2019年5月8日(水)

13:00頃から、兄の車で1年ぶりの墓参りに行ってきた。


寺に着くまでの間に。

母が亡くなる前に「半年に一回、(墓に)来てね」

そんなことを言っていたのを思い出した。

・・・まぁ、10年くらい、遺言だからってことで、やっていた・・・

けど、最近は。

「もう、そんなに頻繁に行かなくてもいいかな」

なんてことを・・・

兄とアタシ、どちらからともなく言うようになっていた。


ああ、そういえば。

この北海道犬の♂が家に来て2週間後くらいに母が亡くなったんだったな、と。



(小さい時の写真がPCに取り込めず、8年くらい前のもの)


半年に1回の墓参りって ^^;

そんなマメに墓参りしろっての、ムリがありすぎなんでは?

いったい、どのくらいの人がしているんだろう?(ーー;)

そんなことを考えていたら、着いてしまった。

墓の周りの草を抜き。

汚れを落としていて、目に留まった墓碑。

うちは、すでに3人がここに。。。

(長兄:1988年 父:1997年 母:2007年)

ほぼ、10年ごとに亡くなっていることになる。

じゃぁ。

次に墓碑に並ぶのは次兄、アタシ、どっちなのかな・・・

ん~・・・

ああ、そういえば、次兄が糖尿病が発覚したのって。

3年前だったような気がする。(もう忘れた ^^;)

糖尿病であることが発覚した時、次兄はガリガリで。

HbA1Cが14%だったんだよなぁ。

あまりに痩せてガリガリなので、悪い病気かと思って。

病院に行け!と強く勧めたんだった。

で、生き延びた、と。


と、いうことは。

たぶん、次はアタシ・・・なのかも。

だって。

ほんの数日前に、補食してもしても血糖が下がって。

夜中に死ぬんじゃないか、なんて思った。

(まぁ、最低限の補食しかしなかったんだけど)

アタシは(1型)糖尿病歴が今夏で40年になるし。

インスリンを日に複数回、打っている身としては。

そして、年令的にも・・・

いつ、何があってもおかしくないんじゃないかな、と。



で。

兄かアタシか、解らないけども。

最後に残った人は。

もしかしたら墓に入れてくれる人がいないんじゃないかな・・・

死んだ時に、それだけ親身になってくれる人はいないかも・・・
(15年後くらいだったらいるかも?だけど、20年後となるとね)

そんなことを考えていたら。

次兄が「帰るゾ~」だって ^^;

で。

寺に行ったことを覚えていようと思って。

写真を撮ってみた。






今度行くのは、いつになるんだろう。
 

兄がいれば、車で連れて行ってくれるけど。

一人だと、ちょっとね・・・

わりと家から近い所にあるんだけども。

電車+バスだと時間がかかって。

とても遠いように思えて足が遠のいてしまう。
そんな気がする。

そんなことを考えた、5月の昼下がり。