まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

あなたは、ダブル?トリプル?




岡山県美作(みまさか)市で整骨院を経営されている柏崎武紀(かしざきたけのり)先生。

過去記事 にも登場されています。



「今日の記事がタイムリーな患者さんがいらっしゃいました。」



そう、直近の記事

足の裏のひきつりの話。



>整形外科的には「異常なし」と言いたい所でしたが、

>この1年はこんな時は(こんな時以外も)陰陽五行で観てみようと。



で、ご報告を頂きました。

まるでカルテに記入するかのような詳細なレポート。


はい、事前情報は以下のとおり。



1.Aさんは、50代の女性。顔は、平らで大きめ、団子鼻。


2.前日から右足に痛みが発生し、仕事中も痛くて、じっとしてられない。原因不明。


3.右足のふくらはぎにひどいむくみと圧迫されたような痛み。足をひきずりながら歩行。


4.右足の裏、右内ももにも痛みあり。


5.以前から頻尿であったが、最近、特に回数が増えた。


6.仕事はデスクワーク。冷房が効き過ぎて寒い。


7.普段より顔がくすんだように黒い。


8.むくみ対策として、ナスやトマトなどの利尿作用の高い野菜を食べまくった。


9.ぽっちゃり体型で甘いものが大好き。


10.3日前、夕食後、サーティーワンでアイスをトリプルで食べた。


11.長年、これといった運動をしていない。


12.体臭からケトン臭を感じた。



以上


さすが整骨院の先生。

陰陽五行応用編には一度ご参加されただけ。

なのに、ここまでしっかりと訊き出してもらえました。


はい、みなさんもともに五行で紐解いてみましょう。



では、まいります。



1.顔が平らで大きめ、団子鼻。


「土」とは、均(なら)すエネルギー。

地面もトンボで均すと平らになります。


象(かたち)が形をつくる。


均すエネルギーは、顔の凹凸も均して平らに。

しかも、均すから面積は大きくなります。


また、「土」とは、中心であり、全体。

顔の中心である鼻に存在感が増し、横に広がる団子鼻に。


これらは、すべて「土」の気が旺盛な人の特徴。


誰しも最も旺盛な気を使ってコトにあたりたくなります。

つまり、Aさんは土気が過剰になりやすい。

「土」が実しやすいことが想定されます。



2~4、右足の裏、ふくらはぎ、内ももに痛み、むくみがきつい。


これらの部位を通る経絡は?


腎、膀胱経です。


腎は、水を主(つかさど)ります。

むくみは、腎の機能低下。


ってことで、「水」の「腎」の虚と。



5.頻尿の度合いが強くなった


泌尿器を主るのも「水」の「腎」。

「水」は「ぎゅ~っ」でしたね。


膀胱括約筋をぎゅ~っと締めていられなくなる。

だから、おしっこに頻繁に行きたくなる。


頻尿は、「腎」の虚と。



6.職場の冷房が効き過ぎて寒い


五行色体表の「五気」。

「寒」に対応するのは、「水」。

冬に旺盛になるエネルギーだからね。


適度に寒くて、活性化するのも「水」の「腎」。

寒過ぎて傷めるのもやはり「水」の「腎」。


ご本人が寒いと感じるなら、傷めています。


ということで、自剋による「腎」の虚。



7.普段より顔がくすんで黒い


五行色体表の「五色」。

「黒」に対応するのも「水」。


「水」の「腎」が旺盛だとね。

お肌が浅黒くなります。


黒だから、良いとか悪いとか。

そんなのは、ありません。


お肌にハリがあり、艶やかな黒は、健康の証。

しかし、煤(すす)けたようなくすんだ黒は、病変の証。


これは、他の色でも同じ。

ハリ、艶がなく、くすんだ色は、病変の証。


目の下に黒いクマができるのも「腎」の虚。

あの色が病変の黒さ。


ってことで、「腎」の虚。



8.むくみ対策として、利尿作用の強い野菜を多量に摂った


夏が旬の野菜はね。

スイカなどの瓜類も含め、利尿作用が強い。


夏の日差しで熱がこもり、火照ったカラダ。

水の代謝を活性化し、水冷でエンジンを冷やすのと同じ。


水が停滞してるから、むくむ。

だから、代謝を活性化したい。

Aさんの気持ちはよくわかります。


しかし、それは「腎」に水を代謝する力があった場合の話。

「腎」が虚してその力がないのにね。

無理やり利尿させるのは、泌尿器系に負担大。


しかも、ただでさえ、職場で冷えてるカラダ。

さらに水をまわして利尿させたら?


そう、さらに冷えます。

その後、水が不足して、逆に火照ったりね。


「腎」がさらに虚。



9.ぽっちゃり体型で甘いモノ好き


五行色体表の「五味」。

「甘」に対応するのは、「土」の「脾」。


甘いモノを摂り過ぎるとね。

「土」が実しやすくなります。


五行色体表の「五主」。

「土」に対応するのは、「肌肉(きにく)」。


肌肉とは、外気に接しない真皮(しんぴ)などの深い皮膚の層。

および筋肉に達するまでの脂肪分。

いわゆる「身」の部分。


「土」の「脾」が旺盛だとね。

得た気を「肌肉」に回しやすい。

簡単に云うと、お肉がつきやすい。

ぽっちゃり体型になりやすい。


「土」の民族である日本人。

ぽっちゃりしやすいのです。


「土」が実して虚しやすい。



10.夕食後にサーティーワンでトリプルのアイス


夕食自体、消化吸収を担当する「土」の「脾」が活性化。

そこへ「甘い」アイスをトリプルで。

「甘」に対応する「土」の「脾」が実します。


相剋関係「土剋水」が作用します。


さらに、アイスは冷たい。

「水」の「腎」の自剋も働きやすい。

「土」との力量差が開き、さらに剋されやすくなります。


「土」の実、「水」の虚。



11.運動不足


五行色体表の「五主」。

「筋」に対応するのは、「木」。

運動とは、「筋」を活性化すること。


使い過ぎても傷める。

全く使わなくても養えない。


運動不足で「木」が虚。

相剋関係「木剋土」。

本来「木」は「土」が過剰にならないよう抑える働きを持ちます。


しかし、運動不足で「木」が虚することによってね。

「土」への抑えが効きにくい。

「土」が暴走しやすいってこと。


「木」の虚による「土」の実。



12.ケトン臭を感じた


五行色体表の「五香」。

ケトン臭とは、糖尿病患者などの腎機能が低下した時に生じる体臭。


寝たきりのお年寄りの部屋に入ったことってあります?

あの匂いですよ。


泌尿器を主る腎。

体臭がおしっこ臭く感じます。

これを古人は「腐」=「くされくさい」と。


先天の気である「腎」。

年齢を重ねるごとに消耗していきます。

お年寄りは腎が虚しやすく、腐れくさくなりやすい。


また、若くても「腎」が虚すとね。

このような体臭を発しやすくなります。


「腎」の虚。



以上



整理するとね。


< 水の自剋 >


・職場でカラダを冷やす

・利尿作用の強い野菜の過剰摂取

・アイス(冷)の過剰摂取


< 土剋水 >


・普段から甘いモノ好き

・先天的に「土」が旺盛で実しやすい

・アイス(甘)の過剰摂取



カラダを冷やして、「水」の自剋。

甘いモノの過食で、「土」の相剋。


「水」の「腎」が剋されて虚す。



その結果が腎経に沿って現れた痛みやむくみ。



「腎」が怪しいとなった時点でね。


さらに訊いてほしいのが、


・睡眠不足

・根の詰め過ぎ、我慢のし過ぎ

・精力の損耗(性交、自慰の過多)


なども。



柏崎先生もね。


>痛みが出るラインが腎経

>冷えや頻尿、体臭から腎がやっぱり怪しい

>3日前に娘さんとガッツリご飯を食べてからの31アイスをトリプルで食べ、

>かなり土が旺盛になり、腎が剋されてないかな

>腎虚かな?と思い


>腎経の「照海(しょうかい)」、脾経の「三陰交(さんいんこう)」のツボにどぅる~んタッチ。

>Aさんからは、「めちゃくちゃ気持ちいい」「自分でするのと何が違うの?」と。

>そのあと腎経を経絡に沿って軽くさすると、Aさんは寝てしまいました。


さすがですね~。

私も照海はハズしませんね。


冷えてるから、お灸もイイですよ。

ご自宅で千年灸でもやってもらえるし。


>10分後、起きて頂いて、症状をチェックすると、


>むくみがなくなり、

>歩いても痛くない

>痛みもほとんど気にならない


>『まなぶろぐキタ----------------』


>となりました



おおっ、しっかり結果も出されましたね。

嬉しいなあ。


まなブログでなくてもね。

フツーに東洋医学の本を見たら書いてますよ(笑)



>ご自宅で千年灸などのお灸をしてもらうことをオススメしました。

>カラダを温めるための温熱指導も。

>しばらく甘いものを控えめにしてもらうようにお願いしました。

>黒豆を適量食べるのも有効ですとお伝えしました。



そうそう、まずは腎の自剋への対処。

カラダが冷えてますからね。

温めることが先決。


また、「土」が実すると「水」を剋しますからね。

甘いモノを控えてもらうのも大事。


象(かたち)が形をつくる。


腎臓に形が似ている豆。

象としての気が似ているから、形も似ると。

形が似ているものは、それを補う。


豆は腎を補う代表選手。

しかも、「腎」に対応する色は、黒。


黒豆は、腎を補うのにオススメ。

もちろん、適量の範囲内ですが。



さらに、それらに加えて。


今回は、虚している「水」を補う。

また、実している「土」を瀉(しゃ)す。


「瀉す」とは、過剰な気を泄(も)らして調えること。


これらを同時に満たすことができるのは?


相生関係にある「金」の気を使います。


「金生水」で「水」の「腎」を補います。


また、「土生金」で過剰な「土」を「金」に泄らして調えます。




では、この場合、どのような「金」のエネルギーを使うか?


五行で紐解いてね。

頭をひねるのがココ。


陰陽五行は、宇宙法則。

ありとあらゆるカードを切ることができます。


食べ物、色、音、匂い、経絡・・・。

キリがありません。


その中で、個別の事例に合わせてね。

最も有効なカードを考える。



今回は、「金」。

食べ物で云えば、「辛」。

対応する色は、白。


大根おろしや、白ネギなど。

調理方法も辛味を感じられるもので。


唐辛子は、きつすぎるかも。

常食できるもので考えるのが基本。



また、幅広く使える「金」のカードがありますよ。


「金」は、五臓では「肺」。


「肺」を活性化するのも「金」気を使うことに。

呼吸を使ったエクササイズなんかもイイですよ。

腹式呼吸とか、丹田呼吸とか。


さらに、「肺」は、「皮毛」を主ります。

皮膚に心地よいタッチを与えるのもアリ。


心理としては、自覚を促す、計画性を持たせるなど。

「きゅっ」と律するスイッチを入れる。



それも絶対的な正解はありません。

その時、その人に応じて、相対的に考えていく。

だから、「人を観る」ことが大事なんです。


柏崎先生もそこに共感して頂いたおひとり。

「正しい」も「間違っている」もない。

自然界に学ぶ東洋の観方が好きなんです。



で、結果としてね。

症状が緩和されるならイイですよね。


しかし、それだけでは調和したとは断定できません。


異常を正常に戻すのが西洋の視点。

調和をはかるのが東洋の視点。


痛みも必要だから、カラダが発しているのです。

抑えれば調和しているとは言えません。

痛みを発する必要がなくなったというのが調和。



そこで、有効な判断基準が脈。

心身ともに調和していればね。

脈も穏やかに調っています。


しかも、自分で調節できませんから。

カラダの本音をうかがえます。



これまで『脈ナビ』として、セミナーでご案内。

けど、さらに深めたいというリクエストを。


ってことで、応用編をつくっちゃいました。



まずは、当院で。

期日切迫でごめんなさい。


8月下旬に川崎市で。


その結果を踏まえて、見直しを。

9月以降、順次、各地での開催を検討していきます。



では、セミナーのご案内です。



< 脈ナビセミナー 基礎編 in 大阪 >



1.日時


平成27年8月15日(土)10~17時 ※昼休憩1時間含む



2.場所


谷田鍼灸院


泉北高速鉄道泉ヶ丘駅より徒歩20分、タクシー5分。

大阪府堺市中区辻之757

TEL:072-288-6000



3.定員


8名



4.参加費


15,000円 ※脈ナビ再受講の方は、半額7,500円



5.内容


(1)脈をとってみよう → こちら で予習を


 ・東洋は回り込む

 ・脈拍以外に何を感じるのか

 ・弱い脈を強くする裏技

 ・ホームポジションをつかむ

 ・指のどこをあてるか

 ・手首にも山あり谷あり

 ・肩、肘、手首、指は固定する

 ・指ではなく、丹田で圧をかける

 ・弾力を感じる圧加減

 ・相手の脈はオペラグラスで観る

 ・アナログとデジタル


(2)脈で体調をチェックしてみよう


 ・左右の脈の差を観じる

 ・虚と実とは

 ・東洋医学とは陰陽のアンバランスを「平」にすること


(3)脈の変化を知る


 ・強いか、弱いか

 ・速いか、遅いか

 ・締まってるか、緩んでるか

 ・長いか、短いか

 ・浮いてるか、沈んでるか


(4)みんなの脈を観てみよう


 ・講師が各参加者の脈をチェック。

 ・特徴的な脈の打ち方についてご案内。

 ・それが誰の脈を評したものか?

 ・参加者どうしで脈をみて当ててもらいます。


(5)脈で聴くカラダの声


 ・相手の脈が穏やかになるアロマの精油を選ぶ

 ・文字に込められた意識を脈で聴く

 ・プロとアマの演奏の違いを脈で聴く

 ・意識を変化させると近くで寝ている人の脈はどう変化するか?



6.申し込み方法


件名「『脈ナビセミナー 基礎編 in 大阪』申込み」にて


(1)お名前(ふりがな) (2)ご連絡先電話番号 (3)ご連絡先アドレス


を以下のアドレスに送信ください。


tanida@389navi.com



以上




< 脈ナビセミナー 応用編 in 大阪 >



1.日時


平成27年8月16日(日)10~17時 ※昼休憩1時間含む



2.場所


谷田鍼灸院


泉北高速鉄道泉ヶ丘駅より徒歩20分、タクシー5分。

大阪府堺市中区辻之757

TEL:072-288-6000



3.定員


8名



4.参加費


15,000円



5.内容


1.脈を観じる基本


(1)相対を知る → 対象との関係性を脈で観じる。

(2)一期一会を知る → 関係性は、時、場所、相手によって常に変化し続ける。

(3)「考えず」に「観じる」 → 「良い脈」などなく、「心地よさそうな脈」があるだけ。


2.脈を五行でチャート化する


(1)「木」とは、締まって突き上げる脈

(2)「火」とは、全方位に押し広がる脈

(3)「土」とは、ゆるんで太くなる脈

(4)「金」とは、輪郭がはっきりし、固く締まる脈

(5)「水」とは、表面は柔らかく、芯が固い沈む脈

(6)チャート化は、大きさで生命力、形状でバランスを表現


3.五感への刺激を五行の脈で観る


(1)視覚

 ・五色(木=青、火=赤、土=黄、金=白、水=黒)は、本当に対応する脈になるのか?

 → では、紫は?なぜ、医療関係者は白衣を着るのか?


(2)聴覚

 ・音楽を五行の脈で観る

 → 演歌は水?君が代は金?中島みゆきと中森明菜の共通点は?


(3)嗅覚

 ・精油の匂いをかいだ時の脈の変化を五行で観る

 → ラベンダーは、五行のどれ?どれでもなく、どれでもあることを知る。


(4)味覚

 ・五味(木=酸、火=苦、土=甘、金=辛、水=鹹)は、本当に対応する脈になるのか?

 → 誰に何を食べてもらうと?万人に良い食べ物などないことを知る。


(5)触覚

 ・経絡の五行、ツボの五行穴は、本当に対応する脈になるのか?

 → その症状に効くのは?「肩コリのツボ」などないことを知る。


4.言葉と意識で五行の脈を生み出す


(1)「のびやか」な言葉、意識で木の脈を生み出す

 ・夢、希望、挑戦。先を見据え、前へ進むエネルギー。

 → 過剰でイライラし、不足で腰が重くなる。


(2)「はなやか」な言葉、意識で火の脈を生み出す

 ・発散、情熱、直観。勢い盛んに広がるエネルギー。

 → 過剰で激しやすく、不足で灰になる。


(3)「おだやか」な言葉、意識で土の脈を生み出す

 ・包容、調和、母性。すべてを包み込み、支えるエネルギー。

 → 過剰で八方美人、不足でわがまま。


(4)「きよらか」な言葉、意識で金の脈を生み出す

 ・清廉、純潔、収斂。気高く公正、まとめて収めるエネルギー。

 → 過剰で融通が利かず、不足でだらしない。


(5)「しなやか」な言葉、意識で水の脈を生み出す

 ・順応、熟慮、神秘。沈思黙考、内へ深めるエネルギー。

 → 過剰で陰湿、不足で軽薄。


(6)言葉と意識で「平」の脈に調える

 ・相手の脈を五行でチャート化し、平に調える言葉、意識を見出す。

 → 五行に優劣はなく、中庸しかないことを知る。



6.申し込み方法


件名「『脈ナビセミナー 応用編 in 大阪』申込み」にて


(1)お名前(ふりがな) (2)ご連絡先電話番号 (3)ご連絡先アドレス


を以下のアドレスに送信ください。


tanida@389navi.com



以上




「ちょっと脈を観せてもらえませんか?」



人に会う度にね。

きっとそう云いたくなりますよ。


その人の見えない世界。

脈で観じてみてください。




では、今宵はこのあたりで。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。