でっかいオバチャンのリコーダー日記
2012年11月からリコーダー始めました。ソプラノからバスまで楽器が揃いました。

闘病ブログがメインですので、こちらはコメント欄を閉じさせて頂きます。


  • 15Oct
    • 10.15レッスン

      今日は、11月11日の公民館まつりの曲のレッスン。少年時代(アルト三声版)埴生の宿ドレミの歌少年時代は、私が入院していた時に習ったらしい。空いているのが3rd.でそこに入る。3rd.は二人とも他の曲でソプラノを吹くのでテナーを使う事にした。1st.特訓。歌詞のしゃくりの所のリズムが違うので、何回も吹いたり手拍子と歌で修正したが、すぐ戻ってしまうので宿題。テンポは80にアップする。埴生の宿は、ほとんどソプラノの指導(;_;)メロディーの出だしのアウフタクトの吹き方、グーっと持ち上げる。バスがメインのアレンジの所は、バスを聴いてうまく音を合わせる。バスのメロディーを自分で吹いてみると良い。ドレミの歌は一発合格。夏のバリアフリーコンサートに向けて沢山吹いたもん。練習したら結果は出るのね。10月21日の、日本テレマン協会創立55周年記念特別公演の招待券二枚当たった!某新聞社さん、ありがとう。メイン公演のチケットで全公演聴けるので、リコオケをメンバーさんと聴きに行きます(^o^)

      2
      テーマ:
  • 11Oct
    • 芸能人格付けチェックの35万円のリコーダー吹いてきた

      今日は、カルチャーのメンバーさん一人と一緒に、三木楽器のリコーダーフェアに行った。先生に選定してもらったソプラノを買った後、会場に戻り、格付けチェックのテレビで35万円のアルトリコーダー映ってた話をメンバーさんにしてたら、スタッフさんが聞いていて「これです!」と教えてくれたので、吹くのはタダだと吹いてみた。楽器は軽くて、息も強くしてないのに重厚感のある音が出る。メンバーさんと二人で「すごーい!」テレビ見てた時は、救急車が走って聞こえなかった(;_;)スタッフさんが、「オーケストラと共演しても負けない音を出すように作られています」と教えてくれた。プロ仕様なのね、お値段も張るし。テレビで初心者向けの三万円と出てたのは、モーレンハウエルだった。これは見るだけ。ちなみに、私のソプラノは、タケヤマのローズウッド。メンバーさんはスズキのヨーロッパツゲの高い方。ローズウッドは割れやすいので、丁寧に扱うよう先生に言われる。慣らし吹き終わったら、本番用になる。もう輸入出来ない貴重な木なので、大事にしなきゃね。フェアは14日まで。35万円のアルト、売れるのか?

      4
      テーマ:
  • 03Oct
    • 10.01レッスン

      ハ〇〇ルーペのCMのクサい芝居がツボにはまったかずんちです。☆レッスン内容ギースベルト90~92リコーダー教則本Ⅱ 92・93夕焼け小焼けノスタルジック・エアスコットランド・ザ・ブレイブギースベルトに『a'とb'の組み合わせの練習に、古いイギリスの速い舞曲をいくつか演奏してみましょう。』と書いているので、そこを意識して吹く。問題無く指が回るので〇リコーダー教則本Ⅱのダブルタンギング、確実に舌を動かす練習でテンポはゆっくり。dekeでもdukuでもやり易い方で。表拍、裏拍を感じる→表現、うたう、おしゃべりする事を意識して、いつでも練習すると良い。ここでかなりの時間を使いました。夕焼け小焼けはソプラノ特訓。出だしのタイミングを合わせるのに、最初に入るバス、何回も吹いたら私が上手くなった(^_^;)内声の16分音符の塊、さっきやったダブルタンギングの応用ができる。次回持ち越し。ノスタルジック…は〇スコットランド…は、dim.など細かい所が出来ていないので、持ち越し(ToT)『水辺の春』の楽譜を貰う。パートチェンジしましょう、となったが、私が「どこでもいい」と言ったら、またバスになった。腕と腹筋トレーニングせなあかん。

      3
      テーマ:
  • 17Sep
    • 9.17レッスン

      台風による停電やら、なんやかんやで前回レッスンから2週間経ってしまいました…ギースベルト88・89ノスタルジック・エアスコットランド・ザ・ブレイブ夕焼け小焼けギースベルト89でトリルのおさらい。一番下に書いてあるトリルのやり方、せめて真ん中迄は出来ると良い。トリルの時に息が弱くなっているので、息は張る、強さを保つ事。スコットランド…は、38小節のアクセント、やり過ぎるくらいハッキリと。ワタクシ、バスは「シ」なのでやり過ぎると音がひっくり返るので、どう表現しようか研究しないと。夕焼け小焼け、ソプラノ特訓。個人的に練習不足を実感。バスで跳躍上手く音を出す練習する!一人骨折でお休みなので(台風がらみ)、全員で合わせてから夕焼け小焼け以外の2曲終わり。リコーダー教則本第7課のダブルタンギングの練習は、今日はやらなかったが、自分のやり易い切り方(dukuとかdikiとか)で良い。プロは曲によって使い分けるとか。個人レッスンでは指導するが、カルチャーでは普段言わないが、あえてこのクラスではやりますって前回言われた…多分私、頭ついていかないわ。ギースベルトにキレイな紙貼ってみた

      4
      テーマ:
  • 26Aug
    • 8.20レッスン

      久々の通常レッスン。ギースベルト84・85リコーダー教則本第7課 ダブルタンギングの練習ノスタルジック・エアスコットランド・ザ・ブレイブの18小節迄ギースベルト85のミリソンのジグ、今回はジグのリズムとテンポを正確に吹いた。今回二周目なので、前回はジグっぽくなかったんだ、と思ったのと、ジグってこんなに速いのね。ダブルタンギングは今回deke dekeで練習。dikiもよく使うと教わる。家で湯船に浸かりながらdeke deke(笑)ノスタルジック・エアは先生が「初見でいけるでしょう」と言ったが、実は、公民館で一度合わせました(^_^;)なので、何とか通せました。スコットランド・ザ・ブレイブは、伴奏パートのバグパイプ風な所をみっちりと。16分音符に斜線の全打音って、一瞬だ。けど、面白い(^^)夕焼け小焼けの楽譜を貰う。この3曲、ワタクシぜーんぶバス\(^^)/バス、落ち着く。皆さんが吹きやすいように頑張ります!

      5
      テーマ:
  • 19Aug
    • バリアフリーコンサートの練習で気付いた事

      バリアフリーコンサート、無事終わりました。本番前に、練習を三回通す時間があり、rit.はソプラノとアルトで合図を合わせる事で解決。本番、私の笛が、練習で疲れてしまい、一つ高音が出なかったのですが、もう一人のソプラノさんに任せ、後は挽回しました。リコーダーは私達だけ。メインはマンドリン教室の生徒さん。後、その中のグループが訪問演奏している施設の人達の歌。ゲストは元大学教授のピアノ演奏。全員合唱で終わり。今回の練習は、本当に苦労しました。仲の良いのが取り柄の私達が、揉めましたからね…私達には曲の難易度が上がったからですが、アンサンブルは合わせるのがこんなに大変とは思わなかった。個人の癖もあるでしょう。ソプラノやって気付いたことは、バスがしっかりしていないと吹きにくい。レッスンの次の課題曲がバス担当なので、意識します。バスは得意です。後、楽器。技術と音をどこまで追及するかにもよりますが、私の場合、聴覚過敏症でソプラノはあまりやらないつもりで、お安いモーレンハウエルのY先生の選定品を買いました。そしたら今回まさかのソプラノばかり。高いラが出てくるし、正直モーレンハウエルではしんどかったです。初心者向けの楽器と言われる理由が分かりました。で、タケヤマのブラジルツゲを買おうかと思っています。タケヤマは、アルトとテナーを持っているので吹奏感は分かります。気持ちよく高音が伸びる物をゲットしたいです。気になったのは、各グループの演奏の段取り。マンドリンのグループは、劇場の譜面台を使う。私達は、私物の譜面台を持っていく。私達の譜面台、グループの名前書いて縄跳びでまとめて括っていたのですが、昼食から戻ったら、括った縄跳び外して譜面台使われていました(`ヘ´)グループ変わる毎にバタバタ準備をし、あげくの果てに、ステージで音だしをする。私達にしたら、「前もってやっとけやー!」てなる。私達は、譜面台、楽器、譜面を持って入場。並べて礼して演奏。終わって礼して退場。プロの先生に学ぶとステージマナーも厳しい。今回は、色々学ぶ事がありました。明日、通常レッスン。11月11日、公民館祭り出演。

      4
      テーマ:
  • 16Aug
    • 8.16公民館練習

      今日の午後の公民館、私達だけ活動。お盆は空いている♪1週間空くだけで、まあ、見事バラバラ…合わない所、いくつもある。今日は、徹底して、何回もプログラムを練習する。ネックは、サウンド・オブ・ミュージックの最後のrit.どうしても私が速い。アルトの人に、テンポ取ってもらって、私のポンコツ脳ミソはすぐ忘れるから、メトロノームでテンポ探って、4分音符60まで落とす感覚を、後2日で体得せなあかん(^_^;)アンサンブルって、みんなの話し合いで成り立つのね。意見は言い合った方がいい。喧嘩にならない程度に。アイコンタクトと分かりやすい合図は大事。今回の教訓。後、私がトップの自覚が足りないので、自信を持たないとね。どうしても、練習が足りない…普通の脳みそに戻りたいわ。

      4
      テーマ:
  • 09Aug
    • 8.09公民館練習

      月曜日のカルチャーのレッスンは、身内で不幸があり休みました。バリアフリーコンサート前の先生の最後のレッスンなので行きたかった...テンポが動く所の合図は、アルトさんとソプラノ。先生は「アイコンタクトをとるように」と強調されたらしい。曲の終わりにrit.がかかるところは私の役目。先生の指示のテンポを教えてもらい、合わせる。ここ、トリルが入るのでリズム取りにくい。なんとか合うようになって、公民館の職員も「大分上手くなりましたね」と言ってくれた。後は、お客様から見て、違和感の無いよう合図の出し方を、鏡見てやってみる。来週も練習取っているので、それまでに完成させたいな。上手なグループの動画見て、研究中(^_^;)

      4
      テーマ:
  • 16Jul
    • 7.16レッスン

      猛暑の中、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は今日、祝日の自覚が無く、レッスン後「今から市役所行ってきます!」と言い、メンバーさんに「今日市役所休みよ!」と言われてしまいました。教えてくれて助かりました…そんなボケボケ脳みそで受けたレッスン前回と同じ、8月のバリアフリーコンサートの曲見上げてごらん夜の星をサウンド・オブ・ミュージックドレミの歌全体通して、個人的に直さないといけないところの指導できないところは100回練習せよ、と(ToT)私は、曲の最後のrit.の指揮のとりかた。先生のやり方を見ながら一緒にやってみると、動きが小さいので、大きく皆が見易いように動くように言われる。私は舞台で吹くとき、一回隣の人の真似して膝でリズムを取ったら足が震えてしまった事があるので、直立不動で吹く(^_^;)なのでー、吹きながらの指揮の所、足、大丈夫やろか?家でも立奏で、合図の出し方を100回やらなあかんわ…あと、ステージマナー。女性の先生は細かい。先日、男性の先生の門下生発表会に行った時に、そう思った。最後のダメ出しドレミの歌は楽しそうに吹く!メトロノームを使う!今回全てソプラノ担当だが、やっぱりソプラノ嫌い(>_<)

      5
      テーマ:
  • 02Jul
    • 7.02レッスン

      前回は、大阪北部地震で休講でした。今回の曲は、来月のバリアフリーコンサートの曲。サウンド・オブ・ミュージックドレミの歌見上げてごらん夜の星を映画『サウンド・オブ・ミュージック』からの2曲は、レッスンで習ったので、私を含めパート変わった二人が細かい音まで慣れること。全体的にはまずまず。問題は、公民館で吹いてきた、「見上げてごらん夜の星を」ソプラノ強すぎる。この曲は、全体的に柔らかく。出だしの1音柔らかく、4小節からグーっとクレッシェンド。最後のピアニッシモのファの変え指は、7番を半分開けるか全部開けるかやってみる。ピッチ低くてもいいので、全部開ける方がこの曲に合う。静かーに柔らかーく。指揮者がいないので、meno mosso無しで。私は、合図の出し方を教わる。ソプラノ嫌いで避けてきたので、今まで他人任せだったから、なんか緊張して間違いそう。全体的には、メトロノームを使って練習せよと何回も言われる。個人的に、親戚や離れて暮らす家族が色々あって大変で、練習とか体調管理とかできるかな?な状況。途中で誰か抜けるって、練習やり直しで大変だし、みんなで出られますように…

      5
      テーマ:
  • 05Jun
    • 6.04レッスン

      レッスン前日、デル・ソーレ大阪さんのコンサートで先生に会った。そこからの、「感想を一人ずつ」から始まる…リュートが聴きたかった指使いがキレイだったホールの音響が今一つで勿体ない、などなど。実は、一週間前に、芸文小ホールの、プネウマさんのコンサートに行ったのね。オールバッハプログラムで、「パイプオルガンみたいに聴こえた」とか、少し前に習った、『カンタータBWV106より 第1曲 ソナティーナ』を聴いて、「私達と全然違う!」と家でおさらいした人もいた。なので、どうしても比較してしまい、先生もプネウマさんネタに食いついてくるので、どっちの感想やねん、な感じに。私は、音楽的なことは皆さんと同じだったので、「あの衣装は私には無理」と(笑)先生曰く、「上下黒」という決まりらしい。だけど、黒のロングドレスにキラキラネックレス。本気度満載。「一度着たら慣れるよ」と言われたが、着ることは無いでしょう。共通して、人数多くて(11人、20数人)低音多いとハーモニーに厚みが出る。うちは6人で、バス2人に固定しましょうか?案は廃案となる。臨機応変でええやん、な感じ。コントラバス、グループに一つ欲しいなぁ。レッスン内容故郷埴生の宿Go ye, mycanzonetsPhilis schoon Herderinneの模範演奏と笛の楽園について故郷は今回で○ レパートリーにしてください、とのこと埴生の宿は、各パート細かい指示。出だしは小さめに。四分音符だが八分音符二つに分けて、一つ目はp、二つ目はfになるようグーッと持って行く符点でうたうソプラノ休み多いから、カウントや他のパート聴くのに集中しないと上手く入れない。次回持ち越しGo ye…は、2ページ目のフレーズ、表現(音を短めにする所とか)と、ルネサンス音楽のトリルの入れ方の練習。下から1回トリル。まだ、ルネサンス音楽掴みきれていない(;_;)8月に、バリアフリーコンサートあるし、宿題てんこ盛りもう6年目だから、レッスンも難しいし、帰宅後寝てしまいました(u_u)。。。zzzZZ

      4
      テーマ:
  • 23May
    • 5.21レッスン

      気温の差が大きく身体がフラフラなところに、近所の人の救急搬送に立ち会い。その人、一度心臓止まったのですが蘇生して、良かったのですが、私の心身のダメージが大きくて…グッタリでは、気を取り直して、レッスン内容カヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲故郷埴生の宿ギースベルト83先生また「四声から!」もう、慣れた四声共通して、縦を合わせる事に重点を置くそれぞれのパートが順番に音を出しての和声の確認を何カ所も行うピッチはバスに合わせる。「ソプラノちゃうんかい!」と自分に突っ込む私「バスが高いなぁ」と思ったら自分も上げるとか言われる今は後ろにバスがいるからよく聞こえるけど、横に並んだら聞こえるかなぁいや、聴く余裕があるかだわここで習って良かった鍵盤ハーモニカ。コードネームの勉強中カヴァレリア…の楽譜は、ながーいフレージング記号があるが、リコーダーはどう吹くのか悩む軽いタンギングを使うそうです。次の音とギリギリまでつながっている感じ埴生の宿のバスがカッコ良くて聴き入ってしまい、迷子になりそうに(^^;)時間が少し有ったのでギースベルト。先生セカンド、受講者ファーストで、二回通して終わり一期メンバーは、ギースベルト二周目だからねで、前回音だしした、Go ye,my canzonetsを皆さん沢山練習したのに今回無しっ!

      4
      テーマ:
  • 07May
    • 5.07レッスン

      雨の多い月曜日。バッグ二つに傘は鬱陶しいなレッスン内容若い広場故郷埴生の宿Go ye my canzonets先生、「四声からやります!」みんな、慌てる今日の『若い広場』は、ソプラノ二人にダメ出し出ました〜17小節から20小節まで盛り上げる!二人のピッチが合わない私はモーレンハウエルのボックスウッド、もう一人はヤマハのプラ管。次回から私もヤマハのプラ管に変えます後は、皆さんアクセントの所を思い切り吹く、そこは縦をバッチリ合わせる最後のページ、テンポがバラつくのでメトロノーム使うように細かい指導いっぱいあったのに○???個人で練習しておいてだって故郷と埴生の宿は、今回やるとは思ってなかった『故郷』ではフレーズはどこまで?四小節毎テナーがメロディーになる所、二人の音を合わせるように。テナーさん、公民館で合わせるようです「誰もが知っている曲程難しい」と言われた聴いている人に「違うやん」と思われないように、との事なんか怖くなりました『埴生の宿』私、知らなかったですアウフタクトの息の方向の持っていき方と転調に注意、しか覚えていません(><)『Go ye…』も、今回やるとは思ってなかったが、皆さん吹けるのよね〜ルネサンス音楽に慣れていないので、不思議な音楽の感じがしましたカンツォンのリズムを学ぶ以上みんな、リコーダー教則本Ⅱの90 Allemande de Mr.Purcell が難しいから、そればかり練習したらしいが(考える事は同じね)今回無しこのままフェードアウトするんだろうか?何を練習したらいいのか分からない

      4
      テーマ:
  • 16Apr
    • 4.16レッスンのち北海道物産大会

      二週間前はパンフェアに行きましたが、今回は同じく阪急百貨店の北海道物産大会へ阪急百貨店に踊らされているかずんちですレッスンは12時までなので、物産大会のイートインに行きたかったのですが、歯の治療で食べられる物が限られているので泣く泣く断念ラーメンとかお寿司とか、食べたかったおやつ。はこだて恋いちごのミルフィーユパフェソフトクリームに乗っている凍らせた苺のスライスが落ちてくるので、まずソフトクリームに貼り付けて食べるのがよろし美味しゅうございました夕張メロンゼリー北海道のメロンゼリーでも、メーカーによって当たり外れがある。これはどうだろう。前に西武高槻で買った物はとても美味しかったです夕食のおかずに、肉じゃがコロッケとカニクリームコロッケを購入しておしまい今はソプラノ担当なので寄り道ができる。バス担当だと重たいので寄り道出来ないから反動かなでは、レッスン内容ギースベルト81・82リコーダー教則本Ⅱの90若い広場ギースベルト81は、最後までスタッカートをハッキリと82は、しっかりブレスをとる場所の確認どちらも数回通して○リコーダー教則本Ⅱの90は、まず二分の二拍子をとるために楽譜に二分音符を書いてみる後はひたすら表現と縦を揃える練習音形による音量の変化、明るい所と悲しい所の表現16分音符の塊で指が回るように吹くのに必死で、余裕が無い(泣)そろそろ楽譜と対話するようにと言われる( ̄▽ ̄;)若い広場は、テナーとバス、先生絶賛アルト特訓。ソプラノはノーコメント…どう受け止めたらいいのか…今の曲が終わったら取り組む楽譜を4曲もらう。パートそのまま。またまたソプラノやん…

      10
      テーマ:
  • 02Apr
    • 4.02レッスンのち阪急うめだパンフェア

      ヒノキ花粉症のかずんちです(T_T)レッスン後、梅田に直行。阪急うめだパンフェアに行きました平日やのに、すごい人!クリームパンのコーナーに、バックハウスイリエのクリームパン三個入り袋が沢山並んでいたので、大好きな芦屋ローゲンマイヤーのパンと比較するのに購入まだ食べないので、袋のまますみません今日のおやつにフルーツサンド上本町の果物屋さん、山口果物のサンドイッチ。果物がとてもおいしかったですオムそばパンは、見た目がイマイチなので写真無し色々見ていたらきりがないので、さっさと帰宅では、今日のレッスンギースベルト79 80リコーダー教則本Ⅱの90 Allemande de Mr.Purcellカヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲若い広場ギースベルトは薬指の動きの練習。数回通して○Allemande…は、縦を合わせる、16分音符の塊はレガートでtdtdのタンギング二分の二拍子でカウントとる。四分の四で取らない!またまた「もう勘弁して」と思うくらい繰り返す16分音符の塊を制覇するのが宿題個人的には、前日の夕方までもう一枚楽譜があるのに気がつかなかったので、(我ながら情けない)譜読みから。転調もあるし…カヴァレリア…は、アルト、テナーに指示。ソプラノは最後の高いラを美しく。ここ難しい。音の切り方も柔らかくすると雑音入るので素早く切りたくなるし(;_;)若い広場今時の音楽、楽譜にすると難しい!リズム取り辛い!桑田佳祐嫌い!(今だけ)二長調でシ#とかラ#とか頭混乱する~苦労したお陰で、上手くリズム取れてたそうです。正直、一部耳コピしました…一時楽だったのに、また難しいゾーン突入です

      6
      テーマ:
  • 19Mar
    • 3.19レッスンと鍵盤ハーモニカの意外な事

      いきなり今回の曲サウンド・オブ・ミュージックカヴァレリア・ルスティカーナより間奏曲リコーダー教則本Ⅱの89いつも後回しになるサウンド…rit.とa tempoの所を全員が合うまでみっちり一時間かけるここはバスを聴いて、ここはテナーを聴いて等、作り込んでいく指揮があればまだ合わせる事ができても、自分達だけでやると、合わせるのが難しいこういう所、ウチのグループの課題カヴァレリア…は、皆さん今回やるとは思ってなかったみたいで焦る公民館練習の時に、パートを決めた皆さん、遠まわしにかずんちさんの耳が高い音大丈夫ならソプラノやってと、ものすごいプレッシャーをかけてきた「レッスン室の広さならギリギリ限界」と言うと「どうする?」とまた詰め寄ってくるなので、ソプラノになりました…家では耳栓です一度通して、各パートの注意点を聞いて次回につなぐ教則本Ⅱの89は上下数回合わせて○新たに《若い広場》の楽譜をもらう。私、朝ドラ見ない派です…パートはカヴァレリア…と同じ。また苦手なソプラノ(;_;)後、鍵盤ハーモニカを習い始めて意外だった事鍵盤ハーモニカはうるさくない息の強さは、顔の前に垂らしたティッシュが揺れない程度。低音域はもう少し強めその程度でキレイな音が出るもう一つ。息を強くするとピッチが下がる。リコーダーと反対まだ、ドレミファソしか吹いてないので(音楽理論を丁寧に教えてくださるので)早く曲が吹きたいです♪

      5
      テーマ:
  • 05Mar
    • 3.05レッスン

      また雨の月曜日眠くて眠くて時間ギリギリまでレッスン休もうか葛藤してました(^^;)今回の内容ギースベルト77 78リコーダー教則本Ⅱ 87 Sonatineと 88の予習灯台もりドレミの歌サウンド・オブ・ミュージックギースベルトは、高い音から低い音へのオクターブ跳躍進行の息使いの使い分けをみっちりとそこからのリコーダー教則本Ⅱの87、バッハのカンタータも跳躍バンバン出てくるので、ここでも息の使い分けをみっちりと前回程では無いけど、何回も繰り返して…やっと○ ヽ(^o^)丿88の予習は、高音をきれいに吹けるかあと、アルトのd#'''の音程が高い時の替え指メンバーの中で、竹山ブラジルツゲを持っている二人の音程が高かったので替え指で灯台もりは、指示通りのテンポにするドレミの歌は、かなり仕上がってきたらしく、もっと完成度を高くしていくどこまで行くのやら…サウンド…は、一カ所つなぎが上手く行かないところがあるので、そこの修正が課題ここ、きっと来週の公民館練習で直してしまうと思うわまだやらないけど、『カヴァレリア・ルスティカーナ』より 間奏曲 の楽譜をもらう今、バスの人がテナー希望なので、私がバスになる確率二分の一(笑)ソプラノは、最後に高い音が続くので、体質的にダメかもしれない(聴覚過敏)

      5
      テーマ:
  • 22Feb
    • 2.19レッスン

      もう木曜日になってしまいました(^^;)レッスン内容ギースベルト75・76燈台もりリコーダー教則本Ⅱ 87 Sonatineサウンド・オブ・ミュージックギースベルト76は、和音の第1転回、第2転回を聴き比べる最後の音の処理は、和音をイメージするように(今まで何回か言われている)燈台もりは通すだけ。たが、次回持ち越しリコーダー教則本Ⅱ 87は、出だしの音のイメージ、次の休符で気持ちを切り替える、上下の不協和音を感じる…などなど、バッハはどういう音楽にしたいのか?というのを細かく細かく作り込みで、何回も繰り返して、正直「もう勘弁して」と思うくらいまだまだ時間をかける予定サウンド…は、全てのrit.とa tempoの違いをハッキリと今回は、凄く疲れましたカルチャーで、これだけ教えて貰えるのはありがたいことですが先日、カルチャーの店長さんが、「もはやカルチャーじゃない」と言っていました帰宅して、軽くお昼食べてから昼寝してしまいました。ぐったり

      4
      テーマ:
  • 05Feb
    • 2.05レッスン

      寒波が来ていますが皆さんお元気ですか?楽器の扱いにとても気を使う時期ですね今日の内容ギースベルト73・74リコーダー教則本87 Sonatine バッハのカンタータ第106番←調べましたドレミの歌サウンド・オブ・ミュージックギースベルトは、74でヘミオラはどこか分かるか→分かりませんでした(´-` )最後の二小節でしたウチのグループ、バロック音楽をあまりやらないので、私、勉強不足を痛感リコーダー教則本87 Sonatineは、有名な曲だと言われたが、譜面見た瞬間無理…と思ったなので、前々からものすごくゆっくりな速さで練習してたけど、半音とか跳躍とかスラーとか頭混乱皆さん、沢山練習した様子で、最後まで通せました。すごっ2つのパート共、上手く吹けたら掛け合いがキレイなんだろうなぁ  まだまだ沢山練習せなドレミの歌は、ソプラノ、バスの細かい調整音程を直したいと先生が言うので次回私、また気張りすぎて吹いてるんだろうか(アルト)サウンド…は今回初めてなので、どんな感じが探るテナーさんはバッチリ!私(アルト)は、メロディー部分は吹けるけど、伴奏に回った時、どこについて行ったらいいのか分からない状態次回二週間後。公民館練習は来週

      6
      テーマ:
  • 29Jan
    • 1.29レッスン

      今年2回目です。もう一月も終わりですね…今日の内容ギースベルト70〜72ドレミの歌廃番の教則本86 Air燈台もりギースベルトはいつものように、ブレスの位置、フレーズを読む71のスタッカートテヌートの長さが長いので修正72のメヌエットの前打音は、斜線無いので優しく。二小節一括りを意識するAirは、縦をバッチリ揃えたい箇所、トリルの位置の把握1stの出だしは2ndを誘うように音が上昇する所はしっかり盛り上げるドレミの歌は、アーティキュレーションを確実にテンポアップしてみた→OK燈台もりは、これからもっとテンポアップしていく『サウンド・オブ・ミュージック』の楽譜を貰う『ドレミの歌』とセットにするのでパートそのまま次回、一週間後(;´Д`)

      3
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス