まなブログ

脈の変化でカラダの声を聴く『脈ナビ』による施術、セミナーをご案内しています。
大阪府堺市で鍼灸院を開業しています。
日々の気づきをつづります。


テーマ:

「治す」のではありません。




行ってまいりました。

どぅる~んの旅です。


名古屋 → 茨城 → 東京 と。

5泊6日のセミナー行脚。



濃かったです。

濃ゆ過ぎました。


みなさんのレビューは、こちら。



・名古屋主催者ちぃちゃんこと、長谷川ちさよさんのブログ   

・整理収納アドバイザー、阪野加津恵さんのブログ

・名古屋の丸の内OL、あやかさんのブログ   

・茨城主催者ななみんこと、藤枝七美さんのブログ

・見守りまっちーこと、阿部真知子さんのブログ

・東京主催者ちぐりすこと、福島千種さんのブログ

・お腹もぐぅの音をあげる、みるく♪ぷりんさんのブログ   

・川崎フットケアリスト、石井その子さんのブログ

・魂のメッセンジャー、小林いずみさんのブログ

・愛情溢れるO型栄養士、ゆりさんのブログ


他にもfacebookの投稿より(一部抜粋)


・東京のセラピストTさん


>いままで頭でわかってはいたことが身体と握手したような


・三味線指導者のMさん


>どぅるんどぅるんになりすぎて頭が働かず、言葉に出来ません(^-^;

>緩むなんてものじゃなくて、、。

>身体だけではない、カラダとココロだけでもない、

>言うなれば、自分という存在そのものにアプローチするような深さ…。

>みんなとろけすぎて、スペースUは築地魚市場と化しました (笑)



濃そうでしょ?(笑)


で、セミナーの合間にね。

施術をさせてもらったりします。

今回の旅では、5人。



そのうち、お二人がね。

いつもの施術で。

全く効果なし。



脈を観るとね。

ちゃんと変化しているんです。


緊張が取れてね。

脈も太くなっている。


けど、


「痛いままです。」



私の施術はね。

痛みを取ることが目的ではありません。


脈を基準に調和を図ること。


だから、OKと云えばそうなんだけど。

主訴(しゅそ)が全く改善されないとね~。


フツー、脈がここまで変わるとね。

症状も変わるもんだけど。




実は、お二人ともね。

「施術」ではダメだったんです。


うちHさんに許可を頂いたのでね。

ご紹介させてもらいます。



Hさんは、30代の女性。

施術をご予約頂いたわけではなく。

経絡ストレッチ受講中に突然痛みが。


原因は不明。

特にポーズを取っている最中に傷めたわけでもなく。


寝違いみたいにね。

首を上下に動かすと痛い。



どんな症状だろうとね。

やることは同じ。


脈を観ながら、ツボを取る。

脈が穏やかになるツボを選びます。


いつもどおり、施術してね。

脈も調ってきた。


「首を動かしてみてください。」


「痛いです。」


あれ?

おかしいなあ~。


これだけ、脈が変化したら。

もう少しマシになってもいいんだけど。


「これでいかがですか?」


「痛いです。」


いろいろやってみたけどね。

どれも効果なし。



経絡に気が通る感覚はあります。

で、直後に背中に触れるとね。

ちゃんとゆるんでる。


なのに、首を動かしてもらうとね。


「痛いです。」


ゆるんでたのに、なぜ?

もう一度、触れると。

・・・元に戻ってる。


う~ん、わからん。

お手上げだな。



けど、できることはすべてやったか?


手技としては、そうだな。


「考える」ことは、もうない。

「観じて」みよう。


そう云えば・・・何かのポーズの後だったなあ。

首が痛いとおっしゃったのは。


「腎のポーズです。」


そっかあ、腎のポーズかあ。

腎が虚すと表れる感情は?


「怖れ」



施術しててもね。

気が通ってゆるんだ感覚があるのにね。

すぐに戻される感じがするの。

「ゆるめるな」って。



Hさん、2月にね。

交通事故でオカマを掘られてね。

ムチ打ちになられました。


5月の現在。

多少の違和感は残るもののね。

日常生活は問題なし。

経絡ストレッチも大丈夫。



ただ、事故当時のショックは残っててね。


「ほんと怖かったです。」


時々、思い出されるそうです。



その時の恐怖。

手放せないから、強張るの?


う~ん、なんか違う。

理屈じゃなくて、違うものを観じる。


で、つい訊いてしまったんです。


「交通事故以前にね。」


「はい」


「もっと大きな根源的な恐怖ってありませんか?」



いま、考えればね。

もっとマシな訊き方があっただろうにって。

私も余裕がなかったのでしょうね。



その瞬間。

Hさん、立っていらっしゃたんですけどね。

崩れるように倒れこまれてね。


号泣。

嗚咽。


全身を震わせながらね。

むせび泣き。



大人がここま激しく泣くってね。

その場にいてはいけないような。

そんな畏(おそ)れさえ、覚えます。



つらかったんだろうな。

けど、同情はしません。


ただ、場をともにしてね。

そこに「ある」だけ。



長かったなあ。

10分以上泣き続けられました。


それだけのエネルギー。

抑えていらっしゃたのでしょうね。



ようやく震えがおさまられたHさん。

訥々(とつとつ)と話してくれました。


「震災のことが忘れられなくて。」



そう、茨城は被災地。


ご実家は、避難対象地域。


「二度と住むこともないでしょう。」


>震災当日と余り変わらない状況のまま、

>朽ち果てて行く故郷を見て、

>故郷を失った絶望感は、今年の1月頃まで自覚出来てませんでした。



お子さんの同級生も亡くなられてね。


「あれはほんとうにつらかったです。」



ご主人は現地で復旧関連のお仕事。

泊まり込みでね。

たまにしか帰宅されません。



ご主人ね。

Hさんの前ではね。

お仕事の話は一切されません。

愚痴ひとつ、こぼされない。


つらくないわけないよね。



その思いがね。

痛いほどわかるHさん。


「私も頑張らなければ。」


ご主人も耐えておられるんだから。

私も耐えなければ。


ご主人だけでなく。

まだまだ多くの方が耐えているのだから。


留守中を預かるのが私の役目。

良き妻として。

良き母として。



けど、家にずっといるとね。

気持ちが塞いで苦しくなります。


震災関連のニュースを観る度にね。

その思いは「上書き保存」されていきます。


セミナーやお茶会に出かけてもね。

心の底から楽しむことはできません。

いつも奥底に引っかかるものがある。



どぅる~んタッチでわかったこと。


律する意志は、背筋を強張らせる。


まさに「背筋を正す」。


どぅる~んタッチでもなかなか融けない方。

項(うなじ)から、背筋にかけてね。

強烈な緊張が生まれます。


ゆるんでなるものかと。

抵抗が生まれるんです。



でも、カラダはゆるみたがるからね。

相反する力が拮抗。

震え出すんです。


特定の感情を抑えるにはね。

特定の部位に力を込めないと無理。

セットなんです。



Hさんもね。

腎経のポーズを取られてね。


怖れを抑えていた背筋のコリがね。

ゆるみかけたんだと思うんです。


しかし、解放しちゃうと大変なことになる。


カラダは防御反応としてね。

抑えにかかったんではないかと。

さらに力むことによってね。


突然の首の痛み。

その原因って、そうじゃないかな。



今回の経絡ストレッチ行脚でもね。

泣き出す、笑い出す、怒り出す。

いろんな感情が解放されてました。



「大人になってこれだけ泣いた記憶はありません。」



Hさんもね。

私の不用意な発言をきっかけにね。

栓が抜けちゃいました。


受け取る準備もできてなかったからね。

さぞかし混乱されたことでしょう。



さて、いま、私に何ができるだろう?


施術を超えて、人として。

どう接するか?


自分ゴトとしてね。

ともに観じる。



ご主人もいっぱいいっぱいなんだと思う。


「一度だけ、『つらい』って口にしたことがあります。」


でしょうね。


お互いが我慢している。

お互いを思いやって。

けど、お互いがつらい。


シェアしたいよね。



陰実すれば、陽実す。



抑えようとする気持ち(陰)が大きくなればなるほどにね。

解放したい気持ち(陽)も大きくなります。



ご主人にとってね。

せめて、家族とのひと時はね。

憩いの場であってほしい。


Hさんが耐えているとね。

ご主人もゆるめないんです。


ご主人が耐えているからね。

Hさんもゆるめない。


まずは、Hさんからね。


「どぅる~んとなってみませんか?」



自我が希薄になる。

ただ、そこにある。


それは逃げているわけではなくてね。

完全な受容だと思うんです。



ゆるんでいる人を前にね。

緊張し続けることはできないんですよ。


緊張するにはね。

感応する対象が必要なんです。

それは自分自身で作り出すもの。


けど、緊張以上にゆるんでいる方と場をともにするとね。

ほどけてしまうんです。



「土剋水」


どぅる~んの「土」はね。

ぎゅ~っと我慢の「水」を剋します。

出力が少しでも上回れば。



私が逆の立場ならね。

奥さんには、そうであってほしい。


自分が抱えていることを聴いてほしい。

相手が抱えていることも聴いてみたい。


意識が融合してね。

自他の区別がなくなるとね。

気遣う対象がいなくなります。



「そうですね。そうしてみます。」


あっ、Hさん。

表情がすっきりしてる。


「・・・首が楽になってます。」


まだ、痛みは残るもののね。

動かせる範囲が広がりました。


あれだけ施術しても効果がなかったのにね。

何にも施術しなくても改善するんだね。

なんだろうね、カラダって?



「象(かたち)は形をつくる」



象:気、エネルギー

形:物質、肉体


ココロがそのままカラダに表れる。


けど、一度、形(物質化)になるとね。

象と形は相互に影響し合います。


形から象にアプローチするのもアリ。

カラダが楽になると、ココロも晴れるでしょ。



Hさん、帰宅後ね。

ご主人と今日の出来事をね。

お電話で話されたようです。


「ともに分かち合おう」


ってことでね。


ご主人も理解してくれてね。

少しずつそうしていこうと。

マイペースでね。


「そうしたら、背中がすっきりしました。」


リンクしてますね。


ああ、私自身、いい経験をさせてもらったなあ。

このお話、ブログでシェアしたい。


けど、なかなかお願いできないよね。

こちらからは。



ところがその夜ね。


>先生のブログやセミナーで、私の事例も使えるようだったら、どうぞ使って下さい。


えっ、いいんですか?

けど、「Hさん」としてもね。

見る人が見ればわかりますよね。


「どこまでなら、書いてもよろしいですか?」



翌朝ね。


>昨日から、少し考えてました。

>どこかはぼかしてもらおうかな?とか、イニシャル変えてもらおうかな?とか。

>でも、なんか、そう言うごまかした生活とか嘘ついてるのが嫌でいるのに、

>また自分からそんな風に書いて下さいって言うのが、なんか違うな…って思いました。

>イニシャルにだけしてもらえば、後は先生の好きな様に書いて下さい。



これって、すごくない?



>考えていた時より、先生が好きに書いてくれればいいや、と思えたら、

>朝起きた時よりも、背中の痛みが少し引きました(笑)

>決心って凄いですね(笑)



決心って凄いです(笑)


覚悟が決まる。

肚が座る。


肚とは丹田。



Hさんね。

丹田の力が抜けておられたんです。

きっと今は入っているはず。


丹田に気が満ちるほどね。

丹田以外の力が抜けるんです。

脱力して自然体。



自然体ってね。

全部力を抜くことじゃないんですよ。


丹田には集中。

それ以外は、拡散。

集中と拡散を同時にする。


どちらでもあり、どちらでもない。


いつものね(笑)




人は生きていく。

死ぬまで生きていく。


前を向いても。

後ろを向いても。



無理に前だけ向くよりもね。

たまには、後ろを振り返ってもいい。

より前へ進む力が生まれるから。


どちらでもあり、どちらでもない。



>五里霧中からやっと抜け出した私(笑)

>徐々に、ですね(^^)



そう、徐々にですね。



施術の効果がなかったもうひとり。

こちらもHさん。


同じく施術後にお話しをしてね。

散々泣かれた後にね。


「明日から仕事に行く勇気が湧いてきました。」



私の仕事って、何だろう?

施術で相手を楽にすること?


確かにそれもあるね。

けど、それだけじゃない。

技術を提供しているだけじゃない。



その場を共有する。

人と人とが。


その関係は、相対的に変化する。

明日の私と明日の相手は違う。

いまだけの一期一会。



私とあなた。

個と個。

肉体的には、別の存在。

相対的関係。


けど、意識の世界ではね。

融合したがっている。

相補的関係。


いま、目の前の現象はね。

あらゆる場面で応用できる。

相似的関係。


相対、相補、相似。



東洋哲学を通じて学ぶこと。


「あなたは木だから、金の人とは相性が悪いです。」


陰陽五行はタイプ分けではない。

施術にも使えるけど、テクニックでもない。

宇宙法則だけど、システムでもない。



観方なんだ。


相対、相補、相似というメガネをかけて。

この世を観る。


それは生き方なんだ。



Hさんにね。


「陰陽五行を学んだ鍼灸師」


として接していたらね。

今回のような展開にはならなかった。

いろいろ手を尽くしたけど、ごめんなさいって。



「東洋哲学を通じて相対、相補、相似の観方を学んだ谷田学」


として場をともにできた。

だから、今回の気づきを頂いたのだと。



その観方を学べたらね。

別に陰陽五行でなくてもいい。


他の「道」でもね。

同じことを見出されている方はたくさんいらっしゃる。


ただ、過去に白黒つけ過ぎて、心がとがっていた私。

漢字好きで見えない世界に興味があった私。

カラダだけでなく、ココロにもアプローチしたかった私。


にとっての陰陽五行。

必要な時に必要なご縁が生じただけ。



好きだけど、いつでも手放せる。



これだな~。

これですよ。

これ、イイと思う。



今回のセミナー行脚。

ふたりのHさんのおかげでね。

象が明確になりました。


あとは、形にするだけですね。



昭和ネタ満載。

良い加減な陰陽五行セミナー。

こちらでも受講頂けます。


・5月27日(火) 茨城 詳細はこちら

・6月15日(日) 大阪 詳細はこちら



ブログ、最近、サボり気味でごめんなさい。

セミナー行脚が続いてね。

帰って来ても、いろいろ溜まってるわけですよ(笑)


書きたいネタも溜まってますのでね。

また、ボチボチと。


って、週末からまた行脚。

今回も濃そうです。


アウトプットしきらないうちに。

またもやインプット。

まるで、Yさん 家の食卓。


しっかり腑に落としていきますね。




では、今宵はこのあたりで。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。