知って安心『ティーングエリア内のゴルフルール』って!?  | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日は知って安心『ティーングエリア内のゴルフルール』について、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


プレーヤーのAさんがティーングエリアでドライバーでティーショットをして打ったところ…

 

緊張しすぎたのでしょうか、から振りをしてしまいました。

 

 

球はポロっとティーから落ち、まだティーングエリアにあります。

「ゴルフは、あるがままの状態でプレーをしないといけないって、いうから…」

Aさんは、地面に落ちた球をドライバーで打とうとしています。

再度ティーアップをして打つ事は、ルール違反になるのでしょうか。

この場合皆さんなら、Aさんにどのようなアドバイスをしてあげますか。

ゴルフルールではインプレーの球がまだティーエリアにある場合、下記の選択が出来ます。


①あるがままにプレーする


②ティーアップして打つ

ですので、Aさんは無罰で再度ティーアップして打つ事が出来ます。(R6.2b(6))

但し打数は空振り1打目、次のショットが2打目となります。

 


 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
ティーングエリア内であれば、地面から打つ事も出来るし、再度ティーアップして打つこともできる。

この選択肢が与えられているのは、嬉しいですね。

ゴルフ初心者の方とラウンドされた際にこのような場面になった際は、是非この選択肢を教えてあげて下さいね♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ