いつもお世話になっております。

 

まず、遅まきながら、安田記念の記事に対して、複数の応援クリックをいただき、お礼申し上げます。

また、先週は記事のアップができず、申し訳ありませんでした。

 

さて、次回の検討の予定は、土曜日の函館10レース・奥尻特別です。


 

※ 奥尻特別の第1印象

 

 土曜日に行われる奥尻特別。函館芝2000Мが舞台の1勝クラスの特別戦です。

 

 このレースでは、3歳馬のフィデルが1番人気ではないかと考えます。

 2番人気は、他の3歳馬、そして、1勝クラスのレースで逃げて2着の実績がある4歳馬のフローレスクイーンの争いではないかと思えます。

 

 フィデルは、前走が今回と同じ距離である阪神芝2000Мの若葉Sであり、そこで1番人気に支持されながら、逃げたデシエルトを3番手で追いかけたところ、デシエルトを捕まえることができず、逆に末脚が鈍ったところ、5番手追走のヴェローナシチーに抜かれて3着に敗れたものです。

 

 考えてみるに、ヴェローナシチーは京成杯3着の実績馬であり、また、若葉Sの後の京都新聞杯では、後方待機から2着と好走した馬ですので、相応の力量馬だったことになります。その馬に負けたからといって、フィデルが弱い馬とは思えません。

 

 また、若葉Sで道中はフィデルと同じくらいの位置にいたメイショウラナキラは、フィデルと首差の4着でした。

 同じような位置取りから首差のメイショウラナキラは、フィデルの力量を計るのにちょうど良い馬と思うところ、メイショウラナキラは、若葉Sの次走である3歳1勝クラスのレースで逃げて快勝。

 

 このことを考えれば、フィデルは古馬相手の1勝クラスのレースとはいえ、上位人気馬の多くが3歳馬であろう今回の奥尻特別においては、人気を集めるのも当然の馬と考えます。

 

 ということで、フィデルが確たる軸馬と考えて、この馬からの馬券を検討することにします。


 

※ 相手候補

 

 相手候補は、単騎での逃げが予想される4歳馬のフローレスクイーンが良さそうに思えます。

 あとは、先週、函館芝コースの未勝利戦を勝ったばかりで、このレースに連闘で臨む、差しタイプのノートルプロメスでしょうか。

 先週のレースをVTRで見ましたが、直線が短い函館芝コースのレースというのに、4コーナーまで余裕しゃくしゃくで後方を追走して、直線で一番外に出して差し切り勝ちでした。

 特に、3コーナーから4コーナーにかけて大きく外を回ることなく、ロスを少なくコーナーを回した後に、外に出しても勝てるだろうという自信満々の乗り方からして、今の未勝利戦では力が違うという感じでした。

 

 ポイントは、フィデルが、逃げるであろうフローレスクイーンをどのあたりで捕まえるか。

 休み明けのフィデルの反応が良くないときは、フローレスクイーンが逃げ粘りそうですが、フィデルが早めにフローレスクイーンを捕まえたときは、後方待機のノートルプロメスが2着に突っ込んでくるシーンもあり・・・、という感じで考えています。 

 

 

 

      ←  現在、52位くらい。

              40位台復帰を目指しておりますので

              応援クリック、よろしくお願いいたします。