アメリカPGAプロが呟いた、バンカーショットでのプロとアマの違いって!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日はアメリカPGAプロが呟いたバンカーショットでのプロとアマの違いについて、お話をさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


アメリカA級インストラクターの主人(東京都目黒区 スイング碑文谷に勤務)と、ゴルフトーナメントをテレビ観戦していた時の事です。

あるプレーヤーの球がグリーンサイドバンカーの下図のオレンジ色の丸線あたりに、止まってしました。

 

その選手がそこから打つ準備をしている姿を見ていた、主人が


「あれがプロとアマチュアとの違いだよね。」


そう呟いたのです。

 


私が「何のことだろう!?」と思っていたら…

その選手はわざわざ旗の根元が見える所まで歩き、グリーンエッジからの距離を確認していたのです。

 

主人は「時折、アマチュアはバンカーに入るなり『出ればいいや』といった感じで、旗までの距離を確認せずに打つ姿を見かける。

 

技量に関係なく、どのくらいの距離が必要かを知ることは大切なんだよね。」

 

そのように話していました。


バンカーの顎が高かったりすると、旗の位置がとても近くに見えてしまうことってありませんか。


実際、視覚的な誤差が原因でショートしてしまう事も多いです。

 

旗までどのくらい距離があるのか。

 

それを確かめることは、打つ前の手順として大切なことなのですね。


事実、先程のプレーヤーの場合、下図ほどの距離がありました。

 

 

確かに、文頭に掲載の画像した球のある所から見た印象と、相当違いますね。

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

旗まで見に行った際に「旗まで遠くて一度で出せそうにないな…」と感じたら

 

「バンカーの横に出してみようか」といった選択肢にもつながり、大たたきを防ぐこともできます。

 

是非旗までの距離を確かめる一手間を、大切になさって下さいね♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ