まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:
自分のことでいっぱいの私に。
 
 
 
「じゃあ、それで頼むね。」
 
 
お昼休みの肥後橋のカフェ。
高校の同級生Tさんとのランチ。
 
Tさんは、商業デザイナー。
これまで、脈ナビとか、どぅる~んのロゴを作ってもらいました。
くだモン&くせモンもね。
 
本業と家事と育児の合間にやってくれるの。
持つべき者は学生時代の友達だね~。
 
 
で、今回は何のデザインを?
 
どぅる~んのロゴのリニューアル。
 
 
これまで、こんなかんじでね。
 


 
日本語版と英語版を。
イイかんじで「どぅる~ん」でしょ。
なのに、なぜ、見直すのか?
 
 
「『個』を超える」
 
を表現したいから。
 
 
最近、この本を読んだの。
 
花咲かじいさんが教える「人」と「お金」に愛される特別授業
 
著者は、竹田和平(わへい)さん。
投資家であり、「タマゴボーロ」で有名な竹田製菓の会長さん。
昨年、逝去されました。
 
勧められて読んだ本に登場されててね。
徳の高い人だなあって。
 
で、連チャンで3冊、Kindleでポチッ。
今回は「積ん読」にならず、一気読み。
 
 
和平さん、超お金持ちなんだけどね。
そのノウハウは、何も特別なことはありません。
 
「当たり前のことを当たり前にする。」
「まず『人のため』、つぎにゆっくり『自分のため』。」
「ワクワクしないことはやらなくていい。」
 
資産運用法とか、一切なし。
 
「徳が高ければ、お金はあとからついてくる。」
 
で、徳が高いお金持ちのことを「旦那さん」と。
 
昔の商家の旦那さんだね。
私財で橋を架けたり、お寺を改修したり。
粋な篤志家ってやつ。
 
その「旦那」の定義とは、資産の多寡ではなくてね。
徳を積む生き方であると。
それを「旦那道」として広めていくことが目標なんだって。
 
 
この和平さんの著書には、随所に出て来るの。
陰陽法則が。
 
・引き寄せの法則は、実は「引き寄せない」ところに働きます。「放てば満ちる」のが運というものなのです。 → 「陰極まれば陽になり陽極まれば陰になる」&「相対するものは相補う」
 
・「お金さえあれば何でもできる」と、お金にすべての価値を求める金銭崇拝主義者がいます。一方でその拝金主義を否定して、「カネでは幸せは買えない」と富や金銭をことさらに軽蔑する人がいます。お金か、お金より大切なものか。こういう二者択一の比較をやめて、両方とも大切だと考えることが大切なのです。 → 「両極を知って中庸に至る」&「相対するものは相補う」
 
 
で、特に心に響いたのがね。
 
・もし、お金を手に入れようと思ったら、まずするべきことは決まっています。そのお金で何をしたいかを明確にすることです。
 
・お金はあくまで目標達成のための道具ですから、「したい」と強く思えば、必要に応じてついてくるし、「したくない」気持ちがあれば、それなりのものしか用立てられません。
 
・「どうしたらうまくやれるだろう」という方法論を考える前に、「何としてもこれをやり遂げるんだ」という覚悟を決めることが肝心なのです。
 
 
ああ、これ、全部できてないわ、俺。
なぜだろう?
 
頭に思い浮かんだのがこの人。
情報工房株式会社の宮脇一(まこと)社長。
 
NTT時代の師匠。
新入社員時代の研修でね。
私の教育係として面倒を見て頂きました。
 
 
当時のNTTってね。
まだ電電公社時代の公務員体質が色濃く残っていてね。
 
居酒屋に飲みに行くとね。
NTTと市役所のおじさんは、同じ匂いがするからすぐわかる(笑)
 
でも、宮脇さんは違いました。
NTTの匂いが全くしない。
 
 
元々コピーライターを目指してた人。
キャッチコピーのおもしろさを教えてくれました。
私が言葉にこだわるのも宮脇さんのおかげ。
 
「この人はいつかNTTを辞めるだろうなあ。」
 
だって、浮いてたもん、社内で(笑)
活躍の場は、この巨大組織ではないだろうな。
 
 
案の定、2001年に現在の会社を起業。
沿革を拝見すると、
 
>「2001年夢中への旅」と銘打って会社設立
 
ウマいでしょ。
私の師匠なの、わかるでしょ(笑)
 
 
企業理念は、これ。
 
>「ありがとう」を創り出す、日本一の会社になる
 
そのための手段が、
 
>私たちは、ダイレクトなコミュニケーションを通じ、クライアントの先のお客様の「小さな困った」を解決し、「小さなよかった」を創り出し、「小さなありがとう」を積み重ねます。
 
ほら、真面目に語ってるけど、温かい血が通ってるでしょ。
 
 
ぜひ、経営方針も。
 
>いつも忘れてはいけないこと 「その仕事は、誰をどれだけ幸せにできる仕事なんだろうか?」
 
特に、「顧客創造のスパイラル」は秀逸。
個人事業主として、いつも意識しています。
同業者や後輩に何回も紹介しました。
 
創業時11名だった社員は、いまや100名を超える大所帯に。
スゴくない?
 
なぜ、ここまで会社を急成長させられたのか?
 
 
志(こころざし)に共鳴したから。
 
 
他にも要因は、いろいろ挙げられるよ。
 
けど、そもそもは、創業者である宮脇さんの志。
スタッフも取引先もお客さんも共鳴したから。
そこが根っこなんだと思うの。
 
 
竹田和平さんや宮脇さんにあって、私にないもの。
それが「志」。
 
今後、どうしたいの?
 
って、訊かれても明確に答えられないもん。
 
で、特に差を感じたのがね。
私の発想は、すべて主語が「私」なの。
けど、お二人は「自分以外」なの。
 
「どぅる~ん」っていっても、「個」としてのどぅる~ん。
目の前の人やモノや空間ともどぅる~んしましょうね。
なんて言いながらも、基本は「自分から観た」なのね。
広がりがないの。
 
 
先日のヨガとのコラボの記事でもね。
既存のヨガのポーズ(アーサナ)についてね。
呼吸を意識して、直線的。
 
「個」としては気がめぐるけど、「個」を超えた気の交流は起こりにくい。
 
って偉そうに思ってたの。
けど、私自身が「個」を超えてなかったの。
 
「他人のフリみて、わがフリ直せ」。
 
誰かに何か言いたい時ってね。
まさしく自分自身への戒めなんだなあ。
「相対するものは、相補う」だ。
 
 
もちろん、自分を満たすことも大事。
 
去年までの私は、呼ばれたら日本全国どこでも行ってた。
カラダがしんどいって言ってもね。
見て見ぬフリをしてた。
誰かが喜んでくれるなら、多少しんどい思いをしてもって。
まあ、嫌われるのが怖いだけだったけど(笑)
 
で、結局、自分がもたなくなって休養。
休養中は、自分を満たすことを意識。
「もし、自分をもてなすとしたら?」って。
 
でも、「自分」だけでも広がりがない。
共鳴共振が起こらない。
 
「おもてなし」と「こころざし」。
 
いまの自分に必要なもの。
どちらかでなく、どちらも。
 
 
「個」を大切にしながらも、「個」を超える。
 
どぅる~んタッチをひとりでも多くの人に体験してもらってね。
どぅる~んする人=どぅるら~
「どぅるら~合宿」をやってみたい。
 
もうタッチしまくって、気が融合しまくるの。
これ、きっとスゴい場になる。
めちゃおもしろそう。
 
 
で、子どもたちに体験してほしい。
体育の授業に取り入れてほしいぐらい。
 
だから、ご縁を頂いて、私立高校で非常勤講師をさせてもらっているのかも。
2年前からマッサージの授業まで作ってもらってね。
そこで伝え方を模索してるの。
将来の布石としてつながってるよね。
 
見えない意識を変えると、見える現象がどう変わるか?
 
意識は見えないから、タッチで確認。
意識を変化させると、タッチされた時の身体感覚も変化するから。
 
まず、自分で実践。
身をもって体感したものだけをお伝えしていきたい。
 
 
そんな風に考えてたらね。
 
「あっ、ロゴも変えなくちゃ。」
 
って、夜、布団に入ったら急に思ったの(笑)
 
で、翌日、早速、Tさんに連絡。
 
「いまのロゴって「個」としてどぅる~んだから。」
「相手とどぅる~んして融合するっていうかんじにして。」
 
いきなりの無茶ぶりにも快諾。
やっぱ同級生はありがたいわ。
 
どんなの、できるかなあ?
いまから楽しみだ。
また、できたら、ご報告しますね。
 
 
宮脇社長、いまも変わらず私を導いてくれて、ありがとうございます。
弟子は危なかしくも前進しています。
これからもその背中を負い続けていきますね。
 
 
 
では、今宵はこのあたりで。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。