まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:
ひと言、言いたくなるあなたに。



「あっ、そういうことか・・・。」


先日の記事でね。
志麻子さんに肩の痛みに意識を向けてくださいと。
その時、何か思い浮かぶことはないですかって。

これ、陰陽の法則に基づく原点回帰。


相対(あいたい)するものは、相補(あいおぎな)う。


「外」の世界で現象化する「気になるコト」はね。
「内」なる自分の欠けたピースに対応している。

それに気づいて統合できればね。
陰陽調和で腑に落ちる。



実は、その前日にね。
私自身が身をもって腑に落ちる体験を。


鹿児島市内で開催した経絡ストレッチセミナー。

まず、私からポーズの取り方について説明。
実際、どなたかにポーズをとってもらいながらね。


「膀胱経はアキレス腱を伸ばすため、かかとを蹴り出すように。」


とか、ポイントを説明して。
順番におひとりずつポーズをとってもらってね。
私がサポートしていくんです。


ご参加頂いた30代のYさん。


「はい、では、次にYさん、ポーズをとってみてください。」


エヘッと微笑まれて、


「どうするんでしたっけ?」


あら、忘れちゃったみたい。


「じゃあ、もう一度、説明しますね。」


「ああ、なるほど」ってかんじでポーズをとられるYさん。


ところが、次のポーズでもね。


「どうするんでしたっけ?」


「忘れちゃいました?」


「はい」


満面の笑み。


「・・・ってかんじでお願いします。」


「ああ、なるほど。」


私も釘を刺します。


「前の方のポーズをしっかり見ておいてくださいね。」


「はーい。」


返事はいい(笑)



で、その次のポーズでもね。


「どうするんでしたっけ?」


さすがにイラッとしてね。


「Yさん、説明をちゃんと聴いておいてくださいね。」


「はい」


「前の人のポーズも見ておいてくださいね。」


「はい」


ほんとかなあ~。

前の人がポーズをとられてる時はね。


「○○さん、あんなに曲がるなんてスゴいです。」
「もう少しで床に手がつきますよ。」
「私もできるかなあ~。」


なんて、ノリノリでご機嫌。


「Yさん、ちゃんと見ておいてくださいよ(笑)」

「はーい。」


いつでも返事はいい。


で、次のポーズ。


「どうでしたっけ?」


エヘッと笑顔。
イラッとする私。

ある意味、期待を裏切らない。
だと思ったし(笑)
試されてるのか、俺?


セミナーでは、私ひとりでおひとりずつサポート。
朝から夕方まで。
それなりに疲れます。

時間も押してるからね。
何度も同じ説明をしてね。
流れをせき止めたくないんです。


まあ、仕方ないや。
いろんな人がいるから。
その日は、それで終了。


その夜。
自分へのご褒美でお寿司屋さんへ。

ネットで検索してね。
地元でランキング1位のお店に。

18時過ぎだったけどね。
すでに先客が何名か。


「握り始めるまで少しお待ち頂きますが。」

「はい、結構ですよ。」


スマホでメールチェックでもしてよ。

まだ、時間が早いからかな。
カウンター内には、大将と見習いらしき若者の二人だけ。

その見習いのYくん。
いや、大将が何度も呼ぶからね。
名前覚えちゃった(笑)


私から見ても要領が悪い。

大将に命じられたことをこなしているように見えてね。
自分で思いついた別の作業を合間にやってる。
だから、大将に対するレスポンスが悪い。


「Yくん、言われたことだけ、やってればいいから。」


「はい。」


返事はいい(笑)

表情も淡々と。
叱られても堪えた素振りなし。


「Yくん、きびなごを用意して。」


「はい」


Yくん、きびなごのタッパーを開けて包丁を振るいます。

おっ、今度は手際がいいぞ。
順調に裁いてる。
Yくん、いいじゃない。


「きびなご、できました。」


「じゃあ、こっち持ってきて。」


大将、きびなごを見た瞬間、


「なんで開くんだよっ。」

「はらわたを抜くだけでいいんだよ。」

「全部やり直しじゃないか。」


で、お客さんに平謝り。


「すぐにやり直しますんで。」


今度は、自らきびなごを。
包丁を振るいながら、ひたすら説教。


「言われたことだけ、ちゃんとやればいいんだから。」

「自分で考えてできるほど、まだ一人前じゃないだろ。」

「お客さんをお待たせして申し訳ないと反省しないと。」


正直、聴いててつらい。

カウンターに座ってたからね。
大将の『ピリッと光線』が直撃。
私が説教されてるかんじ。

みぞおちが重くなってね。
萎縮しちゃいそう。


大将、わかるよ。
あなたは、正しい。

けど、職人であると同時にね。
接客業でもあるんだから。
お客さんに心地よく食べてもらうという場を作らないと。

説教するなら、厨房の裏でしてよ。
お客さんに聴こえないように。

っていうか、閉店後でいいじゃない。
今日の反省ってことで。


「大将、ゆっくりでいいから。」


きびなごを頼んだお客さんからも助け船。
店の空気が張り詰めてたからね。


でも、Yくんは表情一つ変えない。
ある意味、大物だ。

Yくんは五行でいう「水」気が旺盛。
見た目は淡々としてるけどね。
かなり我慢して、水面下で内燃しているはず。

けど、大将からみれば、「のれんに腕押し」。
その態度が火に油を注ぎます。


30分ぐらいしてからね。
私の「おまかせ」も握り始めた大将。

素人の私がみてもわかる。
やっつけ仕事だ。

溜まっている注文を少しでも早く処理したい。
お客さんに意識が向いてない。


確かにネタはよかったと思うよ。
美味しい・・・はずだった。

身をもって実感しました。


「何を食べるか?」


より


「どう食べるか?」


場のエネルギーって大事だな。

ランキング1位だろうとね。
二度と行くまいって思ったもんな。



帰り道。
ホテルまでてくてく歩きながら。

まだ、衝動が冷めやらず。
大将にひと言、言ってやればよかったかなとか。


その時、ふと思い浮かんだの。
いつもの陰陽の法則が。


相対するものは、相補う。


ハッ、こ、これは・・・。


その瞬間、二人の顔がダブります。

ストレッチセミナーのYさん。
寿司屋の見習いのYくん。


ああ、そういうことか。
ってことは、この二人も同じ。


Yさんにイラッとした私。
見習いYくんに説教してた大将。


私は正しいことを言った(つもり)。
大将も正しいことを言った(つもり)。


それが客観的にどう見えるか?
大将が身をもって再現してくれたのです。

見事に演じ切ってくれたもんね。
私のみぞおちを重くさせるくらいに。
主演男優賞、あげないと(笑)


私がYさんにイラッとしたことでね。
場の空気がピリッと張り詰めて。
他の参加者さんもどぅる~んとゆるめなかったかも。

「のれんに腕押し」のYさんもね。
内心傷つかれていたかも。
見習いYくんがそうであるように。


あまりにもキャラがかぶっていた二人。
そういうことかあ。

深く反省。
大将に対するクレームはね。
自分自身への戒めだったんだ。


わからないんだよなあ。
自分では。

そう、いつまで経ってもわからない。

それは「気になる」相手が教えてくれます。


人のふり見て、わがふり直せ。


この世は相対。
鏡の世界。

何度も言ってるこのセリフ(笑)


そんなことが前日にあったからね。
志麻子さんの手強い症状にもね。


これが相対してる現象なら、相補することは何だろう?


って、考えることができたんです。

それはご本人が気づくことでしか得られません。
腑に落ちる体感でしか。


うん、なるほど。
誰かにひと言、言いたくなる時ってね。
そのセリフは、自分自身への言葉なんだ。

それが受け容れられる用意が「内」にできてるからね。
「外」の世界で現象化する。


受け容れるかどうかも選択だからね。
したくなければ、しなければいい。

ただ、「気になるコト」が繰り返されるだけ。
程度を強めてね。


相対するものが教えてくれる相補う気づき。

アタマでわかってもね。
必ず抵抗が生じます。
カラダの感覚としてね。

カラダがゆるむとね。
受け容れやすくなるんです。

それには、自我の解放が近道。


ってことで、無理やり経絡ストレッチセミナーのご案内に(笑)

いつものパターンですが、ゆるしてください。
今回は、初開催の高知市です。


では、セミナーのご案内です。


< 経絡ストレッチセミナー 基礎編 in 高知 >


1.日時

平成28年3月19日(土)10~17時 ※昼休憩1時間含む


2.場所

龍馬の生まれたまち記念館 2階和室

高知市上町2丁目6-33


3.定員

12名


4.参加費

15,000円


5.内容

(1)OSを『東洋』に入れ替える
 ・太極図に観る見える世界と見えない世界
 ・象(かたち)が形をつくる
 ・人体は球体

(2)どちらでもあり、どちらでもない
 ・呼吸 → 吸うでもなく、吐くでもなく
 ・目 → 開くでもなく、閉じるでもなく
 ・意識 → 集中するでもなく、広げるでもなく

(3)イメージで経絡を伸ばす
 ・直線ではなく、円
 ・弓なりにたるませず
 ・大きく描くほど、よく伸びる

(4)『どぅる~ん』で枠をハズす
 ・頑張ると融けない
 ・丹田だけは意識を込める
 ・押さずに待つ

(5)8つの基本ポーズを体験する
 ①任脈のポーズ
  ・云いたいことをこらえて我慢しているあなたに。
  ・抑圧された感情が胸を詰まらせる。
  ・胸の詰まりを解消し、目が輝く。

 ②督脈のポーズ
  ・椅子に座っりぱなしで姿勢が悪いあなたに。
  ・頭の使い過ぎが背筋を強張らせる。
  ・首、背中、腰がほぐれて、頭スッキリ。

 ③肺・大腸のポーズ
  ・ため息ばかりついてるあなたに。
  ・気を遣い過ぎると肩の前側が凝る。
  ・胸が広がり、呼吸が楽に。

 ④脾・胃のポーズ
  ・胃腸が弱く、時間が来たから食べてるあなたに。
  ・首が凝る原因は食べ過ぎ。
  ・消化吸収能力を高め、ココロがゆるむ。

 ⑤心・小腸のポーズ
  ・鬱憤がたまりまくっているあなたに。
  ・肩甲骨内側のコリは心労。
  ・ココロがオープン、ストレス発散。

 ⑥腎・膀胱のポーズ
  ・根を詰めっぱなしのあなたに。
  ・冷え、夜更かしが腰をだる重くする。
  ・背中、腰がスッキリ、集中力が復活。

 ⑦心包・三焦のポーズ
  ・緊張しっぱなしで脱力できなあなたに。
  ・頑張り過ぎが自律神経を失調させる。
  ・循環を促進し、カラダを温める。

 ⑧肝・胆のポーズ
  ・先のことが気になって仕方ないあなたに。
  ・イライラが片頭痛を起こし、目を充血させる。
  ・解毒能力を高め、ココロが伸びやかに。


6.申込方法

主催者清水智子さんの以下のアドレスに必要事項を送信ください。

chicokiyomizu@outlook.jp

(1)お名前(ふりがな) (2)ご連絡先電話番号 (3)ご連絡先アドレス


以上



< 経絡ストレッチセミナー 応用編 in 高知 >


1.日時

平成28年3月20日(日)10~17時 ※昼休憩1時間含む


2.場所

龍馬の生まれたまち記念館 2階和室

高知市上町2丁目6-33


3.定員

10名 ※他の開催地も含め、基礎編受講済みの方が対象


4.参加費

15,000円


5.内容

12の応用ポーズを体験する

(1)肺のポーズ

 猫背のあなたに

(2)大腸のポーズ

 肩こり、便秘のあなたに

(3)胃のポーズ

 みぞおちが固いあなたに

(4)脾のポーズ

 生理痛がつらいあなたに

(5)心のポーズ

 肩甲骨内側が凝るあなたに

(6)小腸のポーズ

 肩がパンパンに詰まるあなたに

(7)膀胱のポーズ

 トイレが近いあなたに

(8)腎のポーズ

 根気が続かないあなたに

(9)心包のポーズ

 眠りが浅いあなたに

(10)三焦のポーズ

 血のめぐりが悪いあなたに

(11)胆のポーズ

 肉、脂が大好きなあなたに

(12)肝のポーズ

 寝ても疲れが取れないあなたに


6.申込方法

主催者清水智子さんの以下のアドレスに必要事項を送信ください。

chicokiyomizu@outlook.jp

(1)お名前(ふりがな) (2)ご連絡先電話番号 (3)ご連絡先アドレス


以上


黒潮流れる太平洋を望めばね。
「気になるコト」もリリースできそう。
ニンニクたっぷりのカツオのタタキとともに。

仲春の土佐の国でお待ちしてます。



では、今宵はこのあたりで。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』の谷田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。