まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

カラダに表れます。




行ってまいりました。

愛知県安城市での経絡ストレッチセミナー。

レビューは、こちら。


・理学療法士、ピラティスインストラクター 宮澤弥生さん 

・気まぐれ雌鹿さん   

・いとまさん   

・普通じゃないOL あやかさん   



みなさん、ガッツリと書いてくれてます。

嬉しいですね。


中でもピピッと来たのが、あやかさん。

名古屋、沖縄、安城と3回目のストレッチ。


2回目で「どぅる~ん」を体感できた彼女。

3回目で何が変わったかというと?



「あれ?よろめかないね。」



一番最初の任脈のポーズ。

全20ポーズで一番大切。

けど、一番難しい。


これね。

私が後ろからサポートするとね。

ふわーっとカラダが浮き上がるんです。


で、丹田に気が集まってないとね。

そのイメージにカラダごと持って行かれてね。

前によろめきます。



あやかさんは、当然、よろめくものと。

1回目も、2回目もそうだったし。


っていうか、100人いれば95人はよろめかれます。


なのに、よろめかない。



「スゴイなあ~、どうしたの?」



沖縄でどぅる~んと意識をリリースされてから。

彼女に何が起こったの?



>以前より少しは丹田を意識して生きることができてるような気が。

>だから少しだけ腹が強くなった気がする。



そうそう、意識すること。

丹田を空間的に点として。


丹田とは、おへその下と腰との中間。

カラダの表面ではありません。

肉体的な組織でもない。


イメージとして存在する点。

奥に無限の広がりを持った。



すると、丹田に気が集まります。


ここで気をつけてください。


「力を入れる」


のではありません。



それをしちゃうとね。

腹筋に力が入るのです。

お腹の表面が触れると固い。


腹筋以外も緊張。

意識は全くゆるみません。



じゃなくて、


「気が集まるイメージを持つ」


こうすると、お腹の表面は柔らかい。

げんこつを当てて押すとね。

いくらでも押せます。


お腹にめり込んでいく。

けど、倒れない。



丹田で押されるとね。

全身が押し返されます。

気が満ちてる証拠。


重心が安定してね。

ブレなくなります。



カラダがそうなるとね。

ココロも安定します。


あやかさん、曰く、



>ちょっとのことで心がブレなくなりました。



いわゆる「肚が据(す)わる」。



>やりたいことしか、やらない



って、「肚をくくる」と据わります。


カラダの使い方とね。

意識の在り方。

これらがセット。



カラダを調えても意識が調う。

意識が調うとカラダも調う。

どちらもアリ。



この場合は、「腹」ではなく、「肚」。


西洋の見える世界なら、腹。

東洋の見えない世界なら、肚。


ってところかな。

私なりの解釈です。



「お腹」ってね。

「おなか」って読むでしょ。

「おはら」ではなく。


「腹」って、訓読み「はら」、音読み「フク」だよね。


なぜ、「お」がついたら、「なか」って読むんだろ?



また、いつもどおり、長くなりそうな気配。

最近は、無理せず、ひと休み。


続きは、明日・・・近日中に(笑)




では、今宵はこのあたりで。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。