いつもお世話になっております。

さて、今回も直前ですが、クイーンSの検討です。


 

※ 検討の切り口・その1

 

 日曜日に行われるクイーンS。

 昨年は函館芝1800Мが舞台でしたが、今年は、札幌芝1800Мが舞台に戻っての3歳以上の牝馬のG3レースです。

 

 検討の切り口は、ここ5年のクイーンSの結果、そして、先週の中京記念の結果とします。

 

 まず、ここ5年のクイーンSの結果を振り返り、気になる要素は、以下のとおりです。

 

 ア 1番人気の馬は、2-1-1-1。

 イ 3着以内の馬15頭のうち、6番人気以下の人気薄の馬が5頭。

   また、2018年を除く4回は6番人気以下の人気薄の馬が3着以内。

 ウ 3着以内の馬15頭のうち、4歳馬が8頭。

 エ 3歳馬は5頭出走して、1-0-0-4。

   1着になったのは、2017年の2番人気で1着のアエロリット。

 オ 3着以内の馬15頭のうち、前走がヴィクトリアマイルの馬が6頭。前走がマーメイドSの馬が4頭。

 

 さて、以上のデータ(?)を踏まえて、2022年クイーンSの馬券を考えますと、3歳馬で1番人気に支持されているウォーターナビレラを軸馬とした馬券が一番良さそうに思います。

 

 上記のアからして、牝馬限定戦なのに、1番人気の馬が好走しています。

 ちなみに、過去10年に対象を広げてみても、1番人気の馬は4-3-2-1と連対率は70%で、複勝率は90%と安定しています。

 

 上記エからして、アエロリットのような3歳牝馬の中でトップクラスの馬でないと、古馬相手のクイーンSでは通用しないように思いますけれども、2022年桜花賞2着馬であり、桜花賞馬のスターズオンアースとハナ差であったウォーターナビレラならば、現3歳牝馬の中でトップクラスの馬と言えると考えますから、この点もクリア。

 

 また、ウォーターナビレラの場合、新馬戦が札幌芝1500Мで、そこを勝っているので、洋芝適性に不安がないのもプラス材料です。

 

 ということで、軸馬候補はウォーターナビレラとして、検討を進めることにしましょう。


 

※ 検討の切り口・その2

 

 次に、先週の2022年中京記念の結果を振り返ります。

 

 「それって、どういう意味だろう」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 そのココロは、重賞レースの流れのようなものがあれば重視したいということです。

 特に、2022年中京記念は芝1800Мの重賞レースで、その翌週に牝馬限定戦とはいえ、芝1800Мの重賞レースであるクイーンSが施行されるのですから、参考にできる要素があれば・・・と考えるものです。

 

 さて、2022年中京記念の結果は、1着がベレヌス、2着がカテドラル(2021年中京記念でも2着。前走は安田記念。)、3着がファルコニアで、枠連は6-7、3連単は14→11→15でした。

 

 以上のデータ【私の予想に都合が良いデータだけ抜き出したものですけど(笑)】から、以下の要素をピックアップしたいと思います。

 

 ア カテドラルの2年連続2着から、2021年クイーンSの3着以内の馬であるテルツェット、マジックキャッスル、サトノセシルに注目。

 イ カテドラルの前走がG1レースである安田記念であったことから、前走がG1レースであった馬に注目。

 ウ 枠連を買う場合は、6ワクと7ワクに注意。

 

 上記のアは分かりやすいとして、上記のイの該当馬は、ウォーターナビレラ(前走がオークス)、テルツェット、ローザノワール、マジックキャッスル、メイショウミモザ(いずれも、前走がヴィクトリアマイル)と5頭もいます。

 

 上記のウは、軸馬のウォーターナビレラが6ワクにいますから、枠連を買うならば、6ワクを軸とすることで対応しましょう。


 

※ 以上を整理すると・・・

 

 以上を整理しますと、やはり、6ワク10番のウォーターナビレラが一番よく見えます。

 

 次が、昨年の3着以内の馬であるテルツェット、マジックキャッスル、サトノセシル、そして、前走がヴィクトリアマイルであったローザノワールとメイショウミモザです。

 

 ならば、軸馬をウォーターナビレラ、相手をテルツェット、マジックキャッスル、サトノセシル、ローザノワール、メイショウミモザとして、枠連を買うことにします。

 4ワクには、マジックキャッスルとメイショウミモザが同居していますので、本線は枠連4-6としましょう。


 

 そして、単勝オッズを確認しますと、テルツェット(2番人気)、マジックキャッスル(10番人気)、サトノセシル(6番人気)、ローザノワール(3番人気)、メイショウミモザ(5番人気)で、6番人気以下の人気薄の馬は、マジックキャッスルとサトノセシルです。

 

 マジックキャッスルとサトノセシルならば、4歳馬が優勢のデータからして、6歳馬のサトノセシルより5歳馬のマジックキャッスルの方が良さそうに思います。

 そこで、マジックキャッスルが3着以内に好走することを期待して、ウォーターナビレラとマジックキャッスルの2頭軸の3連複も少し買うこととし、相手の1頭として、前走で牡馬混合の巴賞を勝っているホウオウピースフルを追加します。  


 

※ 結論

 

 軸馬は、ウォーターナビレラ。

 相手は、メイショウミモザ、マジックキャッスル、テルツェット、ローザノワール、そして、サトノセシル、ホウオウピースフル。

 馬券は、

枠連で、

       4-6・1000円、

       3-6・ 300円、

       2-6・ 200円、

       1-6・ 200円、

     小計 4点・1700円、

3連複で、

   1- 5-10・ 100円、

   2- 5-10・ 100円、

   3- 5-10・ 100円、

   4- 5-10・ 100円、

   5- 6-10・ 100円、

     小計 5点・ 500円、 

     合計 9点・2200円

とします。

 

 

      ←  現在、45位くらい。

              40位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。