不動産投資

テーマ:

おはようございます!吉川美南不動産の石井です。

 

今日は不動産投資の話です。

 

まだまだ世間を騒がしているスマートデイズの「かぼちゃの馬車事件」

 

簡単に説明しますと、女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」を投資家に建ててもらい、それをスマートデイズさんがサブリースによる「30年一括借上げ家賃保証」で借上げ、家賃の保証をしますよ!という話だったのに、約束を守らず家賃を払ってもらえなくなったという話です。

詳しくは検索してみてください。

 

実はこのような話はシェアハウスだけに限らず、昔からあります。ス〇ガ銀行の書類の改ざん、それを仲介した不動産仲介業者の改ざんもあったと予想できます。ただし、私の記憶している限りは10年以上も前の話です。

なのでこの事件を聞いたときは正直、まだそんなことやっている会社があるんだ・・・という驚きでした。

その驚きとともに、まだ騙されてしまう人がいるのか・・・という残念な気持ちになりました。

 

経済は生き物と言われているように、不動産投資に関しても常に管理、見極めをしていく必要があります。一度買ったらそのまま何もしないでもいいというわけではありません。日々変化していく中でオーナーさんも変化を取り入れていかなければいけません。

 

30年家賃を保証しますというシステムも利益があるからできますし、家賃の保証します!といっても金額が30年同じとは限りません。たいてい、定期的に減額されています。業者はアパート等の建築費用にて家賃を保証できるほどの利益がすでにでていることが多いです。

 

そして一部の人口増加地域を除き、建物の数が世帯数を上回っている現状。空家をどうしようかという時なのにさらにアパートを建築している人が多い現状。冷静に考えるとこの先どうなるかはだいたい見当はつきますよね。

 

そこで差別化を図るために「シェアハウス」ということだったのでしょうけど、正直シェアハウスはとても運営が難しいです。

リスク管理が多すぎますし、土地を買って建物まで建てるとなると採算が合わないことが多く、ボランティア精神のある人や地域のために役に立ちたいという思いのある人でないと継続はなかなか厳しいのではないかと思います。

 

ただ、そんな地域のために役に立ちたいという人が建ててくれるシェアハウスやシェアオフィスがあるとそのまちはとても魅力的です。

損得でない魅力を感じることはできると思います。

 

ですので、不動産投資のおいしい儲け話には十分に気を付け、決断の際は1社だけでなく数社に問い合わせるなどし、冷静にご判断ください!

 

私も不動産コンサルタント、相続対策専門士、不動産有効活用専門士、宅建マイスターといった様々な資格をもってお仕事させて頂いておりますので、お悩みの際はお気軽にご相談ください(^^)/

 

そしてなにより、お客様自身も知識を身に着けることが騙されない一番の方法かと思います。

不動産に関わる書籍を読むのでも十分知識を得られます。

下記のような漫画でも学べるところがありますのでぜひご覧になってみては(^^)

 

 

吉川市、吉川美南の住まいのことなら

吉川美南不動産へ!

 

不動産の売りたい、買いたい!何でも相談ください!