日本の文化を活かした、脳の専門家お薦めの怒りの対処法って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は日本の文化を活かした、脳の専門家お薦めの怒りの対処法について、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


ゴルフは失敗がつきものですね。

 

大切な場面でミスショットをしてしまうと、イライラしてくる。

 

自分に対して怒りがこみあげてくる…といった事もあるかと思います。


皆さんはそのような時、どのように対処なさっていますか?

 

 

先日、脳に関する番組を見ていたら、面白いなと感じた対処法がありました。

それは…

失敗したら、それを川柳にする、というものです。

例えば、ここは入るでしょうといった距離のパットをミスしてしまった。

その事を川柳にするのです。

 

例えば

『やっちゃった。短いパットで油断した。』

といった具合です。


私も早速やってみましたが、川柳にすると何故かクスっと笑ってしまう。

失敗を笑いに変えてくれ、後に引きずらない効果があると感じました。

 

川柳は、江戸時代に江戸で始まった17文字の庶民文学と言われています。
 
日本人に馴染んだ文化を活かしながら対処をしていくというのも素敵だな、と感じています。
 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
ゴルフは、ショットの後のリアクションがとても大切とされています。

ラウンド中にミスショットが続いたら、それを川柳にしてみませんか。
 
クスっと笑いがこみ上げてきて、次のショットへの気持ちの切り替えに役立ってくれますよ♪
 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ