ホテル ●五郎 【後編】 | 廃墟WonderAround
2011年11月09日

ホテル ●五郎 【後編】

テーマ:香川県

     ホテル ●五郎 【後編】


※これは後編です。まずは>>ホテル ●五郎 【前編】 <<からお読みください


2階の部屋を探索し終えたので、3階へ行こうと思います。
廃墟WonderAround
再び新館の方へ。301~305号室は洋室の特別室です。まずは301号室です。
廃墟WonderAround
ベッド。
廃墟WonderAround
302号室。まだまだ使えそうな状態です。
廃墟WonderAround
303号室。
廃墟WonderAround
304号室。
廃墟WonderAround
照明が落下して、無残な姿になっていました。
廃墟WonderAround
305号室。
廃墟WonderAround
ベッドです。
廃墟WonderAround
次は306号室です。ここからは一部を除いて特別室ではなく、完全な和室の部屋となっています。
廃墟WonderAround
現役当時はゆっくりとくつろげる空間となっていたのでしょう。
廃墟WonderAround
307号室です。
廃墟WonderAround
308号室。
廃墟WonderAround
309号室です。
廃墟WonderAround
建物の1階は、懐中電灯無しには探索できない部分もいくらかありましたが、ここら辺は明るく、とても探索しやすくなっていました。
廃墟WonderAround
310号室。
廃墟WonderAround
311号室です。
廃墟WonderAround
和風の部屋にはあまりにも不釣合いな椅子。後から別の所から持ち込まれたのでしょう。吸殻や酒の空缶などが置かれ、浮浪者が一時的に生活をした痕跡が残っていました。
廃墟WonderAround
確かに状態も良いですし、寝床にはちょうど良かったのかも知れませんね。
廃墟WonderAround
312号室。この部屋は306号室以降唯一の洋室で、ベッドの置かれている部屋となっています。しかし、狭く、かなり強引に置かれているような気がします。
廃墟WonderAround
雑誌が置かれていました。元々あったものなのか、後に持ち込まれた物なのか・・・
廃墟WonderAround
次は別館。321号室です。
廃墟WonderAround
廊下には物が置かれ、通りにくくなっていました。営業時に既にこの状態であるわけは恐らく有り得ないでしょうから、廃業してから置かれたのでしょう。
廃墟WonderAround
322、323号室は開かなかったので奥へ進みます。
廃墟WonderAround
324号室。
廃墟WonderAround
325号室。
廃墟WonderAround
326号室です。
廃墟WonderAround
327号室は開きませんでした。なので次は328号室です。
廃墟WonderAround
窓が開いていて、強風が室内に吹き込むせいか、かなり室内は荒れていました。
廃墟WonderAround
329号室。
廃墟WonderAround
途中に配膳室というスペースがありました。
廃墟WonderAround
330号室。
廃墟WonderAround
331号室。
廃墟WonderAround
332号室です。この部屋はかなり荒れ果てています。やはり強風の影響でしょうか。
廃墟WonderAround
333号室。
廃墟WonderAround
334号室。
廃墟WonderAround
床に置いてあるのはドリンクです。恐らく冷蔵庫の中にでも入っていた物を誰かが出したのでしょう。しかし、廃業からそんなには経っていない為か、まだドリンクの色はおかしくなっていません。これがしばらく経ってくると透明な物も麦茶のような色になってきます。
廃墟WonderAround
335号室です。
廃墟WonderAround
次で3階最後の部屋なのですが・・・・
廃墟WonderAround
これは336/337号室でいいのでしょうか?二つの部屋が内部で繋がっている少し大きめの部屋なのかと思いましたが、内部は意外にも普通の狭い部屋となっていました。
廃墟WonderAround
次は4階です。
廃墟WonderAround
4階にはバーや大浴場などが存在します。
廃墟WonderAround
ラウンジ内部。夜は夜景を堪能できた事でしょう。
廃墟WonderAround

当時は素敵な空間だったに違いありません。
廃墟WonderAround
ここに来た事のある人は、まさかこのホテルがこのような姿になってしまうとは思ってもいなかった事でしょう。
廃墟WonderAround
お酒を飲みながら愛を語る。こんな夜景の美しいホテルで告白なんぞされたら女性も一瞬で落ちてしまう事でしょう・・・?
廃墟WonderAround
カラオケも楽しめました。
廃墟WonderAround
カウンター内部。
廃墟WonderAround
カウンターの上には割れたグラスが散らばっていました。
廃墟WonderAround
展望の大きなガラスはほとんど割られてしまっています。
廃墟WonderAround
バルコニーに出ると、このような感じ。ズタボロです。
廃墟WonderAround
屋根の上に行く事が出来ます。
廃墟WonderAround
た・・・・高いっ!実は高所恐怖症なんです。
廃墟WonderAround
ラウンジに戻ってきました。・・・・やれやれ。
廃墟WonderAround
それでは浴室へ向かいます。
廃墟WonderAround
ラウンジから少し先に進んだところに浴室はあります。
廃墟WonderAround
では、まずは男湯から探索します。
廃墟WonderAround
更衣室。かなり広いです。
廃墟WonderAround
浴場内部へ行きます。
廃墟WonderAround
内部。浴場もかなり広いです。
廃墟WonderAround
シャワーの数も結構あります。シャンプー類がそのまま残っていました。
廃墟WonderAround
夜景を楽しみながらゆったりとくつろげる露天風呂。
廃墟WonderAround
女湯です。こちらの入口付近は天井が崩れて暗かったのでフラッシュを焚いての撮影です。
廃墟WonderAround
更衣室。
廃墟WonderAround
浴場内部は男湯とほとんど変わりませんでした。
廃墟WonderAround
シャワー。
廃墟WonderAround
露天風呂です。
廃墟WonderAround
女湯を出ます。
廃墟WonderAround
浴場のすぐ横にあるのはボイラー室です。おいおい、ボイラー室にこの扉かよとか思いつつ中に入ります。
廃墟WonderAround
内部はごく普通のボイラー室でした。
廃墟WonderAround
火気厳禁。
廃墟WonderAround
しかし、やはり建物が大きいのでボイラーも中々厳つい物でした。
廃墟WonderAround
それではそろそろ建物を出ます。
廃墟WonderAround
ここの半分隠れている1階部分が巨大な厨房部分となっていました。
廃墟WonderAround
かなりの金額がかかりますが、まだまだ修復したら使えるのではないかと思います。しかし、観光地としての魅力が乏しくなってしまった今、この物件が復活する事はまず無いのではないかと思います。
廃墟WonderAround
これだけ素晴らしいホテルが廃墟となってしまっているのは非常に勿体無い話です。しかし、この観光地周辺の廃ホテルは全て解体されてしまいました。


この物件が姿を消すのも時間の問題かもしれません。


>>ホテル ●五郎 【前編】 へ戻る<<


↓いつもクリックありがとうございます。廃墟サイトランキングに参加中。みなさんのクリックで当サイトの順位が決まります↓
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村







しばとらさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス