インパクトの瞬間は、何秒だと思われますか? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日はインパクトにかかる時間について、お話しをさせて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

突然ですが、皆さんはインパクトの瞬間は、何秒くらいだと思われますか?

 

実は…

 

何と…

 

0.0005秒です。

 

1秒よりも、桁違いに短いのです。

 

よくショットが悪くなると、インパクトでクラブフェースを閉じたりすることで、改善したくなりませんか?

 

ちなみに、脳が筋肉を動かすように伝達されるまでの時間は0.25秒。

 

0.0005秒の間にフェースをどうこうしよう…は、とても難しいです。

 

 

改善の方法として、インパクトを”点”ではなく”インパクトゾーン”として考えると良いですよ。

 

やり方は、まず腰から腰までのスイング幅で行います。

 

そして下記の3つの点に気を付けて、練習(右利きの場合)をなさって下さい。

 

・肩、腕など上半身の余分な力を抜く。(←大切です)

 

・テークバックでは左肩を捻転して、右足股関節内側に重心をせていく

 

・テークバックで右足が伸びたり引けたりしない。

 

そうすると、ダウンスイングで下半身からひねり戻しが効き始めます。

 

下半身からの捻り戻しによって適切な遠心力が生まれ、フェースが正しい向きを再現しやすくなります。

 


 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 
インパクトの瞬間は本当に短い(0.0005秒)です。
 
インパクトを点ではなくゾーンで考えることで、良いリズムやバランスの中で打ちやすくなります。
 

まずは腰から腰までのショットを安定して打てるように取り組み、それができたら、少しずつフルスイングに近づけて下さい。

 

方向性だけでなく、打感の良いショットが生まれますよ♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ