サンクスギビング デーから学ぶアメリカの文化と英語って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日はサンクスギビング デー (Thanksgiving Day)について、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

サンクスギビングとは収穫感謝祭の事で、アメリカでは毎年11月の第4週木曜日、明日行われます。(カナダでは毎年10月の第2月曜日に行われます。)

 

アメリカではクリスマスに次ぐ大きな年中行事で、遠方から家族や親戚が集まります。

 

その日の伝統的な料理は、七面鳥の丸焼きです。

 

オーブンでじっくり焼いた七面鳥や他の沢山の副菜を、久しぶりに集う親族と共に囲む食事。

 

実りの秋に行われるこの行事は、冬のクリスマスとはまた違う安堵感と喜びを与えてくれます。

 

 

このサンクスギビングデーの発祥は1620年頃とされています。

 

誰の提唱で始まったかご存じですか?

 

あのリンカーン大統領です。

 

当時のアメリカは南北戦争直後で、父・息子、兄弟が南軍・北軍に別れて戦い合うなどの辛い傷跡が残っていました。

 

それを国家としての団結を取り戻すために、リンカーン大統領は感謝祭を連邦休日と定め、家族の集いを奨励したそうです。

 

サンクスギビングには、色々な思いや歴史があるのですね。
 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
リンカーン大統領は、このような名言を残しています。
 
”I am not concerned that you have fallen – I am concerned that you arise.”
 
(訳:あなたが転んでしまったことに関心はない。そこから立ち上がることに関心があるのだ。)

ゴルフの上達にも当てはまるような、とてもパワフルな言葉だなと思いました♪
 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ