いつもお世話になっております。

先週も応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

さて、今回は、いよいよ始まった2022年秋のG1シリーズの第1戦、スプリンターズSの検討の2回目です。


 

※ 馬券の組立て

 

 日曜日に行われるスプリンターズS。

 中山1200Мを舞台として行われる3歳以上の馬のG1レースです。

 

 検討の1回目で、軸馬候補兼相手候補は、メイケイエール、ナムラクレアとし、相手候補は、シュネルマイスター、ナランフレグ、ウインマーベル、タイセイビジョン、テイエムスパーダ、エイティーンガールとしました。

 

 また、検討の1回目の段階では、1着馬は上位人気の3頭のいずれか、馬連か枠連を買う場合の軸馬は、メイケイエールかナムラクレアという感じであると記しました

 

 さて、上位人気3頭には、いずれにもマイナス材料があることが何となく引っ掛かります。

 メイケイエールとナムラクレアにはG1レースでの連対実績がないこと、また、シュネルマイスターには芝1200Мの実績がないですからね。

 そこで、その他の馬の中で、ひょっとしたら・・・という馬を探してみますと、高松宮記念1着のナランフレグが良さそうな感じがします。

 高松宮記念の後、芝1600Мの安田記念を走っただけですから、今回のスプリンターズSのレース後に、やっぱり、高松宮記念を勝ち切るだけの力がある馬だったんだな・・・ということは、大いにアリともいます。

 

 そして、高松宮記念を走る前のナランフレグに何となく似た感じがある馬を探しますと、前走が芝1200МのG3レース2着であったウインマーベル、ファストフォース、タイセイビジョンの3頭でしょうか。

 

 これら3頭のうち、ファストフォースは6歳馬ですから、3歳馬のウインマーベルと5歳馬のタイセイビジョンの方を重視することにしましょう。

 

 以上を踏まえて、何らかの形で、ウインマーベルとタイセイビジョンが1着を想定した馬券を買うことにします。

 

 次に、枠連か馬連を買う場合の軸馬をどうするか。

 前走でセントウルS1着の4歳馬であるメイケイエールは、データ的にはいかにも良さそうな馬なのですが、私個人としては、3歳馬の斤量が牡馬55キロ、牝馬53キロと古馬に比べて2キロも軽いことが大きなプラス材料だと思えて仕方がありません。

 

 つまり、2022年スプリンターズSにおいては、データ的には有利に思えるメイケイエールよりも、斤量面で恩恵の大きいような気がするナムラクレアの方を軸馬にしたいと考えるわけです。

 

 さらにいいますと、ナムラクレアが入っている5ワクには、前述のタイセイビジョンが同居しています。

 ということで、5ワクからの枠連を買うことにします。

 

 そして、データ的には一番良さそうなメイケイエールに関しては、ナムラクレアとの2頭軸の3連複の馬券を組み立てることで、フォロー(?)することにします。


 

※ 結論

 

 軸馬は、ナムラクレア。

 相手は、メイケイエール、シュネルマイスター、ウインマーベル、ナランフレグ、タイセイビジョン、テイエムスパーダ。

 馬券は、

枠連で、

      1ー5・ 300円、

      3-5・ 200円、

      4-5・ 300円、

      5-5・ 200円、

      5-7・ 600円、

      5-8・ 300円、

    小計 6点・1900円、

3連複で、

  1- 9-13・ 100円、

  6- 9-13・ 100円、

  7- 9-13・ 200円、

  9-10-13・ 200円、

  9-13-15・ 200円、

    小計 5点・ 800円、

馬単で、

    15→ 9・ 100円、

     7→ 9・ 100円、

     6→ 9・ 100円、

    小計 3点・ 300円、

    合計14点・3000円

とします。

 

 

      ←  現在、40位くらい。

              40位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。