小学1年の男児をつれての旅行について書いています。

自分の健忘録として書いていますが、どなかの参考になったら嬉しいです。
 

今年の夏休み、三重県へ旅行に行きました。

 

今回のメンバーは、私たち家族と私の父、計4名の三世代旅行となりました。

父と息子が揃って城好きなので、お城を見つつ、観光もしようという計画です。


 


 

一日目、まず向かったのは、三重県津市にある“津城”。

清州JCTから亀山あたりまで渋滞がひどく、予定していたランチを変更し、PAでのご飯になりました。


 

亀山PAで頂いた松坂肉牛丼。



見栄(三重)で食べなっ! 笑


 


 


 

無事に“津城”に到着。(城址)

こちらは、“続100名城”です。


 

織田信長の弟、織田信包が1580年に築城。

天守は火災で焼失していますが、櫓は復元されています。






のんびり散歩しつつ見学。見学所要時間30分ほど。


 


 

次は、ここから車で約40分、三重県松坂市にある“松坂城跡”へ。 

こちらは、“100名城”です。


津城と同じくこちらも城跡で、天守はないですが、
規模はそこそこ大きく、見学所要時間は1時間半ほどでした。


 

織田信長、豊臣秀吉に仕えた蒲生氏郷が1588年に築城。
天守閣は台風で倒壊とのこと。


 
冷房中という文字に惹かれ、まず歴史資料館へ。


昭和がテーマの展示やっていて、懐かしいものがたくさんっ!

息子は初めて、ぐるっと回すタイプの電話を触りました。

もちろん、お城の歴史、松坂市の歴史もしっかり展示されています。



散策マップを見て、いざ城趾の探検へ!





 

敷地内に、松坂市出身の有名な国学者の本居宣長の自宅が移築してあり、見学することが出来、
またその横に立派な本居頼長記念館があり、しっかりと学ぶこともできます。

こちらは1階部分ですが、とっても綺麗で、
クイズのコーナーや漫画のコーナー、映像のコーナーなどあり、子供も楽しめます。


 

石垣が素晴らしいという印象の松坂城跡でした。


 


 


 

見学後は、伊勢市へ移動し、伊勢市駅前にあるビジネスホテルへ宿泊しました。


夕御飯は、ホテルより程近い海鮮中心の居酒屋


新鮮な牡蠣があったり、自分で貝や魚などを網で焼く事ができ、楽しいお店でした。


次の日は、お伊勢参りです!







家族・子連れ旅行ランキング