占いサロン彩華の庵 SAIKA 豊前市

あなたに起こる素晴らしい未来。
そっとのぞいてみませんか?
~福岡県豊前市 占いサロン 彩華の庵~
http://uranaisalon.com


テーマ:
福岡県豊前市より
占いサロン彩華の庵です🌸🌸

今夜は
大分県にゆかりの深い
般若姫(はんにゃひめ)伝説です🎵

始まり始まり✨✨



般若姫伝説

今から1400年の昔、

豊後の国(大分県)では沢山の金が採掘されており、

般若姫は

金採掘の満野長者夫婦の娘として幸せに暮らしていました。

その美しさは都にまで知れ渡る程でした✨✨

様々な縁談はありましたが

般若姫は一人娘であったため

父の小五郎と母の玉津姫は縁談を全て断っておりました。

そんなある日、

病で伏せていた般若姫を「やぶさめ神事」で治した若者がおりました。

素性を尋ねると

実はその若者は

「橘豊日皇子」(後の用明天皇)であり、仮の姿で姫に会いに来ておられました。

⇒用命天皇は

なんと❕

聖徳太子のお父さまなのです。

橘豊日皇子は元々、大分県にご縁があり

近年は

聖徳太子は大分県出身説を唱える学者さんも多いです🎵

聖徳太子は福沢諭吉のひとつ前の一万円札や五千札、千円札など全部で七種類のお札の肖像画でした。

聖徳太子が一万円札の時は日本は景気が良かった🎵と、仰る経営者も多い中

聖徳太子の名前は歴史の教科書から消え、

厩戸の皇子(うまやどのおうじ)になるそうです💦💦

聖徳太子は、同時に話す七人の言葉を全て聞き分けたり

『和を持って尊しとなす』という言葉を残されたり

日本初の憲法を作ったり、日本初のお寺、法隆寺を建設されたり、初の遣隋使を中国に派遣された偉人です。

教科書から名前が消えるのは

なんだか、寂しいですよね😢⤵⤵

さて、さて、

程なくして皇子は、父が亡くなった知らせを受け

長い間留守にしていた奈良の都へ帰らなくてはなりませんでしたが、

般若姫はその時、身ごもっておりました。

出産後、

姫は娘の「玉絵姫」を長者に預け、

恋しい皇子のもとへと120艘の船団と1000人のお伴を従えて旅立ちます。

途中、島に立ち寄ったので

その島は『姫島』と、呼ばれることになりました。

周防の国「大畠の瀬戸(龍宮西門)」にさしかかった折、大きな嵐に見舞われます。
「金龍神」の嵐でした。
嵐は鎮まる様子はなく、多くの船が沈みました。

これ以上お伴を犠牲に出来ないと

般若姫はお伴の制止を振り切り、渦に身を投じました。

般若姫は自身の身を投げ出し、人柱となり

嵐を沈めたのでした。

「二度とこの場所でこのようなむごい事が起こらないよう、私は瀬戸の守り神となります。私の亡骸は向うに見えるあの山に葬ってください。」

般若姫が楊枝をさした場所は山口県柳井と言う地名になりました。

知らせを聞いた皇子と玉絵姫、小五郎と玉津姫は

遺言どおりに山口県柳井、現在は宇佐木「神峰山」にお墓をきずき、

姫の念持仏「金の観音像」を納め「般若寺」というお寺を建立しました。


また、長者は臼杵(大分県)にも姫の供養の為にたくさんの石仏を作っていきました。(国宝)

般若姫の魂は、

1400年経つ今も大晦日に「龍燈」と呼ばれる火の玉となって瀬戸より飛来し、

般若寺の観音堂に帰って来ると伝えられています。



そして、その「龍燈」を目にした人は大漁・豊作・富裕になると言われています。 

瀬戸の燈台であった神峰山にまつられた般若姫は、

その誓いどおりに瀬戸を往来する船の

「乗るべき潮路」、また、般若寺に参詣する人の「進むべき道」を示し、見守り続けておられます。 

般若姫辞世の句
~ 仮の世に何嘆くらん浮舟の いずくを宿と定めおかねば ~

般若姫の化身である聖観音菩薩さま。
観音さま手前、三女神像は左より玉津姫・玉絵姫・般若姫の御神像であり、比売大神三女神でもある。



~観音堂~観音堂をご参拝される方々。観音堂の小山は般若姫の古墳で、瀬戸燈台の聖地となっています。龍燈祭毎年大晦日に灯明で荘厳されます。

~三光之窓~「太陽・星・月」を表した窓。飛来した般若姫の神霊は三つに分かれて堂内に入ると伝わります。

般若寺からは般若姫の故郷である大分県の国東半島、姫島、由布岳、八面山などが展望台より眺望できます。 般若姫の化身である観音さまや龍燈が観音堂に納められ、龍燈の松も境内にございます。

中国観音霊場特別札所 
真言宗御室派 神峰山用明院 般若寺



《 拝観時間 》
8:00am ~ 17:00pm まで
《 所在地 》
〒742-1104
山口県熊毛郡平生町宇佐木1166
《 電話・ファックス番号 》
Tel 0820-56-3636 

占い彩華

夢に般若姫のご神託がおりました。

般若姫って誰なんだろ❔❔

般若❕て

鬼のような顔をしたお面ですよね?

な、なにか怖いお姫様❔❔

と、思いながら

恐る恐る調べてみると、

大分県臼杵石仏や姫島、山口県や聖徳太子にもご縁のある

大変、美しく心の優しいお姫様でした。

般若姫の善行を

これからも絶えることなく、伝えて行きたいですよね🌸🌸

即刻、雨の中を般若寺まで

会いに行って来ました🎵

片道四時間は遠かったですが

また、お参りに行きたいお寺さんでした💕💕

http://uranaisalon.com

要予約08056084544

ブログにお越しの皆さまに愛と幸運のシャワーが降りますように☔

占いサロン彩華の庵SAIKAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。