いつもお世話になっております。

さて、今週は、札幌競馬場でクイーンSがありますから、後ほど、クイーンSの検討をアップします・・・が、まず、アイビスサマーダッシュの検討とします。


 

※ 検討の切り口

 

 日曜日に行われるアイビスサマーダッシュ。

 新潟芝1000Мが舞台である3歳以上の馬のG3レースです。

 

 検討の切り口は、サマースプリントシリーズの結果を最重視することとし、次に、距離は違いますが、他のサマーシリーズのこれまでの結果を、そして、最後は、昨年のアイビスサマーダッシュの結果とします。


 

※ ここまでの2022年サマースプリントシリーズの結果からは・・・

 

 まず、今年のサマースプリントシリーズの結果をチェックします。

 

 サマースプリントシリーズは、函館SSとCBC賞が行われました。

 函館SSは、1着がナムラクレア(3歳牝馬)、2着がジュビリーヘッド、3着がタイセイアベニールで、枠連は-6、3連単は7→11→でした。

 CBC賞は、1着がテイエムスパーダ(3歳牝馬)、2着がタイセイビジョン、3着がアネゴハダ(3歳牝馬)で、枠連は3-、3連単は→8→2でした。

 

 上記のデータだけで考えますと、

 

ア 3歳牝馬が好走

イ 前走で条件戦を勝っていた馬が好走

 

という感じでしょうか。

 

 アに関しては改めていうまでもないのですけど、アイビスサマーダッシュには3歳牝馬はもちろん、3歳牡馬の出走もありませんから、この要素を使うことはできません。

 

 イに関しては、ジュビリーヘッド、テイエムスパーダ、アネゴハダが、前走の条件戦で、そこを勝っていた馬という意味です。

 2022年アイビスサマーダッシュの出走馬でいいますと、マウンテンムスメとトキメキが前走が条件戦で、そこを勝っている馬です。

 

 ということで、軸馬候補兼相手候補として、マウンテンムスメとトキメキをピックアップします。


 

※ 他の2022年サマーシリーズの結果からは・・・

 

 サマー2000シリーズは、七夕賞と函館記念が行われました。

 七夕賞は、1着がエヒト、2着がヒートオンビート、3着がアンティシペイトで、枠連は-8、3連単は16→6→11でした。

 函館記念は、1着がハヤヤッコ、2着がマイネルウィルトス、3着がスカーフェイスで、枠連は1-、3連単は1→5→8でした。


 サマーマイルシリーズは、米子Sと中京記念が行われました。

 米子Sは、1着がウインカーネリアン、2着がカイザーミノル、3着がクラヴァシュドールで、枠連は5-、3連単は14→10→8でした。

 中京記念は、1着がベレヌス、2着がカテドラル、3着がファルコニアで、枠連は6-、3連単は14→11→15でした。

 

 これら4レースの結果、そして、前述のサマースプリントシリーズの結果を踏まえますと、どうも、枠連や3連単の目を引き継いでいるような感じがします。

 

 2022年アイビスサマーダッシュの場合でいえば、CBC賞の枠連・3-、3連単・→8→2でしたから、枠連を買うのであれば、3ワクと4ワクを重視し、馬番でいうと、2番、5番、8番に要注意という感じかなと思います。


 

※ 2021年アイビスサマーダッシュの結果からは・・・

 

 2021年アイビスサマーダッシュの結果は、1着がオールアットワンス、2着がライオンボス、3着がバカラクイーンで、枠連は6-7、3連単は14→12→1でした。

 やはり、定説どおり、外ワクの馬が有利なようです。

 

 念のため、ここ5年のアイビスサマーダッシュの枠連の結果をチェックしますと、2017年が5-8、2018年が4-8、2019年が2-6、2020年が5-7でした。

 ちなみに、3着以内に入った15頭のうち、6ワク、7ワク、8ワクに入っていた馬は10頭もいます。

 

 ならば、相手候補の馬は、6ワク、7ワク、8ワクから選択することにします。

 

 6ワクからは、前走が条件戦を勝っているトキメキ、そして、7ワクからは上位人気の馬の1頭であるヴェントヴォーチェ、8ワクからは上位人気の馬の1頭であるシンシティを選ぶことにします。

 

 特に、シンシティは、前走の韋駄天Sが初めての芝のレースであり、しかも、不利な3ワクに入っていたにもかかわらず、スタートを決めて、外ワクに寄っていき、戦闘争いをしながら最後まで頑張って3着と好走。

 今回は8ワクに入っていますから、スタートで後手を踏まない限り、さっと外ラチ近くに張り付いて、先頭を走り、ゴール近くまで頑張ってくれても不思議はないと期待します。 



 

※ 以上を整理すると・・・

 

 以上を整理しますと、4ワク8番のマウンテンムスメが一番良さそうです。

 新潟芝1000Мのレースを2回走って、1-0ー0ー1。

 いずれも先頭を走り、また、負けたのは昨年10月にオープンクラスのルミネールSで4着に敗れた際ですが、勝馬とは0.4秒差。

 

 実は、今回のレースに出ている3ワク6番のマリアズハートには、そのルミネールSで対戦して敗れている(マリアズハートが1着)のですが、4歳になり、条件戦を2連勝している今、調子が良さそうですので、大いに期待することにして、マウンテンムスメを軸馬の1頭にします。

 

 他の軸馬候補としては、ワク順を考えると、トキメキヴェントヴォーチェシンシティのいずれか、サマースプリントシリーズの流れを考えると3ワクのロードベイリーフ・・・。

 

 中京記念では、この時点での選択でミスをしました。

  1ワク、2ワク、3ワク、6ワク、7ワクから1つを選ぶことになり、3ワクを選んでハズレ。

 結果論ですが、6ワクか7ワクを選んでいれば、一応、アタリでしたから、40%の確率でアタリのところ、ハズレの方を選んだということで、弱点であるヒキの弱さを露呈した次第。

 

 そこで、今週は、先週の失敗を反省して、手広く買うことにしましょう。

 

 まず、サマースプリントシリーズの流れを踏まえて、3ワクを選択します。

 次に、6ワク、7ワク、8ワクの中から、前走が条件戦で、そこを勝っていることを踏まえて、6ワクのトキメキをチョイスします。



 

※ 結論

 

 軸馬は、マウンテンムスメ、ロードベイリーフ、トキメキ。

 相手は、ヴェントヴォーチェ、シンシティ。

 馬券は、

枠連で、    

     4-6・ 200円、

     4-7・ 200円、

     4-8・ 200円、

     6-7・ 200円、

     6-8・ 200円、

     3-4・ 100円、

     3-6・ 100円、

     3-7・ 100円、

     3-8・ 100円、

   合計 9点・1400円

とします。

 

 

      ←  現在、45位くらい。

              40位台定着を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。