まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

よく鼻が詰まる私に。

 

 

 

「この子の鼻がずっと詰まっているんですが。」

 

経絡ストレッチセミナーin高知。

主催者の清水智子さんから。

お子さんの症状をみてほしいと。

 

一人っ子の男の子。

4月から6年生の皇伍(きみかず)くん。

ニックネーム「きみちゃん」。

 

 

3日間の高知滞在期間。

きみちゃんとは、毎日、顔を合わせてました。

 

セミナー会場がご自宅の近く。

主催者として、ご夫婦ともに家をあけられてたからね。

きみちゃんも昼食はセミナー会場で。

 

 

「はじめまして、谷田です。」

 

 

初対面は、挨拶代わりにどぅる~んタッチ。

握手させてもらって、気を送ります。

相当、怪しいオッサンだと思われただろうね(笑)

 

緊張してるけどね。

自分の意思は崩さず、しっかり持ってる。

握った手から伝わってきます。

どぅる~んって、ゆるまないもん。

 

 

昼食中も黙々と。

見知らぬ大人たちの中でも気にせず、輪の中に。

 

意図的に周囲の大人のご機嫌をうかがうわけでもなく。

かといって、話しかけられたら礼儀正しく応える。

 

 

夜の食事会もそう。

 

大人たちが盛り上がって話しててもね。

テーブルの端っこで、マンガを読んで。

ひとりで淡々と。

 

初日も、2日目も同じ。

自分で自分のポジションを定めてね。

しっかり律しているかんじ。

 

3日めは、清水家で出張施術。

きみちゃんは、お父さんとカードゲームに興じてます。

しっかり甘えて、相手をしてもらってる。

 

やっぱりそこは年相応だな。

ひと安心(笑)

 

つまり、場に応じて、分別をつけてるってことだ。

 

 

きみちゃんは、五行でいうなら、「金」と「土」の気が旺盛。

「きゅっ」と律して、「どぅる~ん」と調和。

清らかさと穏やかさを兼ね備えた華奢で細身な少年。

 

お母さんの智子さん曰く。

友達たちと遊んでいる時もね。

 

おとなしい子と遊ぶなら、おとなしい遊びを。

活発に動き回る子と遊ぶなら、自分も活発に。

男女の垣根もなく、相手に合わせられるんだとか。

 

友達どうしのケンカを上手に仲直りさせたり。

先生の立場を気遣って、みんなをまとめたり。

 

>いつも温厚で思いやりのある言動がとれて、

>皆からの信頼が厚く、

>気になる子への声かけもさすがです。

 

と通知表に書かれてたんだって。

 

 

また、友達が親の離婚やら、別居の相談をきみちゃんにするんだって。

きみちゃんは、それを智子さんに話して智慧を借りたり。

 

>見た目は子どもですが、大人みたいな感じがして、

>赤ちゃんの頃から私が構わなかったから、こんなになったのかと。

>お腹にいる時から手がかからず、

>生まれてからも夜泣きも穏やかで、とても育てやすかったのです。

 

と、智子さん。

 

>しかし、私自身が母親業になじめず、どう接してよいかわからない日々が続いてました。

 

だから、きみちゃんが大人にならざるを得なかったのではと。

智子さんは、ご自身を責めて来られたんです。

 

もっと子どもらしく、甘えてほしかった。

けど、母親である自分にさえ配慮してる。

 

>「子どもがなつかない」というのが長年の悩みでした。

 

 

伝わりました?
きみちゃんの人柄。

 

上記は、後日、智子さんからうかがったお話。

 

高知滞在の最終日。

清水家の居間を借りての出張施術を終えて。

私を車で空港まで送って頂けることに。

 

帰りにお買いものをされるとかで。

一家揃ってのお見送り。

 

ご主人が車庫から車を出されている時にね。

冒頭の智子さんのお言葉。

 

「この子の鼻がずっと詰まっているんですが。」

 

どれどれ。

どぅる~んモードで観じてみます。

 

なるほど、腎、膀胱経が滞っているな。

 

きみちゃんを後部座席に。

私も横に。

 

空港まで1時間弱。

即席の施術ルーム。

 

 

五行でいう「ぎゅ~っ」と内に集まる「水」の気。

自然界で「水」は、人では「腎」と呼び名が変わります。

 

きみちゃんは、相当、考えてるだろうからなあ。

「ぎゅ~っ」の過剰は予測しやすい。

 

アタマを使い過ぎてるからね。

アタマに気が昇りやすい。

 

おまけにカラダが冷えてます。

子どもらしからぬ冷え方。

「腎」が虚してるなあ。

 

鼻が詰まる。

「ぎゅ~っ」という気が過剰ならね。

「詰まる」症状が出やすそうでしょ?

 

 

しかも、経絡でいうとね。

鼻の左右は胃経の通り道。

 

スナック菓子が大好きなきみちゃん。

油などの熱を帯びやすいモノの過剰摂取でね。

胃経に沿って熱が昇ってきます。

 

で、鼻の左右に頬骨があるでしょ。

そこの奥にある副鼻腔に熱がこもってね。

副鼻腔炎になりやすい。

 

ひどくなると、蓄膿症。

東洋医学では、胃の病。

 

 

腎経のツボ「照海(しょうかい)」を押すと激痛。

胃経のツボ「陥谷(かんこく)」も悶絶。

 

やっぱりね。

どぅる~んタッチで気を通します。

 

アタマに気がのぼせているのでね。

お腹のへその下(丹田)に手を触れてね。

アタマに昇った気を降ろします。

 

 

「右側の鼻が通った。」

 

 

きみちゃん、驚いてる。

怪しいオッサンにツボを押されて悶絶。

何をされてるかわからんけど、ちょっとはマシになってるぞと(笑)

ずっと詰まりっぱなしだったみたい。

 

けど、左側の鼻の詰まりが頑固。

どれどれ、このツボはどうかな?

 

膀胱経の「通天(つうてん)」。

アタマのてっぺんにあります。

 

 

鼻が詰まっている人はね。

このあたりを探ると、確実に痛い。

 

どちらか片側がより痛いはず。

気が停滞するから、血も停滞。

押すとブヨブヨしてるから、すぐにわかります。

 

きみちゃんも左側が激痛。

やっぱりな。

 

ここは、目を「ぎゅ~っ」と酷使してもよく詰まる。

スマホとか、パソコンとか。

また、考え過ぎて「ぎゅ~っ」と根を詰めても。

 

結局、「ぎゅ~っ」の過剰が原因。

「ぎゅ~っ」のエネルギーを「腎」と言います。

だから、腎、膀胱経に反応が出る。

 

 

で、この通天というツボ。

まさしく天と通じるための気の通り道。

 

どぅる~んタッチで相手と融合する時もね。

ここがスースー涼しく、こそばゆい感覚。

肉体を超えて、自然界と気を交流する大事な出入口。

 

 

逆に、ここが詰まるとね。

「自分」という意識が肉体に限定されやすい。

 

「自分の存在=肉体がすべて」

 

それは、見える世界の観方。

 

見えない世界の観方ではね。

「自分」は、どこまでも広げられます。

肉体を超えてね。

 

意識を広げてね。

相手とつながった感覚を味わう。

感覚でしか「自分」を味わえない。

 

 

私はどぅる~んタッチの意識を深めてね。

きみちゃんのカラダと融合した感覚を。

 

すると、どこに気が停滞しているかがね。

自分のカラダのように観じられます。

「自分」が拡大するからですよ。

 

 

何とか空港に着くまでに。

きみちゃんの鼻の詰まりを解消したい。

 

鼻が通るとね。

アタマが冴えるしね。

気分もすっきり開放的。

 

何より自然界と気が交流しやすくなるからね。

きみちゃんの本音が出やすいかなって。

 

きみちゃん、大人だからね。

自然と相手に対して配慮する習慣が。

 

でも、まだ小学生なんだからね。

感じたままをそのまま表現してほしい。

大人になったら、イヤでも配慮しなきゃならないから。

 

どぅる~んタッチできみちゃんと融合してるとね。

感情を抑えているもどかしさを観じたんです。

 

でも、それ以上に優しくて、分別がついているからね。

意思の力で抑え込めてしまう。

 

智子さんは、それを察知されてね。

ご自分を責めてしまわれてる。

 

 

いまは、言葉よりもカラダ。

体感からきみちゃんに味わってほしい。

 

理性で配慮するのではなく。

感覚で相手と融合する。

通天に気がめぐって、鼻が通れば観じやすい。

 

 

で、空港の駐車場に入る直前にね。

 

 

「あっ、左側も鼻が通った。」

 

 

ふぅ~、何とかギリギリ間に合った。

手強かったなあ(笑)

 

これね。

意識を融合する対象をね。

さらに広げて深めたんです。

 

私ときみちゃんが融合しただけじゃなくてね。

さらに智子さんやご主人とも一体化。

さらに車とも一体化。

さらに道路や周囲の景色とも。

 

どんどん感覚を広げていくんです。

 

広げるほどにね。

気がめぐりやすくなるんです。

 

もうこの時は、何とか間に合わせたかったからね。

普段より、さらに意識を広げて深めることができました。

 

 

「鼻が通ると気持ちもスッキリするだろ?」

「カラダの感覚が普段と違うだろ?」

「この感覚を覚えておいてね。」

 

 

コックリ頷くきみちゃん。

よしよし、いい子だ(笑)

 

車を降りてね。

きみちゃんと別れるのが寂しくなってね。

 

 

「あっ、そうだ。名刺、渡しておくわ。」

 

 

なぜに?

とっさの思いつき(笑)

 

自分でもわからないけどね。

初対面の大人と同じようにね。

きっちり「礼」を尽くしたくなったの。

 

 

きみちゃん、君は大人相手にも配慮ができる「できた」人だけどね。

運転席、助手席からの視線を感じただろ?

 

お二人とも黙ってたけどね。

全神経を後部座席に向けておられたことを。

ご主人なんか、ミラーに視線を注がれたまま、青信号に気づかれてなかったよね。

 

ずっと詰まってた鼻が通っただろ?

カラダの感覚がリニューアルしたのをきっかけにね。

自分はいま何を感じたかに意識を向けてね。

それをそのまま表現してほしいんだ。

ご両親は、その姿を手放しで喜んでくれるよ。

 

 

・・・ってことをね。

きみちゃんの目を見て話したんです。

 

力強くうなずくきみちゃん。

怪しいオッサンの大きなお世話だけどね。

少しでも響いてくれたら、嬉しいなあ。

 

名残惜しく、搭乗口に向かう私。

 

 

翌日、智子さんから頂いたメッセージ。

 

>きみちゃんが夕食時に

>「あっ、天ぷらは油が・・・」とか、

>「これは油ある?」とか、

>初めてそんなことを言ってました。

 

おっ、自分で意識するようになったんだね。

まあ、ボチボチでいいけど(笑)

 

また、空港できみちゃんの腰に指一本でどぅる~んタッチ。

気の力で私の思うとおりに歩かせるという余興を。

 

「力で押されてないのに、カラダが前に進むんだ。」

 

って帰宅後、目を輝かせて話してくれてたみたいです。

 

で、私の名刺をね。

財布の中に「お守り」として入れてくれてるんだって。

怪しいご利益でもあると思ってくれたのか(笑)

 

 

>きみちゃんのあんな姿を見たのは初めてです。

>本当に好きなんですね、先生のこと。

>きみちゃんにとっては「ダチ」ですから(笑)

 

ジーンときて、胸が熱くなるよ。

 

めちゃ嬉しかったけどね。

「あんな姿を見たのは初めて」

は、ちょっと寂しいな。

 

これから「あんな姿」を連発してほしい。

 

 

それはご両親のためでなくてね。

きみちゃん自身がより人生を楽しめると思うから。

 

また、ダチとして会いに行くからね。

いきなり背後からカンチョーでもかましてくれ(笑)

 

次回の高知が楽しみだ。

 

 

実は、私もきみちゃんと同じでね。

鼻が時々詰まるんです。

 

やはり原因も同じでね。

食べ過ぎか、考え過ぎ。

 

そこにカラダを冷やすとね。

見事に詰まります。

 

 

そんな時は、気持ちが内へ向きやすくてね。

相手や周囲と気が通じにくい。

 

えっ、あなたもそうですか?

だったら、どぅる~んタッチがオススメです。

 

鼻が詰まってなくてもね。

どぅる~んタッチの意識になるだけでね。

肉体を超えて、自然界と気が通じてね。

カラダのコリがほぐれて、気持ちが楽になりますよ。

 

もちろん、相手とつながることもできるしね。

ヒトでなくてもモノでもOK。

触れなくてもイメージで空間と一体化でも。

 

すべては思い込みで感じるだけ(笑)

主観的感性の世界。

 

 

今回は、茨城県潮来市で。

4月に経絡ストレッチ、5月にどぅる~んタッチを。

 

経絡ストレッチもね。

最近は、どぅる~んタッチでポーズをサポートする方法もご案内。

 

はい、セミナーのご案内は、こちら。

 

 

< 経絡ストレッチセミナー 基礎編 in 潮来 >

 

1.日時

 

平成28年4月6日(水)10~17時 ※昼休憩1時間含む

 

 

2.場所

 

ナチュラルショップ くるむ

 

茨城県潮来市日の出8-14-2

TEL:0299-66-6188

※JR鹿島線潮来駅から徒歩15分

 

 

3.定員

 

10名

 

 

4.参加費

 

15,000円

 

 

5.内容

 

(1)OSを『東洋』に入れ替える
 ・太極図に観る見える世界と見えない世界
 ・象(かたち)が形をつくる
 ・人体は球体
 
(2)どちらでもあり、どちらでもない
 ・呼吸 → 吸うでもなく、吐くでもなく
 ・目 → 開くでもなく、閉じるでもなく
 ・意識 → 集中するでもなく、広げるでもなく
 
(3)イメージで経絡を伸ばす
 ・直線ではなく、円
 ・弓なりにたるませず
 ・大きく描くほど、よく伸びる
 
(4)『どぅる~ん』で枠をハズす
 ・頑張ると融けない
 ・丹田だけは意識を込める
 ・押さずに待つ
 
(5)8つの基本ポーズを体験する
 
セルフでポーズをとり、その後、ペアでサポートし合ってもらいます。
 
※任脈と督脈は必須、その他は時間見合い。

 ①任脈のポーズ
  ・云いたいことをこらえて我慢しているあなたに。
  ・抑圧された感情が胸を詰まらせる。
  ・胸の詰まりを解消し、目が輝く。
 
 ②督脈のポーズ
  ・椅子に座っりぱなしで姿勢が悪いあなたに。
  ・頭の使い過ぎが背筋を強張らせる。
  ・首、背中、腰がほぐれて、頭スッキリ。
 
 ③肺・大腸のポーズ
  ・ため息ばかりついてるあなたに。
  ・気を遣い過ぎると肩の前側が凝る。
  ・胸が広がり、呼吸が楽に。
 
 ④脾・胃のポーズ
  ・胃腸が弱く、時間が来たから食べてるあなたに。
  ・首が凝る原因は食べ過ぎ。
  ・消化吸収能力を高め、ココロがゆるむ。
 
 ⑤心・小腸のポーズ
  ・鬱憤がたまりまくっているあなたに。
  ・肩甲骨内側のコリは心労。
  ・ココロがオープン、ストレス発散。
 
 ⑥腎・膀胱のポーズ
  ・根を詰めっぱなしのあなたに。
  ・冷え、夜更かしが腰をだる重くする。
  ・背中、腰がスッキリ、集中力が復活。
 
 ⑦心包・三焦のポーズ
  ・緊張しっぱなしで脱力できなあなたに。
  ・頑張り過ぎが自律神経を失調させる。
  ・循環を促進し、カラダを温める。
 
 ⑧肝・胆のポーズ
  ・先のことが気になって仕方ないあなたに。
  ・イライラが片頭痛を起こし、目を充血させる。
  ・解毒能力を高め、ココロが伸びやかに。
 
 

6.申し込み方法

 

電話もしくはメールにて、以下の項目をお伝えください。

 

(1)セミナー名 (2)お名前 (3)ふりがな (4)ご連絡先電話番号 (5)ご連絡先アドレス (6)お住まいの都道府県名

 

TEL:0299-66-6188 『ナチュラルショップくるむ』

mail:ss24-love375-8@docomo.ne.jp 主催者:関幸子さん 件名「セミナー名申込み」にて

 

以上

 

 

 

< 経絡ストレッチセミナー 応用編 in 潮来 >

 

1.日時

 

平成28年4月7日(木)10~17時 ※昼休憩1時間含む

 

 

2.場所

 

ナチュラルショップ くるむ

 

茨城県潮来市日の出8-14-2

TEL:0299-66-6188

※JR鹿島線潮来駅から徒歩15分

 

 

3.定員

 

10名

 

 

4.参加費

 

15,000円

 

 

5.内容

 

12の応用ポーズを体験する

 

セルフでポーズをとり、その後、ペアでサポートし合ってもらいます。

 

(1)肺のポーズ

猫背のあなたに

 

(2)大腸のポーズ

肩こり、便秘のあなたに

 

(3)胃のポーズ

みぞおちが固いあなたに

 

(4)脾のポーズ

生理痛がつらいあなたに

 

(5)心のポーズ

肩甲骨内側が凝るあなたに

 

(6)小腸のポーズ

肩がパンパンに詰まるあなたに

 

(7)膀胱のポーズ

トイレが近いあなたに

 

(8)腎のポーズ

根気が続かないあなたに

 

(9)心包のポーズ

眠りが浅いあなたに

 

(10)三焦のポーズ

血のめぐりが悪いあなたに

 

(11)胆のポーズ

肉、脂が大好きなあなたに

 

(12)肝のポーズ

寝ても疲れが取れないあなたに

 
 

6.申し込み方法

 

電話もしくはメールにて、以下の項目をお伝えください。

 

(1)セミナー名 (2)お名前 (3)ふりがな (4)ご連絡先電話番号 (5)ご連絡先アドレス (6)お住まいの都道府県名

 

TEL:0299-66-6188 『ナチュラルショップくるむ』

mail:ss24-love375-8@docomo.ne.jp 主催者:関幸子さん 件名「セミナー名申込み」にて

 

以上

 

 

 

< どぅる~んタッチセミナー Part.1&Part.2 in 潮来 >

 

1.日時

 

・Part.1:平成28年5月3日(火祝)10~17時 ※昼休憩1時間含む

・Part.2:平成28年5月4日(水祝)10~17時 ※昼休憩1時間含む

 

※Part.2のみのご参加も可能です。

 

2.場所

 

ナチュラルショップ くるむ

 

茨城県潮来市日の出8-14-2

TEL:0299-66-6188

※JR鹿島線潮来駅から徒歩15分

 

 

3.定員

 

各10名

 

 

4.参加費

 

各15,000円

 

 

5.内容

 

< どぅる~んタッチ基礎 >

 

(1)アタマのOSを東洋に入れ替える

 ・白黒つけない曖昧な意識

 ・どちらでもあり、どちらでもない

 ・集中と拡散を同時に行う

 ・呼気と吸気の境界を曖昧にする

 ・目は閉じず、見つめず、半眼

 ・閉鎖系と開放系

 

(2)どぅる~んタッチの基本

 ・自我を希薄にする

 ・軟酥(なんそ)の法

 ・丹田だけは軽く意識する

 ・丹田以外は意識を広げる

 ・導きたいラインを曖昧にイメージする

 ・手に意識を向けない

 ・手元を見ない

 ・押さない

 ・相手の変化を待つ

 ・できるだけ密着する面積を増やす

 ・骨盤を立てる

 ・支配的なタッチをしない(握る、指をかけるなど)

 ・意図を強く持たない

 ・無になろうとしない

 

(3)経絡ストレッチで意識をリリース

 ・任脈のポーズ

 ・督脈のポーズ

 ・屍のポーズ

 

(4)どぅる~んタッチでの経絡へのアプローチ

 ・補の手と瀉の手

 ・経絡の走向に両手の拇指の向きを合わせる

 ・脇、肘、手首を絞り込む

 ・皮膚ではなく、経絡を軽く牽引する

 ・圧は丹田でかける

 ・経絡を意識するのではなく、経絡を観じる

 

< ストレスを和らげる五行のツボ >

 

(1)自律神経を調える 【火】

 ・反応点 労宮(心包経)

 ・施術点 内関(心包経)

 

(2)心労を和らげる 【火】

 ・反応点 少海(心経)

 ・施術点 極泉(心経)、心兪(膀胱経)、膏肓(膀胱経)

 

(3)イライラを抑える 【木】

 ・反応点 淵液(胆経)

 ・施術点 外関(三焦経)、足臨泣(胆経)

 

(4)ため息をつきたい気分を発散させる 【金】

 ・反応点 尺沢(肺経)

 ・施術点 列缺(肺経)、少商(肺経)

 

(5)我慢によるコリをほぐす 【土】

 ・反応点 缺盆(胃経)

 ・施術点 頭維(胃経)、陥谷(胃経)

 

(6)抑圧された感情を解放する 【水】

 ・反応点 膻中(任脈)

 ・施術点 神道(督脈)、玉枕(膀胱経)、兪府(腎経)、照海(腎経)

 

Part.1:どぅる~んタッチ基礎+ストレスを和らげる五行のツボ (1)~(3)

Part.2:どぅる~んタッチ基礎+ストレスを和らげる五行のツボ (4)~(6)

 

 

6.申し込み方法

 

電話もしくはメールにて、以下の項目をお伝えください。

 

(1)セミナー名 (2)お名前 (3)ふりがな (4)ご連絡先電話番号 (5)ご連絡先アドレス (6)お住まいの都道府県名

 

TEL:0299-66-6188 『ナチュラルショップくるむ』

mail:ss24-love375-8@docomo.ne.jp 主催者:関幸子さん 件名「セミナー名申込み」にて

 

以上

 

 

「ぎゅ~っ」と考え込むのが得意なあなた。

カラダもぎゅ~っと固くなって凝ってませんか?

どぅる~んとゆるむ感覚をぜひ。

 

 

 

では、今宵はこのあたりで。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』の谷田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。