ドラゴンサウンド
  • 11Oct
    • Pentagon/&/Dodecahedron/&/Dragon Sound/&/Mus...

      View this post on Instagram Pentagon/&/Dodecahedron/&/Dragon Sound/&/ Music/=/Comfortable 幾何学で12面体の各面は5角形となります。ドデカヒドロンと言うんだそうですが、その全部の面にスピーカーユニットを配した究極の作りが目を惹く奇跡のようなスピーカーと、ドラゴンサウンドのマジックが出会い、音楽を鳴らすと何が起きるのか❓ それは、今まで味わったことのない心地良い音楽の振動が、身体だけではなく、貴方の深い内側にまでボーダーレスに浸透して来る事です。 これは、本物の音楽が、本当の力を発揮する事が出来る究極的な選択です。 極めて表面的な表し方ですが、、、 心に響く=古い言葉。(距離があります。) 心に浸み込む=これが未来の音の在り方です。 解るかな〜。。。😅 Dragon Soundさん(@medicinesound)がシェアした投稿 - 2018年Oct月10日am11時54分PDT

      1
      テーマ:
  • 09Oct
  • 07Oct
    • Resonance

      Transcendental SoundPentagon/&/Dodecahedron/&/Dragon Sound/&/Music/=/ComfortableDragon Sound/&/Healing/=/IncredibleDragon Sound/&/Meditation/=/Lose WordsSound For Delicate Sensibility&Resonancehttps://xn--dckg8bp2eq6nwfc.com/         

      2
      テーマ:
  • 04Oct
    • MiMiYoga で音を聴く

      mimiYoga心と体に深く浸み込む、優しいサウンドを創造する、メディスンサウンドが提供する、MiMiYoga音楽の常識に捉われない、音の神秘をアクロバティックに追及しているドラゴンサウンドの音とヨガのコラボレーションが実現します。まずは、どんな音が体験できるのか?というところへお連れします!!通常皆さんが音楽を聴く時、貴方と音楽との間には明確な境界線が存在しています。貴方は(此処)に居て、音楽は(向こう)で鳴っています。このように、貴方は自分の外部に音楽を認識しているのが普通です。要するに音と皆さんの認識は分裂しているんですね。貴方は音楽を聴いて居ます・・・。貴方が音楽を対象(現象)として、聴いている状況が明確に其処に存在します。これは現代では極々当たり前の事なのですから別にどうということはないのですが、ドラゴンサウンドの音はというと、なんと!!貴方と音楽との間の境界線が『消滅してしまう!!』と言う現象が起こるのです!!貴方と音楽は融合します!!要するにこの空間で貴方と音楽の間の区別が付か無く成ると言う事が起きるのです。私が此処にいるのは解りますが、音楽は一体何処で鳴っているのか?対象として聴いていた音楽が存在しなくなり、何処までが自分で??何処からが音楽なのか??この区別が全く判らなくなる、と言う現象が起こるのです。この様な状況の中で、何時ものヨガの様に、呼吸に意識を向けながら音楽を聴くと言う事が、貴方の感性にどの様な響き方をするのか?この音楽の味わい方にはとても興味が湧きませんか?この聞き方を、ドラゴンサウンドは、【 mimiYoga 】と呼ぶことにしました。そして、この『音』の在り方は、ココ、地上では殆ど体験する事が出来ません。この、「音楽が心と身体に融合した現象を体感して、音楽を味わう。」と言う、「新たな楽しみ方」と、「癒し」を、メディスンサウンドは「セラピー」として提供しています。そして、あなたがどうなるのか?ということは、言ってしまうとその通りにならなければ、、、などという余計な思考が湧いてしまうので、それはご自分で体験して頂く事が大切なんです!!日常の生活の中で出会う音や音楽がいつもの音でも良いと思いますが、いざ、自らを癒やしたり、セラピーを受けたり、ヨガに通ったりちょっと日常から自分にエネルギーを戻す時ぐらいは、本当のヒーリング効果のあるサウンドと共に時を過ごして、よりいっそう深く楽しむということが出来たら、それは自分への特別な贈り物となるはずです。そのような機会を持って、ドラゴンサウンドの音に出会い、自分と音楽が一体化して融合した時に、果たして貴方にどの様な現象が起きるのか?と言う事はまた非常に興味深いですね。ここで一つ、考えて頂きたいことがあります。ここまでお読みになった方の中には、音楽と一体化した事はあると思っている方も多いと思いますが、ここで言う音との一体化とは、貴方の「細胞レベル」で音と貴方が一体化すると言う意味です。更に「細胞の中まで」音が「心地良く」融合して来ると言う二重の意味があるのです。まるで、海岸の波打ち際に寝転がった時、波音が自分の内側まで満たして、自分を感じなくなるような、そんな感じと、更なる心地良さが貴方を満たします。コンサートやイベント、ライブの大音量の中、一体化したと思う場合もあるでしょうが、これは大音量で心身が圧倒されていると言う事であって、決して細胞レベルでの融合とは言えません。何故なら、そのあと貴方は元気溌剌としていますか?音楽を聴いて疲労していると言う事は、細胞がストレスを受けていると言う事であって、決して細胞は音に融合していません。寧ろ逆の現象が起きているのかもしれません。これ以上詳しい事はさて置いて、日頃愛聴している心地良い音楽や、癒しの音楽を、この様な細胞の奥深く、心と体の深くにまで浸透するサウンドを使って聴いた時にこそ、「音楽(音)の持つ真の力が発揮されるのではないでしょうか?」このような問いを、皆様に身を持って体験して頂く事で、その答えと、驚きを楽しんで頂きます。これは、「音」が持つ本当の魅力の世界に、更に踏み込んでみたいという方に向けた、スピリチュアルなお誘いです。この前代未聞のスピリチュアルサウンドを体験する準備は、もう整っています。聞いて見たいお手持ちの音源があればお知らせください。貴方の新しい体験の扉は開かれています。MiMiYoga のお問い合わせ、ドラゴンサウンドへのお問い合わせ、お申し込みは、https://xn--dckg8bp2eq6nwfc.com/をご覧ください。

      テーマ:
  • 15May
    • 感性を試される異次元の表現力。

      ドラゴンサウンドは、まるで北齋の世界に入ったかのようなサウンドワールドに浸る事が出来る音響藝術です。心地よさの意味が違う、今までに無い感覚を表現する、あり得ない音が眼前に拡がります。瞑想に入りやすくなる音。ヒーリングが自然に起きる音。聴くだけでセラピーが出来てしまう音。過去の音源が活き活きとした活力を湛えて蘇る。常識では捉えられない、心地良さと、浮世絵の様なリアリティーを音に表します。独自の構想で新しい表現の世界を世に問いかけます。

      4
      テーマ:
  • 28Apr
    • 唯、音を聴く事で産まれる、恍惚と覚醒。

      (疲労が溜まっている場合。)ともすれば、あまりの心地良さにあっという間に寝てしまうか、気絶するかも?(瞑想やセラピーに親しんでいる場合。)サウンドの海の中で恍惚に入り、異次元にトリップする。(世間の波にうまく乗れている場合。)ただ、なんだかわからないけど、なんだか心地良いのでジッとしている。(男性マインドが強い場合。)衝撃的体験だが、身体で感じている事をマインドが納得せずに、仕組みの分析に費やしてしまう。(女性マインドが強い場合。)ひたすら、降り掛かるサウンドのシャワーに驚きながらも、ただただ受け入れ味わう。(感性が鋭い場合。)目前に起きるサウンドの奇跡に、驚きと共に脳が覚醒して、その場の情景を深く味わう。(感覚が開いているオーディオマニアの場合。)サウンドに表現される当たり前でない再現性に、現実と理想の深い統合を感じて、涙が出る。(慣れた人の場合。)体と心とマインド。第一身体〜第四身体〜人によりそれ以上、で身体と存在に深く浸透する共鳴、異次元の嗜みを深く味わい、楽しむ余裕が出てくる。音楽(サウンド)の共鳴効果を使った、ここまで深く感覚に訴える事の出来るサウンドセラピーは、世界中探してもどこにもありません、と 言ったら過言ですか?クリスタボールや、チベタンボール、生の楽器の演奏などでの瞑想やヒーリングで有ればこれに近いことはできますが、「電気を使った音楽の再生」に於いて、身体に深く共鳴する、超のつくヒーリングサウンドを再生出来る奇跡はこの地球上ではきっとここだけです。メディスンサウンドへようこそ。

      1
      テーマ:
  • 22Apr
    • ドラゴンサウンド

      「 日本発!! ヒーリングサウンドの真髄 」ほんとうに違う音というものは、どんな様子かという事。貴重な時間をかけて音楽を聴くならば、本当の手応えのある、魂を揺さぶり、感性を凌駕するような、時空をも越えるサウンドと時を過ごすのがおススメです。今迄味わったことの無い心地良いサウンドに浸る「 CELL Relaxation 」身体は音に正直に反応します。物理的な音波振動が持つ「音」をまとった、ディープなヒーリングパワーは、この世のものとは思えない次元を超えたリアリティーを感じさせてくれる、エソテリックな体験をもたらします。

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス