生じてね。

自分でもノリきれない。

 

 

さて、落としどころはどうするか?

 

「土」の実なら、「金」に導くだが。

将来的にやりたいことを具体的に計画を持ってもらうか。

アタマで考えたことをお伝えしてみる。

 

 

「ふみちゃん、こんな観方はできませんか?」

 

 

うーん、あんまり響いてないなあ。

言ってることはわかりますがって。

腑に落ちてない。

 

やっぱり違うな。

意識をシンクロさせて観じてみよう。

 

 

「つながりたい」

 

 

これだな。

私自身がそんな気になる。

 

合ってるかどうかなんて関係ない。

主観的に観じるだけ。

正解を求める価値観では受け容れられないよね。

 

 

「つながりたい」かあ。

なるほど、「土」らしいや。

 

どんな風につながりたいのか?

さらに観じてみます。

 

 

「自信を持ちたい」

「喜んでほしい」

「長く付き合いたい」

 

 

そっかあ、そういうことか。

じゃあ、それを具体的に形にすればいいな。

 

いまは、ドリームキャッチャーを販売されてるんだったな。

じゃあ、それを手段としてってことか。

 

ん?

でも、そもそもなぜドリームキャッチャーなんだ?

 

これは口に出して質問(笑)

 

 

「ストーンショップに勤めていますから、石と組み合わせたらおもしろいなって。」

 

 

ふーん。

いちおう、それらしいけど。

アタマで考えて言ってるな。

 

話しているご本人が腑に落ちてない。

ご自分の中で明確になってないかんじだな。

 

ん?

ドリームキャッチャーって、そもそも何のためアクセサリー?

 

ふむふむ。

インディアンに伝わる悪夢の魔除けなんだ。

 

 

私がふみちゃんだったら?

なりきって観じてみる。

 

・・・あっ、ピピッときた。

自然に言葉が出ます。

 

 

ドリームキャッチャーの注文を受けたら。

ふみちゃんがお客さんを観じてストーンやデザインを決める。

 

それは、その人の「いま」の課題を反映している。

できたドリームキャッチャーが気になれば、課題の象徴として意識が向きやすい。

 

それをきっかけとして、課題が解決されれば、ドリームキャッチャーに対する感覚が変わる。

感覚が変われば、新たな「いま」を反映したドリームキャッチャーを作り替えるチャンス。

 

 

単なるアクセサリーでなくてね。

その人、そのものの象徴とする。

人が変われば、商品も変わる。

 

ドリームキャッチャーがそういう位置づけであればね。

お客さんと継続的につながっていられるよね。

しかも、深く信頼され、喜んでもらえる。

 

 

大事なのは、ふみちゃんがお客さんとどのような関係性を築くか?

その関係性を実現する手段として、商品やサービスが存在する。

ドリームキャッチャーは、その手段に過ぎない。

 

 

「あー、はい、まさにそのとおりです。」

「それなら、納得できます。」

「そういうことがしたいんです。」

 

 

意識をふみちゃんと融合している私もすっきり腑に落ちる。

うん、だったら、これも伝えよう。

 

 

「つまり、服もドリームキャッチャーと同じだったんですよね?」

 

 

そう、ふみちゃんがお客さんと築いてこられた関係性に変化はない。

現在は、ドリームキャッチャーがその手段。

昔は、服がその手段。

 

ふみちゃんが大切にされてきたのは、お客さんとのつながり。

服は、その手段に過ぎない。

 

閉店時の在庫を片付けられないのもね。

服が「ふみちゃん自身」になってるから。

 

服を処分することは、当時の頑張ってきた自分自身を見捨てること。

だから、片付けられない。

 

お客さんを大切にする気持ちは変わっていない。

いまも昔も。

 

だったら、服はそれを実現してくれた感謝の対象でしかない。

「ありがとう」だよ。

 

 

「あ~、はい、それで腑に落ちました。」

 

 

あっ、みぞおちの気の停滞がとれた。

顔も晴れやか。

目がぱぁーっと開いて力がある。

 

うん、これでよし。

気が通った証拠だ。

 

じゃあ、訊いてみよう。

 

 

「いま、お店を片付けられる気がしませんか?」

 

 

ふみちゃん、輝いた目で。

 

 

「はい、大丈夫です。」

「イメージしても抵抗がありません。」

「いますぐやりたいぐらいです。」

 

 

やったね~。

参加者のみなさんからも大きな拍手。

 

私だけじゃなかった。

みんな、ふみちゃんと融合してたんだ。

 

 

以上、ほんとはこんなかんじでした。

 

 

連休中、ふみちゃんにブログ掲載の許可をもらうため、連絡をしたらね。

 

 

>すごいタイミングでご連絡頂いてビックリしております。

>昨日から例のショップ跡を片付けているからです。

>一気に半分くらいやれちゃいました。

>今日も引き続きやります。

>今までがなんだったのか?という感じでやれています(笑)

>本当にありがとうございました。

 

 

おー、スゴい。

ほんとに実行できたんだ。

嬉しいよね~。

 

 

>服が過去の自分だということや、

>前に進みたいのにこんなにも過去の自分が邪魔をしているということに

>全く気づいていなかったので、

 

>そこに気づいた時、先生に

>「今、そこに気づいたけど、まだ片付けられないかな?」

>って訊かれて、その瞬間全ての景色が変わったようです。

>さっきまで部屋にも入れないと言ってたのが、

>早くとっとと片付けたいとなった瞬間です(笑)

 

 

不思議でしょ。

みなさんもすぐにわかりましたよね。

服はふみちゃん自身だって。

 

ふみちゃんも他人の相談なら、すぐに気づけたはず。

自分のことはわからないようにできてるんだなあ。

 

 

で、いちおう、五行も役立ったみたいで、

 

 

>一番響いた言葉・・・

>土特有の手放せない過去の感情は、木の力で未来に向ける

 

>土の要素が強い人が持つ、多様性や土俵の大きさというのを

>全く表現出来ていなかったので、その部分も勉強になりました。

 

 

そっかあ、嬉しいな。

観じるだけなら、陰陽五行は要らない。

すべて直観でやればいい。

 

陰陽五行は、観じるためのガイドなんだ。

いまの私にとっては。

ふみちゃんにそのことを気づかせてもらいました。

 

服への情を断ち切ろうとして意識を向けるとね。

逆に意識が大きくなって断ち切れなかった。

 

相対するは相補う。

 

対極にあるものは、補って釣り合おうとする。

断ち切ろうとするほどにね。

断ち切れない未練が大きくなる。

 

 

>いまは木気ムンムンな感じです(^^)

 

 

未来に意識を向けることにより、前進できた。

本来は旺盛なのに虚していた「木」気が力を得てね。

「木剋土」

過剰な「土」を抑えられたのかもね。

 

 

で、ふみちゃん自身も気づかれた相対相補が。

 

 

>囚われている過去があったから、

>見えていない未来があった。

 

 

だから、その逆転をはかって解決できたと。

 

 

>やりたい未来があるけど、具体性に乏しかったから、

>その時点ではまだ「やりたい未来」として完璧ではなかったように思います。

>セミナーのお題にならせて頂いた中で、はっきりしました。

 

 

私も「いまを観じる」ことの大切さに気づかせてもらったからね。

「考えて説明する」ことを手放せたのかもね。

 

 

なーんだ。

結局、長いじゃないか(笑)

 

でも、書いててしんどくなかった。

眠気も飛んじゃうし。

 

セミナーの見直しもしていかないとね。

ということで、セミナー内容は以前と同じく書いてますが。

その時の「場」を観じて変えていきます。

 

ともに観じましょう。

 

はい、セミナーのご案内です。

 

 

< 陰陽五行セミナー 応用編 in 霧島 >

 

 

1.日時

 

平成28年5月10日(火)9:30~16:30 開場9:15 ※昼休憩1時間含む

 

 

2.場所

 

霧島市いきいき交流センター

 

鹿児島県霧島市国分重久19

 

 

3.定員

 

12名 ※陰陽五行基礎編受講済みの方が対象

 

 

4.参加費

 

15,000円

 

 

5.内容

 

(1)「相対」と絶対

→ラベンダーの精油って「金」ってホント?

 

(2)相対するものは相補う

→母は子を育み、子に教えられる。

 

(3)この世はフラクタル

→マトリョーシカに学ぶ相似な世界

 

(4)相生相克の実践的な使い方

→「スクールウォーズ」が高視聴率だった理由

 

(5)母剋、子剋、逆剋

→火剋木、火剋土、火剋水って知ってた?

 

(6)旺相死因体に観る時機のつかみ方

コーヒーは「冬の夜」より「夏の昼」が美味しい理由

 

(7)陰陽五行で観るカラダ

→徹夜でエクセル作業を集中すると脚の小指がなくなる!?

 

(8)ケーススタディー

→参加者さんからアドリブで頂いたお題を陰陽五行で紐解きます。

 

 

6.申込方法

 

主催者石田志麻子さんのこちらのサイトより

 

 

以上

 

 

< どぅる~んタッチセミナー part.2 in 霧島 >

 

 

1.日時

 

平成28年5月11日(水)9:30~16:30 開場9:15 ※昼休憩1時間含む

 

 

2.場所

 

霧島市いきいき交流センター

 

2鹿児島県霧島市国分重久19

 

 

3.定員

 

10名 ※どぅる~んタッチセミナーpart.1を未受講でも参加可

 

 

4.参加費

 

15,000円

 

 

5.内容

 

< どぅる~んタッチ基礎+part2 >

 

(1)アタマのOSを東洋に入れ替える

・白黒つけない曖昧な意識

・どちらでもあり、どちらでもない

・集中と拡散を同時に行う

・呼気と吸気の境界を曖昧にする

・目は閉じず、見つめず、半眼

・閉鎖系と開放系

 

(2)どぅる~んタッチの基本

・自我を希薄にする

・軟酥(なんそ)の法

・丹田だけは軽く意識する

・丹田以外は意識を広げる

・導きたいラインを曖昧にイメージする

・手に意識を向けない

・手元を見ない

・押さない

・相手の変化を待つ

・できるだけ密着する面積を増やす

・骨盤を立てる

・支配的なタッチをしない(握る、指をかけるなど)

・意図を強く持たない

・無になろうとしない

 

(3)経絡ストレッチで意識をリリース

・任脈のポーズ

・督脈のポーズ

・屍のポーズ

 

(4)どぅる~んタッチでの経絡へのアプローチ

・補の手と瀉の手

・経絡の走向に両手の拇指の向きを合わせる

・脇、肘、手首を絞り込む

・皮膚ではなく、経絡を軽く牽引する

・圧は丹田でかける

・経絡を意識するのではなく、経絡を観じる

 

(5)ため息をつきたい気分を発散させる 【金】

・反応点 尺沢(肺経)

・施術点 列缺(肺経)、少商(肺経)

 

(6)我慢によるコリをほぐす 【土】

・反応点 缺盆(胃経)

・施術点 頭維(胃経)、陥谷(胃経)

 

(7)抑圧された感情を解放する 【水】

・反応点 膻中(任脈)

・施術点 神道(督脈)、玉枕(膀胱経)、兪府(腎経)、照海(腎経)

 

 

6.申込方法

 

主催者石田志麻子さんのこちらのサイトより

 

 

以上

 

 

当日、どうなるか?

私もわかりません(笑)

それを楽しめるようになりました。

 

 

 

では、今宵はこのあたりで。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』の谷田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。