いつもお世話になっております。

先週は北海道のレースを選択したのですが、さすがに今週は・・・で、今回は、宝塚記念の検討です。


 

※ 宝塚記念の検討の切り口

 

 日曜日に行われる宝塚記念。阪神芝2200Мが舞台の3歳以上の馬のG1レースです。

 

 当ブログでは、2022年春後半のG1レースのうち、ヴィクトリアマイル、オークス、そして、日本ダービーだけは、手広く買ったこともあり、当たるには当たりましたが、残りのレースはハズレで、収支はマイナス。

 

 とはいえ、買い目の中に当たりがあったということは、検討の方向性は決して悪くはないと前向きにとらえ、今週も例の手法で検討することとし、具体的には、2022年春後半のG1レースの結果を踏まえることにします。


 

※ ここまでの2022年春後半のG1レースの結果を踏まえると・・・

 

 まず、2022年NHKマイルCの結果は、1着・ダノンスコーピオン、2着・マテンロウオリオン、3着・カワキタレブリーで、枠連1-8

 

 1番人気に支持されたのは、2ワク4番のセリフォスで4着でした。


 次に、2022年ヴィクトリアマイルの結果は、1着・ソダシ、2着・ファインルージュ、3着・レシステンシアで、枠連の結果は3-6

 1番人気に支持されたのは、7ワク13番のレイパパレで12着でした。

 

 2022年オークスの結果は、1着・スターズオンアース、2着・スタニングローズ、3着・ナミュールで、枠連の結果は1-8。1番人気に支持されたのは、3ワク6番のサークルオブライフで12着でした。

 

 2022年日本ダービーの結果は、1着・ドウデュース、2着・イクイノックス、3着・アスクビクターモアで、枠連の結果は7-8。1番人気に支持されたのは、6ワク12番のダノンベルーガで4着でした。

 

 そして、2022年安田記念の結果は、1着・ソングライン、2着・シュネルマイスター、3着・サリオスで、枠連の結果は5-7。1番人気のイルーシヴパンサーは8着でした。


 

 これらの5レースの結果から、以下の要素をピックアップしたいと考えます。 

 

ア 1着馬が入ったワクには、前走1着の馬が同居。

イ 前哨戦の2着馬が入ったワクに入った馬が2着以内に好走。

 

 アに関しては、NHKマイルC1着のダノンスコーピオン自身が前走のアーリントンC1着、ヴィクトリアマイル1着のソダシの同ワク(3ワク)には前走が豊橋S1着のディヴィーナが同居、オークス1着馬のスターズオブアース自身が前走の桜花賞で1着、日本ダービー1着のドウデュースの同ワク(7ワク)には前走が皐月賞1着のジオグリフが同居、そして、安田記念では1着のソングラインの同ワクに前走がマイラーズC1着のソウルラッシュが同居という意味です。

 

 イに関しては、NHKマイル2着のマテンロウオリオンが前走はニュージーランドT2着、ヴィクトリアマイル2着馬のファインルージュが前走は東京新聞杯2着、オークス2着馬のスタニングローズがいた1ワクには、前走が桜花賞2着のウォーターナビレラが同居、日本ダービー2着は前走が皐月賞2着のイクイノックス、そして、安田記念では、日本における前走がマイルCS2着のシュネルマイスターであったという意味です。

 

 ちなみに、府中競馬場以外のG1レースでいうと、大阪杯2着馬のレイパパレは前走の金鯱賞で2着だった馬ですのでイに該当しますし、天皇賞(春)1着馬のタイトルホルダーがいた8ワクには前走の阪神大章典で1着だったディープボンドが同居していましたからアに該当します。

 

 また、2022年のG1レースでは、イに該当するパターン(?)として、高松宮記念で前走がオーシャンS2着のナランフレグが1着、桜花賞で前走が前走がクイーンC2着のスターズオンアースが1着、皐月賞で前走が共同通信杯2着のジオグリフが1着が挙げられます。

 

 また、アに該当するパターン(?)として、桜花賞1着馬のスターズオンアースがいた4ワクには、前走1着のサブライムアンセムが同居しており、皐月賞1着のジオグリフがいた7ワクには、前走1着のビーアストニッシドが同居していました。

 

 そして・・・です。

 安田記念の2着馬が、前走が海外のレースを走った馬であるシュネルマイスターであった点は、念頭に置いておくことにします。


 

※ 該当する馬とワク

 

 では、上記のアとイに該当する宝塚記念の出走馬やワクをピックアップします。

 

 アに該当するワクは、3ワク(6番のタイトルホルダーが前走1着馬)、6ワク(11番のパンサラッサが前走1着馬)、8ワク(18番のポタジェが前走1着馬)です。

 

 イに該当する馬は、前哨戦の範囲をいわゆるトライアルレースだけではなくて重賞レースに拡大して考えますと、7ワク15番のディープボンド、8ワク16番のグロリアムンディです。

 

 そして、前走が海外レースだったオーソリティは、国内のレースの前走がジャパン2着ということになりますね。

 

 となれば、枠連で買うとした場合の組合せの候補は、3、6、8ー1、7、8という組合せです。

 ゾロ目も買うとなれば9通り。9通りも買っては、当たってもトリガミ・・・と思ったのですが、あれ、そうでもありません。

 

 これは、1番人気のエフフォーリアが入った2ワクがらみの枠連を勝っていないからですかね。

 

 また、枠連8-8は、ポタジェは良しとして、相手にグロリアムンディかギベオンを選択していることになりますから、枠連8-8はカットすることにします。


 

※ 気になる馬

 

 さて、当ブログの最近のマイブーム(?)、気になる馬は、2ワク4番のエフフォーリアです。

 2021年有馬記念の1着馬であるエフフォーリアが、大阪杯9着の大敗の後、宝塚記念で復活することを期待することにします。

 これは、2012年宝塚記念で、前走の天皇賞(春)で11着と大敗したオルフェーヴルが、2012年宝塚記念で復活の勝利を挙げた洗礼を踏まえたものです。

 

 この場合の相手は、2021年有馬記念2着のディープボンドと2022年AJCC1着馬のキングオブコージ(2012年宝塚記念2着のルーラーシップは2012年AJCC1着馬)が同居している7ワクが一番良いのではないかと思いますから、枠連2-7と馬連4-15を買い足すこととします。


 

※ 結論

 

 軸馬は、タイトルホルダー、パンサラッサ、ポタジェ。

 相手は、オーソリティ、ディープボンド。

 馬券は、

枠連で、

      1-3・ 300円、

      3-7・ 500円、

      3-8・ 300円、

      1-6・ 300円、

      6-7・ 300円、

      6-8・ 300円、

      1-8・ 300円、

      7-8・ 300円、

      2-7・ 600円、

    小計 9点・3200円、

馬連で、

     4-15・ 300円、     

    合計10点・3500円

とします。

 

 

      ←  現在、48位くらい。

              40位台復帰を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。