まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

でも、これが必要。




今宵は珍しくセミナー告知記事ではありません。


ただいま、川崎市に出張中。

昨晩、サラリーマン時代の同期と飲み会。


都内の居酒屋で。

大阪でともに汗を流した4人で。


私以外の3人はね。

いまはこちらに住んでいます。



同期のAとサシで飲む予定だったのにね。

彼がサプライズで、SとNに声をかけてくれてました。


Nは、群馬に単身赴任。

なのに、昼から有休をとって来てくれたんです。
嬉しかったなあ。



はい、あらためて、3人のご紹介。



群馬から来てくれたN。

いまは、法人営業部の課長さん。


入社3年目。

営業職から管理部門の内勤へ。

初めてのことだらけで、いつもテンぱってた時代。

2メートル先に座っていたのが彼。


五行でいえば、「金」と「水」。

穏やかで優しさを内に秘める男。

飲み会でも聞き役。


結婚式の幹事が私。



Aは、都内の法人営業部の課長さん。

新入社員時代の実務研修が同じ。

一緒に働いたのは、ほんの3か月。


なのに、ソウルメイトとも呼ぶべき、大親友。

いま、相手が何を考えているかがお互いにわかっちゃう。


心を動かされるコトも同じ。

笑いのツボも同じ。

私以上に声がデカい(笑)


発達障害や知的障害のある子どもたちにサッカーを教えてます。

学生時代からずっとね。


いまは、恵まれない子どもたちの里親になりたいって。

奥さんに反対されてるけど(笑)


五行で云えば「木」気が旺盛。

私より強いなあ。


もちろん、面長。

誰よりも熱い男。



五行色体表の「五徳」。

ポリシーとして何を重んじるか?


「木」は、「仁」。

弱きもの、幼きものを育み、引き立てる。

自然界の春と同じ。


彼が子どもにサッカーを教えてるのも、里親になりたいのも。

「仁」の心に基づきます。



で、最後がS。


都内で法人営業部の部長さん。

同期の出世頭。


大学も同じ。

入社3年目に同じ職場。


一緒に合コンに行ってね。

その場のノリで朝まで大騒ぎ。


そのまま、出勤。

すぐに彼から内線。


「靴下みてみろ。」


「?」


「俺とお前、片方ずつ履き違えてる。」



合コンでの戦闘能力が異常に高い。


同じく面長で「木」気旺盛。

だから、調子にのりやすい。


同期の結婚式で下ネタと暴露話を連発。

いまだにそいつの奥さんに口をきいてもらえない(笑)



こんな4人で熱く語り合っててね。

いまの仕事に対する想いとか。


私なんか感極まって泣いてしまったし(笑)

これ、昂りやすい「木」の心理の特性。



で、Sってね。

強いんです。


自分を律する意志力。

これと決めたらやり通す貫徹さ。


そこは鋭い抜き身の日本刀みたい。

だから、出世頭なんだけど。



「部下一人ひとりの将来のことを常に考えてる。」

「個々の適性が何で、今後どういうキャリアを積んでほしいか。」

「若手が希望を持てない会社はアカン。」



うん、愛があるね。

部下を単なる労働力としてみていない。


人として観る。

そこは同志だ。



彼は、つい最近部長になってね。

課長時代は、管理職でありながら、実務もバリバリやってたの。


若くして課長になったからね。

地方の支店時代。

部下は、自分より年上ばかり。


仕事は山のようにある。

けど、人件費の削減で部下に残業はさせられない。


能力的には一番自分が高い。

というか、自分にしかできない。

だから、起きてる間はほとんど仕事しかしていない。


で、よく生きて来られたなという生活をしてたの。

つい最近まで。


俺だったら絶対ムリ。

世の中のほとんど人が降参するような生活。


実際、それで「つぶれる」人もいる。

けど、Sはつぶれない。

意志力は極めて強靭。



部長になって、やっと実務から解放されてね。

マネジメントに専念できるように。



「部長になってから、部下を「くん」づけで呼ぶようになったわ。」



課長時代は、部下を呼び捨て。



「部下の仕事の出来が甘くても、まずは褒めるようになった。」



実務のエキスパートだからね。

徹底的に自分を鍛え上げてきた自信に裏打ちされてます。

彼以上のクオリティーを出せる部下なんていません。



「で、ここをこうすれば、さらによくなるなあって。」



その姿をね。

課長時代の部下に見られたんだって。



「優し過ぎてキモチ悪いですよって(笑)」



彼が本社の課長時代。

厳しいオーダーを部下に出してました。


上司からはね。

とてもさばききれない膨大なオーダーが日々出ます。

すぐに部下と分担して、手をつけないと間に合わない。


本社だから、有能な人材が集まっています。

けど、彼にはかなわない。

どうしても、厳しいことを求めてしまう。



「実際、会社に来なくなった部下もいてな。」

「ああ、やっちゃったって思ったけど、俺もいっぱいいっぱいで。」

「あの時は、心底参ったよ。」



そんな時、私に連絡があってね。

ほんと何年ぶりかなってかんじで。



「おまえがどうしてるのか気になってな。」

「一度、施術してくれないか。」

「ちょっと疲れてるみたいで。」



「ちょっと」じゃなかった。

ギリギリの顔をしてた。


同期で一番タフなS。

人前で弱音を吐かないS。

そんな連絡をしてくること自体、非常事態。



施術をしながらね。

ひたすら話を聴いた。


Sの口からはね。

堰を切ったように次から次へと。


言えなかったんだなあ、誰にも。

ずっと単身赴任だし。

そんな重いものをよくひとりで抱えてたね。



Sは、泣いてた。



「ありがと。楽になった。」



よく話してくれたね。

退職して10年以上経つ俺に。


嬉しかったよ。

おまえと同期でよかったよ。


それが3年前の話。




いま、Sは優しい上司になった。

けど、優しいだけではない。



「昨日、初めて部下を呼び捨てにして叱った。」



Sと同じクオリティーは求めないけどね。

仕事の基本をおろそかにはさせない。


愛をもって叱った。

きっと部下も喜んでくれてるよ。



優しいだけでもない。

厳しいだけでもない。


Sがそんな上司になれたのもね。

過去のつらかった経験があったから。


いま、Sは部下の将来を第一に考える管理職になった。

愛を与えている。


結果、部下から慕われ、尊敬されている。



そんなSを見てるとね。

私自身のこととリンクしたの。


最近、調子がいいんです。

人も、仕事も、お金も。

運気が上向いている。



なぜだろう?



以前は、成功したくてね。


マーケティングとか、心理学とか。

もう1000冊以上本を読んでね。

ありとあらゆることを試したのに空回り。



で、3年前にね。

そんな本は、すべてブックオフに。

「成功する」ための努力を一切やめました。


ただ、「いまを楽しむ」ことに意識を。



その楽しむ手段として、陰陽五行もあってね。

目の前の相手の個性を観てね。


さらに「らしく」輝いてもらうには?


そこだけを考えてます。


目の前で人が変わる瞬間を観るとね。

心が昂って震えます。

「木」のごちそう(笑)



気づいたことは、ブログで書く。

セミナーで話していることもフツーに書いてます。

そこは出し惜しみをせず、シェアしたい。



けど、以前の私だったら違ったなあ~。


「詳しくはセミナーで。」


にしてただろうなあ。

ありがちでしょ(笑)



で、Sと話して気づいたの。



「与えるほどに与えられる」



のではないかって。



以前の私は、



「求めれば求めるほど」



うまくいかなかった。


「〇〇になりたい」

「△△を手に入れたい」

「□□より成功したい」


ほとんど実現しなかった。

ガツガツしてたわりには。



最近はね。

そうなったら嬉しいけど、そこにエネルギーを費やさない。


なのに、勝手にそうなる。

努力したつもりは全くないのに。


すべてが順調。

怖いくらいに。

今までの頑張りは何だったんだって。



「与えるほどに与えられる」



とはいえ、自己啓発やスピリチュアルの世界ではよく聴く言葉。

以前から知ってたし、実践しようともした。



けど、以前の私は、



「与えられる自分になることを求めていた」



ことに気づきました。


見える世界で「与えて」もね。

見えない世界で「求めて」るんです。


見えると見えないが表裏一体。

一致しないから実現しない。

陰陽の法則どおりだ。



いまのSもね。

部下のことを心底想ってる。


そう「せねばならない」のではない。

そう「したい」んだ。


そういう衝動がね。

心の底から湧き上がってくる。

そこが大事なんだろな。



「したい」って、身体感覚だからね。

「感じる」ことでしか得られない。


「ねばならない」って、思考だからね。

「考える」ことでしか得られない。


アタマでっかちだったからね、私。

いまでも色濃くだけど。

さらに「感じて」いきたいな。



愛すべき同期のS,A,N。

気づかせてくれて、ありがとう。

また、飲みに行こうね。




では、今宵はこのあたりで。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。