パットで右手で押し出してしまうのを防ぐ『クロスハンドグリップ』の仕方って!? | 【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

【US LPGA A級プロの体験ゴルフレッスン/東京・吉祥寺 三鷹】《スポーツ科学でゴルフ自己分析》無料メール講座(全5回)

アメリカA級プロがドライバー飛距離・方向性アップを丁寧にビデオ分析、解説します。体験ゴルフでレッスン効果をお試し下さい。ベストスコア更新、スイングビフォアアフター、メンタル・スイング上達のコツ満載。‟ゴルフレッスン人気ランキング1位”に選ばれたブログです。


東京、吉祥寺・三鷹でアメリカA級女子プロのゴルフレッスン

 

こんにちは♪

US LPGA A級インストラクターのヒロコ・ベンダーホーフです。

 

今日はパットの『クロスハンドグリップ』の仕方をご紹介させて下さい。

 
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

 

『パターの打ち方は個性が尊重される』と言われています。

 

そのためオープンスタンスに構えたり、逆にクローズに構えたなど、色々ありますね。

 

グリップの仕方も同様で、様々な持ち方があります。

 

今日はその中でも『クロスハンドグリップ』を、ご紹介させて下さい。

 

クロスハンドグリプとは、下画像のように左手を右手よりも下にして(右利きの場合)クラブを持つやり方です。


この持ち方は、右手で押し出してしまうのを防いでくれる利点があります。

 

 

そのやり方を試す前に、まずご自分の普段のパットの仕方で下記を確認されると良いですよ。


・下半身がグラグラしていないか。
 

・インパクト-フォローで頭がターゲット側に動いていないか。


これらの点は、どの打ち方をする場合でも共通のチェックポイントです。

 

それらを確認してから、クロスハンドグリップを試されて下さい。

 

これまでの打ち方との違いや効果を、しっかりと感じることができます。

 

 

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
 

「しばらく同じ打ち方をしているから、他の打ち方を試してみたい♪」

 

そう感じていらっしゃる方は、是非試されてはいかがでしょうか。

 

打感の違いやラインにヘッドを出しやすい等の発見に、つながるかもしれません♪

 

最後までお読み下さり、有難うございました。 

 

 

 【US LPGA A級プロの体験レッスン 実施中】 

ゴルフ柔軟性診断と2画面ビデオ分析で、論理的に疑問点を解明
  アメリカLPGA A級プロの体験ゴルフレッスン

体験レッスン 特別価格実施中キラリ

 

 

 

 【スポーツ科学で自分の長所を自己分析! 無料メール講座(全5回)】 

「パット数が減ったチョキ」 嬉しいお声を頂いています。
  自分のゴルフを自己分析 無料メール講座(全5回) 

”自分のゴルフ”だからこそプレッシャーに強いキラリ